語りの複数性

  • 2021/10/09(土) ~ 2021/12/26(日)
  • 東京都渋谷公園通りギャラリー
  • 渋谷駅
  • ▲大森克己《心眼 柳家権太楼》(2019年)

  • ▲岡崎莉望《目》(2014年) ※崎は「たつさき」が正式表記です。

  • ▲小島美羽《終の棲家》(2019年)写真:加藤甫

  • ▲小林紗織 映画『うたのはじまり』絵字幕(2019年)*参考画像

  • ▲山本高之《悪夢の続き》(2020年)

  • ▲百瀬文《聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと》 (2013年)

鑑賞者の想像する力を借りて、独自の鑑賞体験が立ち上がる展覧会

見ることや聴くことは、受け取る人がいて初めてそこに現れるという意味で、その人が語ることでもあります。物事を受け取り表現する方法は、ひとつではありません。視覚を使わずに見る人、手話を使って話す人がいるように、人の身体の数だけ、“語り” はさまざまに存在します。

この一年半ほどの間、未知の世界に偶然足を踏み入れることや他人と肩を並べる時間が減ったことは、私たちの身体を大きく変容させました。この展覧会では、そこにないものを自分の経験として受け取り、表現するさまざまな試みを描いた作品を扱います。それらの作品を通して、訪れる人の想像する力を借りて、鑑賞することがそれぞれの独自の体験として立ち上がる場をつくります。情報が溢れるからこそ貧しくなっていた、さまざまな語りのあり方と、その語りを紡ぎ出す身体を想像する展覧会です。


続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    東京都渋谷公園通りギャラリー
    渋谷駅

  • 所在地

    〒150-0041

    東京都渋谷区神南1-19-8 渋谷区立勤労福祉会館

  • 会場

    東京都渋谷公園通りギャラリー 展示室1、2 及び交流スペース

  • 開催期間

    2021/10/09(土) ~ 2021/12/26(日)

  • 時間

    開始 11:00 / 終了 19:00
    休館日:月曜日

  • 料金・費用

    無料

  • 問い合わせ

    問い合わせ
    03-5422-3151

  • 公式サイト

    公式サイト

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました