※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

【特別展】生誕110周年 奥田元宋と日展の巨匠 ―福田平八郎から東山魁夷へ―

  • 2022/04/23(土) ~ 2022/07/03(日)
  • 山種美術館
  • 恵比寿駅
  • ▲奥田元宋《玄溟》1974(昭和49)年 紙本・彩色 山種美術館

  • ▲奥田元宋《奥入瀬(秋)》1983(昭和58)年 紙本・彩色 山種美術館

  • ▲東山魁夷《緑潤う》1976(昭和51)年 紙本・彩色 山種美術館

元宋の代表作《奥入瀬》の「秋」と「春」を2点同時に公開! また、20世紀の日本画壇をリードしてきた巨匠たちの優品も一堂に会します。

山種美術館では、戦後の日本画壇を牽引した奥田元宋(1912-2003)の生誕110周年を記念し、元宋とその活躍の舞台となった日展(日本美術展覧会)の画家たちの作品を紹介する展覧会を開催します。

元宋は広島に生まれ、19歳で上京し、遠縁にあたる同郷出身の日本画家・児玉希望に入門します。1936(昭和11)年、日展の前身である文展(文部省美術展覧会)に初入選、以後、新文展、日展へと出品を重ね、日展の審査員や理事長も務めました。画業初期は主に人物画を中心に制作し、1944年、郷里への疎開を契機に風景画を描くようになります。戦後は「元宋の赤」とよばれる赤を基調に、雄大な自然を描いた独自の風景画を確立しました。また和歌にも秀で、1981年には宮中歌会始の召人に選ばれています。

本展では、「元宋の赤」が際立つ《玄溟》、古希を過ぎてから取り組んだ大作《奥入瀬(秋)》と《奥入瀬(春)》を同時に公開するほか、宮中歌会始の際の和歌を記した作品も展示します。
さらに日展の前身である文展、帝展(帝国美術院美術展覧会)以来の官展の歴史を振り返りながら、帝展時代から活躍した福田平八郎をはじめ、川合玉堂の第1回日展出品作、元宋の師である児玉希望、「日展三山」と称された東山魁夷・杉山寧・高山辰雄のほか、山口蓬春、山口華楊など日展で活躍した名だたる画家たちの優品とともに、20世紀の日本画壇をリードしてきた人気作家たちの足跡をたどります。

※高山辰雄の「高」の正しい表記は、はしごだかです。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    山種美術館
    恵比寿駅

  • 所在地

    〒150-0012

    東京都渋谷区広尾 3-12-36

  • 開催期間

    2022/04/23(土) ~ 2022/07/03(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 17:00
    ※入館は16:30まで
    ※今後の状況により会期・開館時間等は変更する場合があります。

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    050-5541-8600

  • 公式サイト

    山種美術館

  • 注意事項

    ■新型コロナウイルス対策に関する主催者からのお知らせ
    ・混雑緩和のため、入館日時オンライン予約を併用しています。
    ・非接触型体温計、アルコール消毒液を設置。
     多くのお客様が手を触れられる箇所は定期的に消毒および清掃を行っています。
    ・館内は適切な換気を行っています。

  • 備考

    月曜休館、ただし5/2(月)は開館

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました