2015/10/29 10:00

リノベ店舗が新鮮!白金北里通りを“リノベーゼ”気取りで大人デート

 

今やシロガネーゼよりも、白金に集まる“リノベーゼ”がおしゃれ。高級住宅街で知られる白金の北里通りは、古民家やマンションなどの古い建物をリノベーションした飲食店が点在する「リノベ通り」でもあります。レトロさの残る昔ながらの町並みに馴染むようにつくられたお店は、誰かに話したくなるような名店ばかり。そして店内に足を踏み入れれば、外観からは想像もつかないような空間が広がり、別世界にトリップしたような感覚に

TENEMENT(テネメント)

ブランチデートやカフェタイムに利用したいのが、キッチン&カフェバー「TENEMENT(テネメント)」だ。大正12年に建てられた木造造りの古民家をリノベーションした店内は、モダンレトロのやさしい雰囲気。柱や梁に、長い年月を重ねた趣と味わいが残り、子どもの頃に戻ったかのような懐かしさと安らぎを感じられる。
こちらでおすすめなのは、何と言っても自家製ベイクドチーズケーキ。黒豆やブルーベリー、オレンジ入りのチーズケーキは人気の高い逸品で、テイクアウトに購入する女性客も多い。ランチメニュー(900~1100円)も、「特製オムハヤシライス」や「挽肉と玉葱のドライカリー」、「宮崎のチキン南蛮」など、“美味しい”にこだわり、手間ひまかけたカフェメニューが充実している。
店名のテネメントは直訳すると“長屋”の意味で、「日常の憩いの場」や「生活の一部」という思いも込められている。毎日でも通いたくなるような親しみやすさに満ちたテネメントには、女性やカップルのリピーターも多い。初めて訪れても自宅にいるような感覚で、リラックスしながらデートを楽しめそう。



TENEMENT(テネメント)
住所:渋谷区恵比寿2-39-4
電話:03-3440-6771
営業:11:30~23:00 (22:00 L.O.)(ランチ・タイム11:30~16:00)
定休:無休



SMOKE&VEGETABLE BISTRO SARU shirogane

(スモーク&ベジタブルビストロ サル シロガネ)
高架下に立ち並ぶ飲食店の一角に、今話題のお店がある。それが、季節の食材を使用した料理に定評のある「SARU shirogane」だ。以前あった店舗の形をそのままに、ビタミンカラーの黄色をテーマカラーに据え、大胆にリノベーションしたSARUは、オープン3年目ながら多くの常連客が足を運ぶ今人気のビストロだ。太陽のように明るく賑やかな店内は、まるでスペインやイタリアにある海辺のビストロを訪れたような雰囲気。大テーブルに座り、隣の客との交流を楽しめるカジュアルさも心地よい。

SARUの名物は、国産ワインやフルーツジュースとの相性の良い、肉や魚のスモーク料理。香ばしい燻製の香味が食欲をかきたてる「SARUオリジナル!リンゴの木で瞬間スモークしたもち豚肩ロース1,900円(税抜)」は、必ずオーダーしたい一品だ。野菜だけで作り上げた「たっぷりチーズと野菜のラザニア1,100円(税抜)」も、女性からの支持が高く、グルメな彼女も満足してくれそう。
国内生産者から直接仕入れた食材を最大限に活かしたメニューは、心を幸せにしてくれるものばかり。二人の仲を温めてくれそうな料理は、寒くなるこれからの季節にもピッタリ。気心の知れた相手とのデートに、繰り返し利用したいお店だ。



SMOKE&VEGETABLE BISTRO SARU shirogane
住所:渋谷区恵比寿3-49-1
電話:03-6450-4836
営業時間:
月~金 ランチ12:00~14:30(L.O.)、ディナー 17:30~翌1:00(L.O.)
土 ランチ12:00~14:30(L.O.)、ディナー 17:00~23:30(L.O.)
日 12:00~22:30(L.O.)
定休:不定休



牛泥棒

牛串とホルモンの専門店「牛泥棒」。大正12年の建築物を再生した店舗のコンセプトは、「トラディショナルでありながら、現代的で懐かしい空間」だ。タイル張りの1階カウンター席では気軽な語らいを、2階に用意された個室では、ゆったりプライベートな時間を楽しめる。デートをする2人の距離感で、席のタイプを選べるのは嬉しい(要予約)。
串料理の中で特筆したいのは、“特選雄牛”の限定串。新鮮な牛肉の希少な部位を1本700円(税抜)で味わえるのは、独自のルートで仕入れができる牛泥棒ならでは。創作串の「すき焼き串」や「牛ホホのシチュー串」は、遊び心が効いていて他では味わえないプレミアム感が魅力だ。混雑時には、併設の隠れ家風バー「Barトナリ」でのウェイティングも可能。予約時間より早めに立ち寄って、食事の前にお気に入りのお酒で乾杯すれば、その日のデートも盛り上がりそう。


牛泥棒
住所:港区白金5-10-12
電話:03-6447-7670
営業:18:00~翌3:00(L.O.2:30)
定休:年中無休 ※BARトナリは日曜定休



私厨房勇(yung)

白金北里通りには、マンションの一部をリノベートしたお店も多く存在する。その一つが、中国料理とワインの絶妙なマリアージュを楽しめる「私厨房 勇」だ。昔から建つマンションの1階にあるとは思えないほど、一歩足を踏み込めば、モダンで高級感の漂う空間にリノベーションされている。
こちらのお店で楽しめるのは、「私房菜(シィフォンチョイ)」と呼ばれる特別感たっぷりの料理と時間。私房菜とは、香港スタイルのプライベートダイニングのことで、ライブ感たっぷりに目の前で調理された出来たての料理を、最も美味しいタイミングでいただけるのが醍醐味だ。
そんな香港の食文化を取り入れた私厨房勇でも、シェフズキッチンに招かれたような感覚で特別なひとときを過ごせる。わずか10席のカウンター席で供されるのは、「おまかせ1コース(お一人様6000円)」のみ。特別なお客様のために考え抜かれた珠玉の1コースは、大人の舌を満足させるものばかり。シェフの華麗な手さばきと美しく盛りつけられていく一皿を愛でつつ、ワイン片手に語らえば、自然と2人の距離も縮まりそうだ。




私厨房勇(yung)
住所:東京都港区白金6-5-5 モリハウス1F
電話:03-5422-9773
営業時間:18:00−24:00(LO.23:00)
定休:月曜日



Quien Quiera(きえんきえら)

大人が集うクラシカルな一軒家バー「Quien Quiera」。白金北里通りデートの締めくくりに、必ず立ち寄りたい寛ぎのお店だ。大正7年築の一軒家を改装したという木のぬくもりに包まれた店内には、まるで時が止まったかのようなレトロな空気が漂っている。ステンドグラスのはめられたドア、倉敷から特別に取り寄せた家具など、こだわりのインテリアにも目が奪われる。


1階カウンター奥のバックバーに並べられたお酒の数は100種類を超えるほど豊富。希少なウイスキーなども揃えてあり、愛飲家からの評価も高い。アルコールの苦手な彼女には、「フレッシュフルーツカクテル1,700円~(税抜)」がおすすめ。フルーツトマトやマンゴー、季節のフルーツをまるごと使用したカクテルは、やさしい飲み口で、デザート感覚でいただける。こだわりのおつまみやシメの食事にも注目。キーマカレーやチーズフォンデュも絶品だ。
カップルで訪れる場合は、事前に2階窓際の席をリザーブして欲しい。通りを眺めながらその日を振り返れば、忘れがたい思い出のひとときとなるだろう。




Quien Quiera(きえんきえら)
住所:港区白金5-14-8
電話:03-3446-0609
営業時間:18:00~翌2:00
定休:年中無休



※2015年10月28日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

流行 + 目黒 の関連記事

まったり + 目黒 の関連記事