このイベントは終了しました

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

  • 2023/02/26(日) ~ 2023/04/16(日)
  • 練馬区立美術館
  • 中村橋駅
  • 本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション_1

    ▲カミーユ・ピサロ《ロンドンのキューガーデン、大温室前の散歩道》1892年 油彩・カンヴァス 吉野石膏コレクション

  • 本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション_2

    ▲シャルル・ペロー『眠れる森の美女・赤ずきん:ふたつの寓話』 エラニー・プレス 1899年 吉野石膏コレクション

  • 本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション_3

    ▲時祷書零葉(聖セバスティアヌス受難の場面)1435年頃 吉野石膏コレクション

  • 本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション_4

    ▲ピエール=オーギュスト・ルノワール 《庭で犬を膝にのせて読書する少女》 1874年 油彩・カンヴァス 吉野石膏コレクション

  • 本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション_5

    ▲上村松園《深雪の図》制作年不詳 絹本・着色 吉野石膏コレクション

建材メーカーの吉野石膏株式会社と吉野石膏美術振興財団のコレクションから、絵画と本との結びつきに注目して選ばれた約200点を展示。

本展では、建材メーカーとして知られる吉野石膏株式会社が長年収集してきた絵画コレクションと、吉野石膏美術振興財団のアートライブラリーが有する貴重書のコレクションより、絵画と本との結びつきに注目して選ばれた約200点が紹介されます。
アートライブラリーのコレクションにおける大きなテーマは、中世彩飾写本から近代のアーティスト・ブックに至る、ヨーロッパの美しい本の歴史をたどるというものです。
なかでも印象派の画家カミーユ・ピサロの息子、リュシアン・ピサロが設立したエラニー・プレスのコレクションは、国内随一を誇ります。
加えて吉野石膏コレクションゆかりの日本の画家たちが、どのように出版事業に関わってきたのかを示す資料も収集しています。

本展では同時代の書物と絵画を展覧することで、両分野が関わり合いながら歩んできた歴史を紐解いていきます。

<展覧会のみどころ>
・12世紀から20世紀まで、本と絵画の800年の歩みを紹介!
・貴重書と絵画:吉野石膏の二大コレクションを初めて同時公開!
・絵画の巨匠たちと本の知られざる関わりが明らかに!


※画像写真の無断転載を禁じます。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    練馬区立美術館
    中村橋駅

  • 所在地

    〒176-0021

    東京都練馬区 貫井1-36-16

  • 開催期間

    2023/02/26(日) ~ 2023/04/16(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 18:00
    入館は17:30まで

  • 料金・費用

    一般1,000円、高校・大学生および65~74歳800円、中学生以下および75歳以上無料
    障害者(一般)500円、障害者(高校・大学生)400円

    団体(一般)800円、団体(高校・大学生)700円

    ぐるっとパスご利用の方500円(年齢などによる割引の適用外になります)

  • 主催・共催・協力

    主催   練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
    企画協力 公益財団法人吉野石膏美術振興財団
    特別協力 吉野石膏株式会社

  • 問い合わせ

    練馬区立美術館
    03-3577-1821

  • 公式サイト

    練馬区立美術館

  • 備考

    休館日 月曜日
    ※会期中一部展示替えがあります。

※掲載内容が変更となっている場合があります。最新情報については、会場・主催者の公式サイト等でご確認ください。

お気に入りに保存しました

お気に入りから削除しました

お気に入りの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました