このイベントは終了しました

キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート

  • 2021/09/18(土) ~ 2021/11/28(日)
  • 東京都庭園美術館
  • 目黒駅
    7分
  • ▲シデナム・ティースト・エドワーズ チューリッパ・シルベストリスの栽培品種(ユリ科) 1809年 黒鉛、水彩、紙 キュー王立植物園蔵 (c)The Board of Trustees of the Royal Botanic Gardens

  • ▲ピーター・ヘンダーソン ロードデンドロン・ポンティクム(ツツジ科) ロバート・ジョン・ソーントン編『フローラの神殿』より 1802年 銅版、紙 個人蔵 Photo Michael Whiteway

  • ▲シデナム・ティースト・エドワーズ ボタンの栽培品種(ボタン科) 1809年 銅版、手彩色、紙 個人蔵 Photo Brain Trust Inc.

  • ▲ウェッジウッド ポートランドの壺 19世紀(1790年頃完成) ジャスパーウェア(せっ器) 個人蔵 Photo Michael Whiteway

  • ▲ウェッジウッド 蓋付き深皿(クイーンズウェア) 1765-70年 クリームウェア(陶器)、エナメル彩 個人蔵 Photo Michael Whiteway

  • ▲ヨハン・ゾファニー シャーロット王妃の肖像 1772年 メゾチント、紙 個人蔵 Photo Brain Trust Inc.

旧朝香宮邸の空間に美しい植物画の数々を展示。緑豊かな庭園の中に佇む東京都庭園美術館ならではのロケーションで特別な時間を!

英国王立植物園「キューガーデン」は、ユネスコ世界遺産に登録されている世界最大級の植物園です。22万点を超えるボタニカルアートを所蔵し、植物と菌類における科学的分野で世界をリードし続ける研究機関としても知られています。

本展では18~19世紀に制作されたキューガーデン所蔵の貴重なボタニカルアートコレクション約100点のほか、シャーロット王妃が愛し、王室御用達となったウェッジウッド社のクイーンズウェアなどを展示します。作品を通して、英国における自然科学や植物画の発展をたどり、大きく変革していく時代の背景や歴史の一端を展観します。精密な描写による科学的視点と、目を奪われるような美しさが共存するボタニカルアートが堪能できます。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    東京都庭園美術館
    目黒駅(徒歩7分) / 白金台駅(徒歩6分)

  • 所在地

    〒108-0071

    東京都港区白金台5-21-9

  • 会場

    東京都庭園美術館 本館+新館

  • 開催期間

    2021/09/18(土) ~ 2021/11/28(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 18:00
    入館は閉館の30分前まで

  • 料金・費用

    一般=1,400(1,120)円/大学生(専修・各種専門学校含む)=1,120(890)円
    中・高校生=700(560)円/65歳以上=700(560)円
    ※( )内は20名以上の団体料金 ※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料 ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者2名は無料
    本展は日時指定の事前予約制です。

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    050-5541-8600

  • 公式サイト

    公式サイト

  • 注意事項

    休館日:毎週月曜日*ただし9月20日(月・祝)は開館、9月21日(火)は休館

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました