このイベントは終了しました

大・タイガー立石展 世界を描きつくせ!(うらわ美術館)

  • 2021/11/16(火) ~ 2022/01/16(日)
  • うらわ美術館
  • 浦和駅
  • ▲『とらのゆめ』原画 1984年 個人蔵(うらわ美術館展示)

  • ▲《Milano Torino Superway》 1974年 うらわ美術館、埼玉県立近代美術館蔵 (うらわ美術館、埼玉県立近代美術館展示)

  • ▲《The Moon Grows to the Moon》 1981年 うらわ美術館、埼玉県立近代美術館蔵 (うらわ美術館、埼玉県立近代美術館展示)

  • ▲「帯世界」原画 1982年 courtesy of ANOMALY (うらわ美術館展示)

  • ▲「観光術」原画 1982年 courtesy of ANOMALY(うらわ美術館展示)

  • ▲『とらのゆめ』原画 1984年 個人蔵 (うらわ美術館展示)

  • ▲『Tiger Tateishi』p.15原画 1968年 courtesy of ANOMALY (うらわ美術館展示)

  • ▲《ネオン絵画 富士山》 原案1964/没後制作2009年 個人蔵(青森県立美術館寄託)(うらわ美術館展示)

  • ▲『Tiger Tateishi』 1968年 courtesy of ANOMALY (うらわ美術館展示)

  • ▲『顔の美術館』原画 1994年 個人蔵 (うらわ美術館展示)

  • ▲《水の巻》(部分) 1992年 豊田市美術館蔵 (うらわ美術館、埼玉県立近代美術館展示)

和製ポップ・アートの先駆け、タイガー立石の多ジャンルにわたる仕事を過去最大規模で展覧。埼玉県立近代美術館とうらわ美術館で同時開催!

絵画、漫画、イラストレーション、絵本など、様々なジャンルで活躍したアーティスト、タイガー立石(本名・立石紘一/1941~98年)。縦横無尽にジャンルをまたぐそのスタイルは、世代を越えて今日の若いアーティストにも刺激を与え続けています。
生誕80年を迎える記念の2021年、埼玉県立近代美術館とうらわ美術館は「大・タイガー立石展 世界を描きつくせ!」を共同で開催。特異なアーティストの画業を大規模に振り返ります。

立石は1941年に、現在の福岡県田川市で生まれ1961年に大学進学のために上京。1963年に前衛芸術の牙城であった読売アンデパンダン展で、玩具や流木などを大画面に貼り付けた作品を発表。その後、時代や社会のアイコンを大胆に引用した絵画を制作し、和製ポップ・アートの先駆けとして高く評価されます。
1965年からは漫画も描きはじめ、「タイガー立石」の筆名を用いて漫画を連載。台詞のないナンセンス漫画は国境を越え、海外の雑誌でも紹介されました。
1969年から13年間はイタリア・ミラノを中心に活動し、漫画のコマ割りを応用した絵画を制作。そのSF的な世界や独特の画風はイタリアの美術界だけでなく、建築・デザインの世界からも注目され、当時、ラジカルな建築・デザイン運動を先導していたエットレ・ソットサスやアレッサンドロ・メンディーニらと協働し、イラストレーションの仕事を残しています。

1982年に帰国後は、自作の漫画を編纂した『虎の巻』を刊行する一方、絵本の制作にも着手。視覚的な遊びを盛り込んだ絵本を多数手がけています。絵画では、大衆的なイメージや、明治・大正・昭和といった歴史を振り返るモチーフをとりあげ、パロディにみちた大作も描きました。また、軸物や巻物など伝統的な絵画形式にも挑戦し、多彩な才能を発揮しています。

本展は13歳の頃描いた漫画作品から遺作までを紹介。500点(埼玉県立近代美術館・うらわ美術館合計)を超える作品、原画、資料が一堂に会す、過去最大規模の個展です。「本をめぐるアート」をコレクションのテーマとするうらわ美術館では漫画、絵本にフォーカス。様々な領域を自在に行き来した表現者・タイガー立石を捕らえます。

独特の時空間の表現で見る者を多次元的な世界へと誘いこむ「立石ワールド」を堪能できる貴重な機会です。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    うらわ美術館
    浦和駅

  • 所在地

    〒330-0062

    埼玉県さいたま市浦和区 仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3F

  • 開催期間

    2021/11/16(火) ~ 2022/01/16(日)

  • 時間

    開始 10:00 / 終了 17:00
    金・土曜日は20:00まで
    展示室への入場は閉館の30分前まで

  • 料金・費用

    一般620円、大高生410円、中学生以下無料

    ■とら割
    埼玉県立近代美術館又はうらわ美術館で「大・タイガー立石展」の「一般」又は「大高生」の観覧券を購入すると、2会場目の観覧料が200円割引になります。
    2会場目の観覧券購入の際に、1会場目で配布される「とら割券」(1枚につき、1名様のみ、1回限り有効)をご提出ください。その他の割引との併用はできません。

  • 公式サイト

    うらわ美術館

  • 備考

    【休館】月曜日(2022年1月10日は開館)、12月27日(月)~1月4日(火)、11日(火)

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました