このイベントは終了しました

宮崎 学 イマドキの野生動物

  • 2021/08/24(火) ~ 2021/10/31(日)
  • 東京都写真美術館
  • 恵比寿駅
  • ▲《ツキノワグマのカメラマン、長野県、中央アルプス》〈イマドキの野生動物〉より 2006年 作家蔵

  • ▲《テン》〈イマドキの野生動物〉より 2017年 作家蔵

  • ▲〈ニホンカモシカ〉より 1970-1973年 作家蔵

  • ▲《巣立ちが近いヒナ》〈フクロウ〉より 1982-1988年 東京都写真美術館蔵

  • ▲《冬の死・二ホンジカ1993》〈死〉より 1994年 東京都写真美術館蔵

  • ▲《ニホンザル》〈君に見せたい空がある〉より 2020-21年 作家蔵

自作の赤外線センサー付きのロボットカメラで撮影困難な野生の姿を撮影するなど、「自然界の報道写真家」として活躍する宮崎学の写真展。

宮崎学(1949-)は中央アルプスの麓、長野県上伊那郡南向村(現・中川村)に生まれ、伊那谷の自然豊かな環境を活かし、1972年よりフリーの写真家として活動を開始しました。「自然界の報道写真家」として、現在も日本中の自然を観察しています。
宮崎は動物たちの通り道に自作の赤外線センサー付きのロボットカメラを設置し、撮影困難な野生の姿を撮影した〈けもの道〉のシリーズなど、哺乳類、猛禽類の撮影において独自の分野を開拓してきました。また、人間の生活空間近くに出没する野生動物や、外来動物の影響など、動物の生態を通して人間社会を浮き上がらせる社会性のあるテーマにも取り組んでいます。シリーズ最新作となる〈新・アニマルアイズ〉〈君に見せたい空がある〉は「動物たちの住む森を動物の目線で見る」をコンセプトに、動物たちの痕跡を注意深く読み解き、自作のロボットカメラで人間の目が及ばない世界をみごとに写し出しています。本展覧会は、半世紀近くにわたる宮崎の作家活動の軌跡をたどりながら、黙して語らぬ自然の姿を浮き彫りにしようとするものです。

本展のみどころ

1)自然界の報道写真家・宮崎学が伝える「野生動物のイマ」
初期作品から撮りおろしの最新作まで、全7シリーズ(合計210点)で概観する大規模個展。

2)生命とは、人間とは、そして自然とはなにか。
森のなかで起こる、野生動物たちの死をめぐるドラマを克明に写し出したシリーズ、〈死〉(1994)、〈死を食べる〉(2012-15)を時系列的に紹介。

3)ロボットカメラの眼がとらえた驚異の世界
無人撮影の実現化によって、人間の存在を意識しない、野生動物たちの素の表情や知られざる生態を視覚的にとらえます。


続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    東京都写真美術館
    恵比寿駅

  • 所在地

    〒153-0062

    東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

  • 開催期間

    2021/08/24(火) ~ 2021/10/31(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 18:00
    入館は閉館 30分前まで

  • 料金・費用

    観覧料:一般 700円/学生 560円/中高生・ 65歳以上 350円

  • 公式サイト

    公式サイト

  • 注意事項

    休館日 毎週月曜日(ただし8月30日、9月20日は開館) 9月21日(火)

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました