※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

芳幾・芳年-国芳門下の2大ライバル(仮称)

  • 2023/02/25(土) ~ 2023/04/09(日) ※予定
  • 三菱一号館美術館
  • 二重橋前〈丸の内〉駅
    3分

最後の浮世絵師と呼ばれる世代において、良きライバルとして人気を二分した「芳幾」と「芳年」にフォーカス。

歌川(落合)芳幾(1833-1904)と月岡(大蘇)芳年(1839-1892)は、幕末を代表する浮世絵師、歌川国芳(1798-1861)の門下でともに腕を磨き、慶応2-3(1866-67)年には、幕末の風潮を反映した残酷な血みどろ絵を共作しています。良きライバルとして当時は人気を二分した両人ですが、芳幾はその後発起人として関わった「東京日日新聞」(毎日新聞の前身)の新聞錦絵を描くようになります。一方の芳年は、国芳から継承した武者絵を展開し、歴史的主題の浮世絵を開拓しました。人生半ばの30歳前後で明治維新を迎えた二人は、最後の浮世絵師と呼ばれる世代です。浮世絵衰退の時代にあらがうべく、彼らがどのように闘ったのかを、貴重な浅井コレクションからの作品を中心に振り返ります。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    三菱一号館美術館
    二重橋前〈丸の内〉駅(徒歩3分) / 日比谷駅(徒歩3分) / 東京駅(徒歩5分) / 有楽町駅(徒歩6分)

  • 所在地

    〒100-0005

    東京都千代田区 丸の内2-6-2

  • 開催期間

    2023/02/25(土) ~ 2023/04/09(日)
    ※予定

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 18:00
    ※祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21:00まで
    ※入館は閉館時間の30分前まで
    ※臨時の時間変更の場合あり(詳細はWEBサイト等でご確認下さい)

  • 主催・共催・協力

    主催:三菱一号館美術館、毎日新聞社

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    050-5541-8600

  • 公式サイト

    三菱一号館美術館 チケットの日時指定予約とご入館にあたってのお願い

  • 備考

    休館日:毎週月曜(祝日・振替休日の場合は開館)、年末、元旦、展示替え期間
    ※臨時の開館・休館の場合あり(詳細は公式サイトでご確認下さい)

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました