※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

日本の中のマネ 展

  • 2022/09/04(日) ~ 2022/11/03(木・祝)
  • 練馬区立美術館
  • 中村橋駅
  • ▲エドゥアール・マネ《イザベル・ルモニエ嬢の肖像》1879年 油彩・カンヴァス 吉野石膏コレクション

  • ▲アルフレッド・シスレー 《モレのポプラ並木》1888年  油彩・カンヴァス 吉野石膏コレクション

19 世紀フランスを代 表する画家エドゥアール・マネ(Edouard Manet,1832-83)の日本における受容について考察する展覧会。

我が国における洋画黎明期の美術家や美術批評家たちはどのようにマネを解釈し、理解したのでしょうか。美術批評家で画家の石井柏亭は、マネへのオマージュ作品を手掛け、白樺派の画家として知られる山脇信徳はマネ作品を模写しています。また、医師で詩人、小説家、美術批評家の顔を持つ木下杢太郎はマネを理解することこそ、西洋近代絵画を受容する上で不可欠であると主張しました。本展では、このようなマネをめぐる受容の全体像に迫りたいと思います。 西洋近代美術におけるマネの位置づけを確認した上で、明治から昭和初期にかけて見られる批評や作品から日本における最初期のマネ受容について検討し、更に、森村泰昌や福田美蘭という現代の日本を代表する美術家のマネ解釈を紹介します。日本におけるマネ像を探る展覧会です。

※画像転載禁止

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    練馬区立美術館
    中村橋駅

  • 所在地

    〒176-0021

    東京都練馬区 貫井1-36-16

  • 開催期間

    2022/09/04(日) ~ 2022/11/03(木・祝)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 18:00
    入館は17:30まで

  • 料金・費用

    一般 1,000円

  • 問い合わせ

    練馬区立美術館
    03-3577-1821

  • 公式サイト

    練馬区立美術館

  • 備考

    休館日:毎週月曜日(ただし、月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始(12月29日~ 1月 3日)、展示替えなどによる準備期間中

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました