※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

合田佐和子展(仮称)

  • 2023/01/28(土) ~ 2023/03/26(日)
  • 三鷹市美術ギャラリー
  • 三鷹駅
  • ▲合田佐和子《異母兄妹》1975年、油彩/カンヴァス 高知県立美術館蔵

  • ▲合田佐和子《ばらの天地創造》1997年、油彩/カンヴァス 高知県立美術館蔵

「タナトス・グレイ」から「光」の世界へ。時代を生きた画家・合田佐和子の没後初となる大回顧展。

1940年高知に生まれた合田佐和子は、戦後の焼け跡を遊び場にして育ちました。59年に武蔵野美術学校(現在の武蔵野美術大学)に入学。廃物を利用したオブジェの制作を開始し、65年の初個展で可憐さと不気味さが同居するガラクタ・オブジェを発表します。70年代からはNYの道端で拾った銀板写真に触発され、「タナトス・グレイ」と称された灰色を基調にした作品で広く注目を集めます。その後、70年代のアングラ演劇シーンでの活躍と85年以降のエジプト移住を経て、光と色彩に満ちた作風へと移行します。断続的な体調不良に悩まされながらも、2016年に没するまで精力的に制作を続けました。
ほぼ20年ぶりの大規模回顧展となる本展では、最晩期を加えた仕事の全貌を通して、一人の女性作家を軸にした戦後現代美術の一場面が紹介されます。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    三鷹市美術ギャラリー
    三鷹駅

  • 所在地

    〒181-0013

    東京都三鷹市 下連雀3-35-1 CORAL5階

  • 開催期間

    2023/01/28(土) ~ 2023/03/26(日)

  • 主催・共催・協力

    主催:三鷹市美術ギャラリー・(公財)三鷹市スポーツと文化財団

  • 公式サイト

    三鷹市美術ギャラリー

  • 注意事項

    ■新型コロナウイルス対策に関する主催者からのお知らせ
    新型コロナウイルス感染症の状況によって、休館・会期・開館時間・内容が変更となる可能性があります。最新情報をホームページやお電話でご確認のうえ、ご来館ください。
    ご来館の際には以下の事項につきましてご理解とご協力をお願いいたします。
    ・ご入場の際はマスクの着用をお願いいたします。
    ・入口の消毒液で手指を消毒し、壁、展示ケース、作品にはお手を触れないようご協力ください。
    ・入口にて検温させていただきます。37.5℃以上の発熱が認められた場合、入館をお断りいたします。
     風邪症状のあるお客さまは、ご来館をお控えください。
    ・他のお客様と1~2m程度を目安に十分な間隔を保ち、飛沫拡散防止のためできるだけ会話はお控えください。
    ・来館者カードに氏名、連絡先等のご記入をいただきます。
    ・荷物のお預かり、コインロッカー、鉛筆の貸出を中止しております。
    ・混雑時には、入場を制限する場合がございます。

  • 備考

    休館日:月曜日

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました