※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

生誕100年 朝倉摂 展

  • 2022/06/26(日) ~ 2022/08/14(日)
  • 練馬区立美術館
  • 中村橋駅
  • ▲『スイッチョねこ』原画 1971年 アクリル・イラストボード 大佛次郎記念館

  • ▲《作品》1963年 リトグラフ・紙 練馬区立美術館

画家・舞台美術家として活躍した朝倉摂(あさくらせつ)、(1922-2014)の全貌に迫る、はじめての本格的な回顧展。

彫刻家・朝倉文夫(1883-1964)の長女として東京・谷中に生まれた朝倉は、父の方針により独自の家庭教育を受けて育ちました。17歳のときから日本画家・伊東深水に学び、絵画の道を歩みはじめ、1940年代初頭には、モダンな人物像を洗練された色彩感覚で描き出し、若くしてその才能を認められていきます。 戦後は、創造美術を経て新制作協会日本画部に所属する中で、ピカソなど海外作家の探究にもとづいたキュビスム的な作風へと展開を見せました。また、日本が直面する社会的問題にも興味を広げ、佐藤忠良ら仲間の芸術家たちと地方の漁村や炭鉱を訪れ、労働者の生活に取材した社会派の作品を次々に発表。1953年には《働く人》で上村松園賞を受賞しています。一方で、1950年代から本格的に取り組むようになった舞台美術は、朝倉の探究心をかき立てる新たなジャンルであり、1960年代後半から、しだいに絵画から舞台美術へと活動の比重を移すこととなりました。 生前、朝倉の意向もあり、日本画時代の作品が公開される機会は多くありませんでした。没後、アトリエに残された作品が各地の美術館に寄贈され、断片的だった活動をつなぐことが可能となりました。本展では、日本画だけでなく絵本の原画や挿絵の仕事も合わせ、朝倉の創作活動の全体像を紹介します。

※画像転載禁止

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    練馬区立美術館
    中村橋駅

  • 所在地

    〒176-0021

    東京都練馬区 貫井1-36-16

  • 開催期間

    2022/06/26(日) ~ 2022/08/14(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 18:00
    入館は17:30まで

  • 料金・費用

    一般 1,000円

  • 問い合わせ

    練馬区立美術館
    03-3577-1821

  • 公式サイト

    練馬区立美術館

  • 備考

    休館日:毎週月曜日(ただし、月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始(12月29日~ 1月 3日)、展示替えなどによる準備期間中

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました