このイベントは終了しました

※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」

  • 2020/01/15(水)~2020/03/08(日) ※新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、2/26(水)で終了
  • 東京国立博物館 平成館
  • 上野駅

古代日本の成立やその特質に迫る!日本の国最古の正史『日本書紀』ゆかりの地、出雲と大和の名品がトーハクに登場。

東京国立博物館(トーハク)平成館で、日本国最古の正史『日本書紀』編纂から1300年を迎える令和2年(2020)に記念特別展を開催。島根県と奈良県がトーハクと共同開催する本展は、出雲と大和の名品を一堂に会し、古代日本の成立やその特質に迫ります。
養老2年(720)に編纂された『日本書紀』の冒頭には国譲神話(くにゆずりしんわ)が記されています。それによると、出雲大社に鎮座(ちんざ)するオオクニヌシは、人間の能力を超えた世界、神々や祭祀の世界を司るとされており、一方、目に見える現実世界、政治の世界を司るとされていたのが天皇でした。オオクニヌシが司る世界を「幽(ゆう)」、天皇が司る世界を「顕(けん)」といわれ、いにしえの日本において、出雲と大和はそれぞれ「幽」と「顕」を象徴する場所として重要な役割を担っていました。
本展では、弥生時代出土の国宝や古墳時代の重要文化財などを初め、「幽」と「顕」があらわされた名品の数々を紹介。古代日本の独特の性質などをより深められる展覧会となります。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    東京国立博物館 平成館
    上野駅 / 根津駅 / 京成上野駅 / 鶯谷駅

  • 所在地

    〒110-8712

    東京都台東区 上野公園13-9

  • 会場

    東京国立博物館 平成館

  • 開催期間

    2020/01/15(水)~2020/03/08(日) ※新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、2/26(水)で終了

  • 時間

    開始 9:30 / 終了 17:00
    金・土は21:00まで
    ※入館は閉館の30分前まで
    ※会期中、一部作品の入替あり
    前期展示:1/15(水)~2/9(日)
    後期展示:2/11(火・祝)~3/8(日)

  • 料金・費用

    一般 1,600(1,400/1,300)円、大学生 1,200(1,000/900)円、高校生 900(700/600)円
    ※中学生以下無料
    ※( )内は前売り/20名以上の団体料金
    ※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳など要提示)
    ※前売券は2019/11/5(火)から2020/1/14(火)までの間、東京国立博物館正門チケット売場(開館日のみ、閉館の30分前まで)、展覧会公式サイト、各種プレイガイドにて販売予定、詳細は公式サイトを要確認

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    03-5777-8600
    備考:受付時間:全日8:00~22:00

  • 公式サイト

    特別展 日本書記成立1300年 出雲と大和 公式サイト

  • 注意事項

    月曜日、2020/2/25(火)は休館
    ※ただし、2/24(月・祝)は開館

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました