アナザーエナジー展:挑戦しつづける力― 世界の女性アーティスト16人

  • 2021/04/22(木) ~ 2022/01/16(日)
  • 森美術館
  • 六本木駅
  • ▲カルメン・ヘレラ《赤い直角》 2017-2018年 Courtesy: Lisson Gallery

  • ▲アンナ・ボギギアン《空から落ちた流星》 2018年 展示風景:アルテス・ムンディ8(ウェールズ、カーディフ)2019年

  • ▲三島喜美代 《作品 19-C5》 2019年 Courtesy: Taka Ishii Gallery

  • ▲アンナ・ベラ・ガイゲル 《サーカ》 2006年 展示風景:「サーカ」エヴァ・クラビン財団(リオ・デ・ジャネイロ)2006年

  • ▲エテル・アドナン《無題》 2018年 Courtesy: Sfeir-Semler Gallery Beirut / Hamburg

  • ▲フィリダ・バーロウ 展示風景:「フィリダ・バーロウ:突堤2014」デュヴィーン・ギャラリー、テート・ブリテン(ロンドン)2014年 Courtesy: Hauser & Wirth 撮影:Alex Delfanne

71歳から105歳までの女性アーティスト16名の活動に光を当てる展覧会。全員が50年以上のキャリアを積み、日本はもとより世界各地で今なお挑戦を続ける。

森美術館で開催される本展は、日本はもとより世界各地で挑戦を続ける70代以上の女性アーティスト16名に注目しています。参加アーティスト全員が50年以上のキャリアを積んでいる現役の、その年齢は71歳から105歳まで。幅広い年代のアーティストの絵画や映像、彫刻、大規模インスタレーションにパフォーマンスなど多彩で力強い作品が登場します。彼女たちの出身地は世界14カ国におよび、現在の活動拠点も多岐にわたります。それぞれが置かれた環境や時代の変化のなか自らの信念を貫き、美術館やアートマーケットの評価にとらわれることなく、独自の創作活動を続けてきました。長いキャリアのなか、ひたむきに挑戦し続けてきた彼女たちの特別な力、「アナザーエナジー」とは何かを考える展覧会となります。

●出展アーティスト ※姓のアルファベット順
エテル・アドナン、フィリダ・バーロウ、アンナ・ボギギアン、ミリアム・カーン、リリ・デュジュリー、アンナ・ベラ・ガイゲル、ベアトリス・ゴンザレス、カルメン・ヘレラ、キム・スンギ、スザンヌ・レイシー、三島喜美代、宮本和子、センガ・ネングディ、ヌヌンWS、アルピタ・シン、ロビン・ホワイト

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    森美術館
    六本木駅

  • 所在地

    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F

  • 開催期間

    2021/04/22(木) ~ 2022/01/16(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 22:00
    火曜日のみ17:00まで
    ※ただし5月4日(火・祝)は22:00まで
    ※最終入館はそれぞれ閉館の30分前まで

  • 料金・費用

    未定

  • 公式サイト

    森美術館

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました