※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

仙厓ワールド―また来て笑って!仙厓さんのZen Zen 禅画―

  • 前期:2022/5/21(土)~6/19(日)、後期:6/22(水)~7/18(月・祝)
  • 永青文庫
  • 江戸川橋駅
  • ▲仙厓義梵「龍虎図」江戸時代後期(19世紀)、永青文庫蔵 [前期展示]

  • ▲仙厓義梵「虎図」江戸時代後期(19世紀)、永青文庫蔵

  • ▲仙厓義梵「野雪隠図」江戸時代後期(19世紀)、永青文庫蔵 [後期展示]

ゆるカワな禅の世界に癒される!? 仙厓ワールドを堪能できる展覧会。

江戸時代後期の禅僧・仙厓義梵(1750 ~ 1837)は、ユーモアに富んだ書画を通して禅の教えを広く伝えたことで知られます。永青文庫には、設立者・細川護立(1883 ~ 1970)が集めた仙厓の作品100点以上が所蔵されており、江戸時代中期の禅僧・白隠慧鶴(1685~1768)の書画とともに当館の禅画コレクションの重要な柱となっています。その全容は、2016 年の秋冬展「仙厓ワールド―来て見て笑って!仙厓さんのゆるカワ絵画―」において初めて公開され、話題を呼びました。

第2弾となる本展では、選りすぐりの仙厓作品に加え、兄弟子にあたる誠拙周樗(1745~1820)など、仙厓周辺の禅僧による書画をあわせて展示し、これまでほとんど取り上げる機会のなかった知られざる禅画コレクションの一端を紹介します。さらに、禅画への理解と親しみを深めるため、画題を解説するコーナーを設けるほか、作品の人気投票も開催。仙厓が人々にやさしく説いた禅の世界。この機会に触れてみてはいかがでしょうか。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    永青文庫
    江戸川橋駅

  • 所在地

    〒112-0015

    東京都文京区 目白台1-1-1

  • 開催期間

    前期:2022/5/21(土)~6/19(日)、後期:6/22(水)~7/18(月・祝)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 16:30
    入館は16:00 まで

  • 公式サイト

    永青文庫

  • 注意事項

    月曜および、6/21(火)休館(ただし7/18は開館)
    ※前・後期で大幅な展示替えあり。

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました