このイベントは終了しました

※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

特別展 国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ

  • 2021/06/22(火) ~ 2021/09/12(日)
  • 東京国立博物館
  • 上野駅
    10分
  • ▲国宝 十一面観音菩薩像 奈良時代・8世紀 奈良・聖林寺蔵

東京では初公開!日本彫刻の最高傑作がこの夏、上野・東京国立博物館にやってくる。

日本を代表する仏像の一つ、奈良県桜井市、聖林寺の国宝 十一面観音菩薩立像は天平彫刻の名品です。江戸時代までは同市の大神神社に付属した大御輪寺(旧大神寺)にありました。この展覧会では、大御輪寺にあった仏像や、大神神社の自然信仰を示す三輪山禁足地の出土品などを展示。十一面観音菩薩立像が東京で展示される、初めての機会となります。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    東京国立博物館
    上野駅(徒歩10分) / 鶯谷駅(徒歩10分) / 根津駅(徒歩15分) / 京成上野駅(徒歩15分)

  • 所在地

    〒110-8712

    東京都台東区 上野公園13-9

  • 会場

    東京国立博物館 本館特別 5室

  • 開催期間

    2021/06/22(火) ~ 2021/09/12(日)

  • 主催・共催・協力

    東京国立博物館、読売新聞社、文化庁、日本芸術文化振興会

  • 問い合わせ

    東京国立博物館 ハローダイヤル
    050-5542-8600

  • 公式サイト

    展覧会公式サイト

  • 備考

    2022年2月5日~3月27日
    奈良国立博物館にて巡回予定

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました