2014/12/29 17:38

【初デート】で女性が2回目のデートはないな……と思うNG会話

何事も「最初が肝心」とはよく言うけれど、男女の関係でも同じ。初デートの約束を取り付けたからといって浮かれていてはダメ。女性に「また会いたい」と思わせるためには、最低限の会話マナーが必要不可欠。まずは、もう二度とこの人とデートしたくないと相手に思われてしまう、る残念な会話例をチェックして、デート当日に備えて。

●自分の話ばっかりするのはNG
おしゃべり好きな男性にありがちなのが、自分の話ばかりしてしまうということ。女性は男性と比べるとおしゃべり好きで自分の話を聞いてもらいたいもの。自分をアピールすることに必死で自分の話ばかりする男性とのデートは退屈というのが女性の本音。そうかと言って会話を相手に任せっきりにするのもダメ。上手に会話をリードしながら聞き役に徹して。

●1円までワリカンする男性は興ざめ
一昔前と違って、最近はデートの際にワリカンにする男女が増えてきているのも事実。しかし、1円単位までワリカンにしようとするのはいただけない。器の小さいケチな男に見えてしまうかも……。ワリカンは2回目からにして、初デートなら少しカッコつけてご馳走してみては。どうしても余裕がなくてワリカンの場合は1000円単位で割って、小銭は男性が出すのがベター。

●下ネタは絶対NG
性への認識が昔よりオープンになってきていると言っても、女性は初デートから下ネタを振られると、身体目当てかな?と勘違いしてしまうかも。また、下ネタを女性に振る男性は軽いという印象を与えてしまいがち。初回デートでは誠実で紳士的に接して。

●上から目線でアドバイスをするのはやめよう
女性が仕事や友人関係での悩みを打ち明けると、ドヤ顔でダメ出しやアドバイスをする男性が後を絶たないそう。悩みを打ち明けられたことに喜んで、張り切ってアドバイスしよう、解決してあげようと思う気持ちは素敵。けれど、上から目線でアドバイスされるのはうれしくないという女性が多いみたい。女性はただ自分の話をうなずきながら聞いてほしいだけ。広い心と忍耐力を持って女性の話を最後まで聞いてあげるのがベスト。

●異性の話はNG
意外と無意識にしてしまうのが異性の話。いくら恋愛感情のない女友達や同僚の話でも、せっかく2人でデートをしている時に違う女性の話はタブー。「この人本当に自分に気があるのかな?」と不安にさせないようにしよう。また、街で見かけた女性を無意識に「キレイだなぁ」なんて褒めるのも、もちろんNG!

●ネガティブ発言はせっかくのデートが台無し
「仕事がうまくいかなくて……」や「自分はダメな人間だから……」など、相手が困惑するようなネガティブ発言は避けよう。女性は2人で一緒に楽しい時間を過ごそうと思っているはず。場が盛り下がるようなことばかり言う男性にならないよう注意して。

男性におすすめ関連コンテンツ


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。