このイベントは終了しました

※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」

  • 2022/08/06(土) ~ 2022/09/25(日)
  • 東京藝術大学大学美術館
  • 上野駅

皇室に伝えられた品々を収蔵する宮内庁三の丸尚蔵館の名品、優品に東京藝術大学のコレクションを加えた82件で日本美術をわかりやすく紹介。

人々を惹きつける魅力的な作品は、後世に残すべきものとして様々な人達に大切に守られ、日本美術の歴史が語られてきました。その中で、代々日本の文化の中心に位置して美術を保護、奨励してきた皇室が伝えてきた多くの優品は特筆すべき重要な存在です。
また、日本の美術史を最初に体系的にまとめたのが、1890 年の東京美術学校(現 東京藝術大学)における岡倉天心が行った日本美術史の講義とされています。
そこで、今回、両者のコラボによる本展では、美術の理解を深めるという原点に立ち返り、鑑賞者が最初に見る、作品の形やモチーフに焦点をあてています。

さらに本展では、昨年宮内庁三の丸尚蔵館の収蔵品として、初めて国宝に指定された5件の作品―平安時代三跡の一人・小野道風の書「屏風土代」、鎌倉時代の名品・やまと絵の集大成として名高い絵巻「春日権現験記絵」と元寇の様子を描いた絵巻「蒙古襲来絵詞」、桃山芸術を代表する狩野永徳筆「唐獅子図屏風」、江戸時代の絵師・伊藤若冲の代表作「動植綵絵」を、国宝指定後に公開する初の機会となります。

※会期中、一部作品の展示替えおよび巻替えがあります。
※本展は日本の美を未来に伝えるため、文化庁、宮内庁、読売新聞社が取り組む「紡ぐプロジェクト」の一環として開催されます。
※画像の転載不可。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    東京藝術大学大学美術館
    上野駅 / 根津駅 / 京成上野駅

  • 所在地

    〒110-8714

    東京都台東区上野公園 12-8

  • 開催期間

    2022/08/06(土) ~ 2022/09/25(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 17:00
    入館は閉館の30分前まで

  • 主催・共催・協力

    主催:東京藝術大学、宮内庁、読売新聞社
    特別協力:文化庁、紡ぐプロジェクト

  • 備考

    月曜休館、ただし9月19日(月・祝)は開館

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました