※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

【特別展】日本の風景を描く ―川合玉堂から田渕俊夫まで―(仮称)

  • 2022/12/10(土) ~ 2023/02/26(日)
  • 山種美術館
  • 恵比寿駅
  • ▲川合玉堂 《春風春水》 1940(昭和15)年 絹本・彩色 山種美術館

近代から現代にかけて、自然豊かな日本の風景を描いた作品を紹介。

四季折々の豊かな自然に恵まれた日本。人々は厳しく雄大な自然を畏怖する一方で、その美しさや恩恵を賛美しながら、さまざまな絵画に表現してきた。明治に入ると、西洋の写実的な風景画の影響だけでなく、日本の風土に対する関心が高まっていく。その結果、山水画や名所絵だけではなく、それらを表現の基本にしながら、日本各地の自然が描かれるようになり、以後、現代にいたるまで日本の風景を描いた作品は多様化していく。本展では近代から現代にかけて日本の風景を描いた作品、川合玉堂《春風春水》や石田武《四季奥入瀬》連作、田渕俊夫《輪中の村》などを通し、伝統的な山水画から風景画へと移りゆく軌跡を概観する。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    山種美術館
    恵比寿駅

  • 所在地

    〒150-0012

    東京都渋谷区広尾 3-12-36

  • 開催期間

    2022/12/10(土) ~ 2023/02/26(日)

  • 料金・費用

    一般 1300円 / 大高生 1000円 / 中学生以下無料(付添者の同伴が必要)

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    050-5541-8600

  • 公式サイト

    山種美術館

  • 備考

    休館日:月曜日 ※ただし1/9(月・祝)は開館、1/10(火)は休館、12/29(木)~1/2(月)は年末年始休館

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました