※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

吉野石膏コレクション展 絵画と貴重書の世界(仮)

  • 2023/02/26(日) ~ 2023/04/16(日)
  • 練馬区立美術館
  • 中村橋駅
  • ▲カミーユ・ピサロ《ロンドンのキューガーデン、大温室前の散歩道》1892年 油彩・カンヴァス

  • ▲シャルル・ペロー『眠れる森の美女・赤ずきん:ふたつの寓話』 エラニー・プレス 1899年

  • ▲《時祷書零葉》 羊皮紙 15世紀フランス

  • ▲上村松園《深雪の図》制作年不詳 絹本・着色

建材メーカーの吉野石膏株式会社と公益財団法人吉野石膏美術振興財団のコレクションから約100点を展示。

「吉野石膏コレクション」は、建材メーカーの吉野石膏株式会社が長年にわたって収集してきた西洋絵画・日本近現代絵画のコレクションです。また、同社が芸術を通じて社会に貢献したいとの思いから設立した公益財団法人吉野石膏美術振興財団には、貴重書コレクションを有するアートライブラリーがあります。本展では、このふたつのコレクションから、絵画と本との結びつきに注目して選んだ約100点を展示します。アートライブラリーのコレクションは、中世彩飾写本から近代のアーティスト・ブックに至る、ヨーロッパの美しい本の歴史をたどるものです。なかでも印象派の画家カミーユ・ピサロの息子、リュシアン・ピサロが設立したエラニー・プレスのコレクションは、国内随一を誇ります。吉野石膏コレクションから、これらにゆかりの近代フランス絵画とともに、日本画家、洋画家の“本”にまつわる作品もあわせて展示されます。

※画像転載禁止

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    練馬区立美術館
    中村橋駅

  • 所在地

    〒176-0021

    東京都練馬区 貫井1-36-16

  • 開催期間

    2023/02/26(日) ~ 2023/04/16(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 18:00
    入館は17:30まで

  • 料金・費用

    一般 1,000円

  • 問い合わせ

    練馬区立美術館
    03-3577-1821

  • 公式サイト

    練馬区立美術館

  • 備考

    休館日:毎週月曜日(ただし、月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始(12月29日~ 1月 3日)、展示替えなどによる準備期間中

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました