このイベントは終了しました

※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

燕子花図屏風の茶会 ―昭和12年5月の取り合わせ―

  • 2022/04/16(土) ~ 2022/05/15(日)
  • 根津美術館
  • 表参道駅
  • ▲国宝 燕子花図屏風(右隻) 尾形光琳筆 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵

  • ▲国宝 燕子花図屏風(左隻) 尾形光琳筆 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵

昭和12年(1937)5月、初代・根津嘉一郎(1860~1940)は茶会を催し、「燕子花図屏風」を披露しました。その時の豪華な道具組を再現します。

根津美術館のコレクションの礎を築いた初代根津嘉一郎(1860~1940、号青山)が尾形光琳による「燕子花図屏風」を入手したのは大正3年(1914)。以降、嘉一郎は展覧会や茶会で、惜しみなくこの大傑作を披露しました。本展覧会は、そのうち、昭和12年(1937)5月の茶会で取り合わされた茶道具の名品と共に国宝「燕子花図屏風」を展示するものです。
この茶会は5月5日を初日とし、政財界の友人5、6名ずつを招き、約数日間にわたって東京・青山の自邸で催されました。「燕子花図屏風」、円山応挙筆「藤花図屏風」「吉野図屏風」を並べ、「鼠志野茶碗 銘山の端」など、茶道具の名品も次々に披露されました。この会の取り合わせは、数ある嘉一郎の茶会のうち、ひときわ荘厳にして豪華といえるものです。77歳を目前にした嘉一郎の堂々たる布陣を堪能できる機会です。

【同時開催】
展示室5 画賛の楽しみ色々
展示室6 立夏の茶事-初風炉-

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    根津美術館
    表参道駅

  • 所在地

    〒107-0062

    東京都港区 南青山6-5-1

  • 開催期間

    2022/04/16(土) ~ 2022/05/15(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 17:00
    入館は16:30まで
    ただし、5 月 10 日(火)から 5 月 15 日(日)は19:00まで開館

  • 料金・費用

    ■オンライン日時指定予約
    一般 1500円 / 学生【高校生以上】 1200円
    ■当日券(※オンライン日時指定予約の定員に空きがある場合のみ、窓口販売)
    一般 1600円 / 学生【高校生以上】1300円
    ※小・中学生以下は無料

  • 問い合わせ

    根津美術館
    03-3400-2536

  • 公式サイト

    根津美術館

  • 備考

    休館日:月曜日(ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日)・展示替期間・年末年始

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました