※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

収蔵コレクション展「京を彩る舞妓たち」

  • 2022/04/23(土) ~ 2022/07/24(日)
  • 長谷川町子美術館
  • 桜新町駅
  • ▲弦田英太郎「ひとりあやとり」油彩

  • ▲弦田英太郎「黒髪」油彩

漫画家・長谷川町子と姉・毬子がコレクションした美術品の中から、艶やかな振袖を纏った舞妓さんたちの姿を描いた作品を中心に紹介。

古都に息づく伝統文化と、そこで芸を磨く舞妓さんたちの姿を、何度も花街に取材して描き出した弦田英太郎の作品を中心に展示。まだ幼さの残る舞妓さんの素顔を描いた「ひとりあやとり」「京舞妓」、舞妓から芸妓へと変わっていく過程が描かれた「さっこう」「黒髪」など、油絵具で丹念に描かれた画面からは、可愛らしさと同時に妖艶な色香まで漂ってきます。それらの作品にこめられた作家のことばには、少女たちへの熱い眼差しと純粋な愛情も見て取れます。また今回は、長納魚竹「花魁」、平野富山「立待月」「鏡獅子」など、木彫作品も紹介。特に平野富山は国立劇場のロビーを飾る平櫛田中「鏡獅子」の彩色も担当しており、その技量は折り紙付きです。
他にも、岩橋英遠「紅アジサイ」「富貴」「芙蓉」、松尾敏男「夕象」「宵牡丹」など、美しくも可憐な花々を描いた作品も展示される予定です。
春の行楽シーズン、どこに行こうかと悩んでいる方は、長谷川町子美術館の舞妓さんたちに会い行ってみてはいかがでしょうか。そこには非日常の世界が広がっています。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    長谷川町子美術館
    桜新町駅

  • 所在地

    〒154-0015

    東京都世田谷区 桜新町1-30-6

  • 開催期間

    2022/04/23(土) ~ 2022/07/24(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 17:30
    受付終了16:30

  • 料金・費用

    一般 900円 / 65歳以上 800円 / 大学生・高校生 500円 / 中学生・小学生 400円
    ※上記料金にて美術館と記念館の両方をみることが出来ます。

  • 問い合わせ

    長谷川町子美術館・記念館
    03-3701-8766

  • 公式サイト

    長谷川町子美術館・記念館

  • 備考

    休館日:月曜日(祝日の場合は、その翌日)、展示替期間、年末年始

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました