2016/2/2 10:00

【中目黒あったかデート】イマドキ銭湯とおしゃれ焼き鳥で、体の芯からあったまる!

 

都内有数のおしゃれエリア、中目黒。最もにぎわうのは目黒川沿いの桜が咲く春ですが、実は寒い冬こそおすすめしたい、体の芯からあったまるデートコースがあるんです。屋上テラスの露天風呂とモダンな浴場アートで話題の銭湯と、木のぬくもりが感じられる隠れ家的な炭火焼鳥店をめぐる魅惑のデートプラン、ご案内します!


あったか中目黒デートのおすすめコース

  • 1. 露天風呂でリラックス!清潔感あふれるデザイナーズ銭湯【所要時間:1時間】
  • 2. 目黒川を見下ろすカップルシートが人気の炭火焼き鳥店【所要時間:2時間】

待ち合わせは「中目黒」駅の正面改札横、切符売場前で

改札前は人の流れが激しいので、ウロウロして人を探すのは周囲に迷惑。パートナーを探す手間を省くためにも、落ち合うのは山手通り側の正面改札を出て左にある切符売場前がおすすめ。比較的空いているので、すぐにお互いを見つけられるはずです。






中目黒駅から「光明泉」までの道のり<徒歩3分>

改札を出たら目の前の横断歩道を渡り、そのまま線路沿いに直進。目黒川を渡ってさらに歩いていくと、道が二手に分かれます。ここを左に曲がって高架下をくぐると、銭湯「光明泉」があります。目印は、曲がり角にあるパン屋さん。



【中目黒あったかデート1】露天風呂が最高!モダンで明るいデザイナーズ銭湯

「光明泉」の入り口は、ビルの2階。銭湯といえば平屋に煙突という昭和のイメージがあった筆者には、ちょっとしたカルチャーショック。これが平成の銭湯なのですね~。

▲靴を脱いで自動ドアを入ったところに、カウンターがあります。

入り口にものれん等はなく、あったのはオシャレな「OPEN」の札。クール!2014年にリニューアルしたばかりとあって、中は新築のようにキレイ。掃除も行き届いていて、清潔そのもの。嬉しくなります。

タオルや石けんなどお風呂グッズを持って来た人は、カウンターで入湯料460円を払ってお風呂へ。サウナも利用する人は別途200円必要です。

▲貸しタオルセット(100円)の他、アメニティグッズも一通りそろっています。

備え付けのシャンプーやボディーソープはありませんが、必要なものはここで揃えられるので手ぶらで行ってOK。筆者はタオルをレンタルし、石鹸(20円)やシャンプー(30円)を購入。メイク落としまであるのはけっこう珍しいかも。女子には嬉しいポイントです。

お風呂に入る前に、パートナーと相談して出る時間を決めておきましょう。時計は脱衣所にも浴場にもあります。

▲白を基調とした明るい浴場は天井が高くて、開放的な雰囲気。

浴場には目の覚めるようなブルーの富士山! 若手の現代アート作家の手によるもので、屋号の「光明」をモチーフに描いてもらったそう。明るく爽やかで、気持ちが上がります。

最近は男女の浴場が完全に分かれているところもあるけれど、ここはモダンながらも伝統的な造り。壁画は男湯と女湯にまたがって描かれています。パートナーも同じ絵を見ていると思うと嬉しいですよね。

まずは血行を良くする高濃度炭酸泉。37~38℃とぬるめの温度なのに、体の内側からじんわり温まる高濃度炭酸泉を堪能。十分に温まったところで、いざ3階の露天風呂へ。

▲露天風呂は、毎週金曜に男湯と女湯が入れ替わります

階段を上った先に現れたのは、木に囲まれた癒しの空間。しっかり周囲をガードしているのに、ウッディな素材のせいか不思議と解放感があります。オレンジ色の優しい光が澄んだお湯と湯気を照らし、秘密の庭といった雰囲気。湯船につかって空を見上げていると、日頃の疲れがすーっと消えていくよう。最高です!!

サウナと水風呂を何度か往復し、ジェットバスも楽しんで、体はぽかぽか。お風呂を出たら、なんだかお腹が空いてきちゃいました。



おすすめデートポイント

○新しくて清潔
設備はまだどれも新しく、清掃も行き届いています。脱衣所はまるでスポーツジムのロッカールーム!化粧台もドライヤーも備え付けられているので、デートで訪れても安心。





「光明泉」から「ABEYA!」までの道のり<徒歩2分>

炭火焼鳥店「ABEYA!」は、来た道を戻る途中にあります。目黒川を渡った先にある右手のビル、赤い大きな看板が目印です。



【中目黒あったかデート2】目黒川を見下ろすカップルシートが魅力!絶品焼き鳥店

▲白レバーのムース(550円)とクランベリーのカクテル。このムースはどんなお酒にも合いそう。

「ABEYA!」はすぐ近くなので、湯冷めする間もなく到着。キープボトルがずらりと並ぶカウンターに陣取り、メニューを眺めます。オリジナルカクテルが5種類もあったので、No.2のクランベリーを注文。甘酸っぱくて爽やかなクランベリーはお風呂あがりにぴったり!

▲白レバーのムースは、一緒に付いてくるカリカリのバゲットに塗って食べる。

カクテルと一緒に頼んだ白レバーのムースは、表面を軽く焦がしてあって風味抜群。臭みもなくて絶品です。お酒は進むし、止まらないおいしさ!レバーが苦手な人でも、これなら食べられるかも。

▲ナンバーワンメニューの大根サラダは、ユニークな盛り付けも楽しめます。

お店の方にすすめられ、次は大根サラダ(700円)を食べることに。色あざやかなニンジンドレッシングの海に、トマトを防波堤にそびえる大根の山。さらに、かつお節がてんこ盛り!インパクトある見た目に、「わあ、すごい!」と喜ぶ彼女の笑顔が見られるはずです。

そして、お楽しみはここからが本番。見事な盛り付けを崩すのがもったいなくて、端から食べようとする筆者に、「混ぜて食べてください」とお店の方。大根の山の中に隠れている温泉玉子を崩し、特製ニンジンドレッシングと野菜をよーく混ぜ合わせて食べるのが、おいしく食べるポイントなのだとか。



▲キレイな盛り付けを崩すのは罪悪感もあるけど、やってみると快感。

崩して混ぜての作業も、二人で盛り上がれそう。しっかり混ぜたサラダは、大根の歯ざわり、トマトの酸味、ニンジンの甘み、玉子とかつお節の旨みが同時に口の中に広がって、和とも洋ともつかない絶妙な味わい。おいし~!

味の決め手となるニンジンドレッシングは、お店の方がニンジン嫌いのお子様のために考えたものなんだそう。おいしいのは愛情のなせるワザかも。

鉄板で出てくる一風変わった玉子焼きは、オーナー考案の一品。お出汁と白醤油が上品~!

忘れちゃいけないのが、炭火で香ばしく焼いた焼き鳥。最近は串から外して食べる人が多いため、最初からバラバラになっているメニューも用意しているとのこと。「彼の前では串にかぶりつきにくい」という女子には、ぴったりですね。



おすすめデートポイント

○目黒川を見下ろすカップルシート
心理学によれば、男女は向かい合うより横に並ぶ方がうまくいくそう。窓に面した横並びの2席はカップルにぴったりです。目黒川の夜景を二人占めしながら、親密度アップ!



【ココもおすすめ!】 近くにあるこちらのお店も要チェック!



鉄板バルSOURCE

本場のお好み焼きと厳選されたワインがリーズナブルに楽しめるバル。カジュアルだけどスタイリッシュな雰囲気で、コスパが抜群。常時40種類以上あるワインは、ソムリエでもある店長がセレクトしたもの。ワインとお好み焼きは意外にも相性よし。
日曜以外は明け方まで営業しているのも魅力だ。

住所:目黒区上目黒2-8-10 1F
最寄駅:中目黒
スポット詳細はこちら


cafe chillax(カフェ チラックス)

お店のコンセプトは「落ち着き、ゆったり」。中は全席ソファで、リラックス度満点。ロマンチックな雰囲気のテラス席も人気だ。ストーブやひざ掛けもあるため、寒さを気にせず楽しめる。 何より、フレンチの名店で腕を磨いたシェフが腕を振るう本格的な料理が楽しめるのが嬉しい。



住所:東京都目黒区中目黒1-4-6
最寄駅:中目黒駅
スポット詳細はこちら


「中目黒」駅で解散
駅はすぐそこ。寒い季節は駅近が一番ですよね。お店で盛り上がった楽しい気分が冷めないうちに解散。ほっこり幸せな気分で帰途につきます。

下町っぽい「銭湯+焼き鳥屋」デートも、ナカメだと一気にスタイリッシュになるから不思議。贅沢な露天風呂と、ムード満点のおしゃれ焼き鳥店へ、あったまりに出かけませんか?



今回紹介したお店の情報

大きな地図を見る

光明泉詳細を見る
TEL. 03-3463-9793
住所 東京都目黒区上目黒1-6-1
営業時間15:00~25:00
定休日不定休
最寄駅 中目黒

ライター:佐々木志野
※2016年1月時点の情報です。



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 中目黒 の関連記事

まったり + 中目黒 の関連記事