2015/10/16 10:00

【井の頭公園で秋デート】あざやか紅葉×ほっこり”カピバラ”に癒される~

 

住みたい街ナンバー1の街、吉祥寺。定番のデートスポットといえば井の頭公園だ。 桜のイメージが強いが、実は紅葉もキレイ。また、東に位置する井の頭自然文化園(動物園)には、秋を迎えて活動的になった動物がたくさん。 愛くるしい生き物たちにほっこり癒され、オープンカフェで色づく木々を眺めながらまったり過ごせば、恋人との仲も深まりそう♪


井の頭公園の紅葉デートスポット

  • 1. 七井橋から見る、空と池と紅葉
  • 2. ピアノ形の記念碑にトリビアあり!!
  • 3. 弁天橋からの噴水&銭洗い弁天
  • 4, 400円とお手ごろ価格がうれしい動物園
  • 5. カピバラののほほんとした姿に癒される~
  • 6. 黄金に輝くイチョウの下で一休み
  • 7. 自由気ままなリスを眺めて、ほっこり
  • 8. 弁財天付近の水生物園の紅葉を見ながらカフェへ
  • 9. 園内のオープンカフェで紅葉を間近に感じよう

吉祥寺駅から徒歩10分。雑木林の中、池をぐるりと囲むように小道が走る井の頭公園は、散策にぴったり。
絵になることからドラマのロケ地となることも多い。今回はそんな美しい風景に、癒しの要素も取り入れたデートプランをご提案。


待ち合わせは「吉祥寺駅 公園口改札」で♪


4年にわたる改修工事を経て2014年に生まれ変わった吉祥寺駅。
新しい待ち合わせ場所の定番は、JRの公園口改札を出たところ。京王線で来た人もここに下りてくるので、どちらの線を使う人にも便利だ。

早く着いたら、新しい駅ビル「キラリナ」をぶらつくのもいい。


ブラブラと井の頭公園へ。公園へ続く道で、雑貨店や飲食店をのぞき見しても♪


バス通りを渡り、雑貨店や飲食店が立ち並ぶ通りを歩いていけば、公園はすぐそこ。

けれども、公園へと続く道は活気があって、のぞいでみたくなるお店がたくさん!
気になる店をのぞきながら歩けば、相手の意外な趣味や興味を発見できるかもしれませんね。



道の先に見える公園へと続く階段を下りると、大道芸人が、「顔面紙芝居」なるものをやっていました。
紙から顔を出して演じるおじさんの巧みな顔芸に、子どもたちは興味津々!

こうやって、大道芸などを楽しめるのも、井の頭公園の楽しみのひとつ。


【おすすめデートスポット1】七井橋から見る、空と池と紅葉


桜の名所は、紅葉の名所にもなります。
井の頭公園で言えば、池に架かる七井橋は絶好の紅葉観賞ポイント。

淡く優しいイメージの春とは違い、秋の紅葉は激しくて鮮烈な印象。澄んだ秋空と水面に、燃えるような赤が映えます。


【おすすめデートスポット2】ピアノ形の記念碑にトリビアあり!!


売店を過ぎて向こう岸に着いたら右手へ。
木漏れ日の散策路を歩いていると、ピアノの形をした珍しい記念碑を発見。

説明書きによると、作曲家・中田喜直の功績を称えて作られたものらしい。
鍵盤の上に刻まれているのは、中田氏直筆の「ちいさい秋」の譜面。

中田氏は三鷹市に住んでいて、井の頭公園を散策中にこの曲のメロディーを思い付いたと伝えられているそう。
こういったトリビアで盛り上がるのも楽しい!


【おすすめデートスポット3】弁天橋からの噴水&銭洗い弁天


今度は弁天橋を渡って再び向こう側へ。
この橋の上は、池の向こうに見える銭洗い弁天と噴水を狙う絶好の撮影ポイント。
通りがかりの人に頼んで、記念写真を撮ってもらおう!



葉っぱの黄色と銭洗い弁天の赤。そこに、逆三角形のような噴水が和の華やかさを添えている。


【おすすめデートスポット4】400円とお手ごろ価格がうれしい動物園


弁天橋を渡ったら、ちょっとした勾配を階段でのぼる。
いったん雑木林を出て、歩道橋で吉祥寺通りを渡って井の頭自然文化園(動物園)へ行こう!

吉祥寺通りを挟んで東側には、アライグマやフェネックなど、可愛らしさが人気の小動物がそろう。
入園料は400円。これでリスやサル山も楽しめる他、水生物園にも入れる。


提供:井の頭自然文化園


中は、雑木林の中に動物舎が点在しているといった感じ。
茶色く染まったケヤキの葉が、陽光に照らされて淡いオレンジ色に見える。柔らかい色合いの紅葉もまた、風情があって美しいもの。

リーフレットで園内マップを確認し、お目当ての動物のところへ向かおう。


【おすすめデートスポット5】カピバラののほほんとした姿に癒される~


やって来たのは、入り口からほど近いカピバラの展示エリア。
穏やかな性質で、だいたい寝ているか、ひなたぼっこをしている。

眠たげな顔でのそのそ歩く様子は、まるで「生きたぬいぐるみ」。見ているだけでほっこりした気分になる、最強の癒し系動物に二人で魅入られそう!



飼育されているカピバラは、仲むつまじいことで知られる。
1匹が小屋から出ると、もう1匹も立ち上がって後ろをついて行く。1匹が水に入れば、もう1匹も追いかけて水の中へ。

この姿を見れば、「可愛い~」「おもしろい!」と二人そろってテンション上がること間違いなし!

大抵はボーっとしているが、嬉しいときには、のっそりした外見からは考えられない可愛らしい声を出す。
キュルキュルキュルという小鳥のような美声に、きっと驚くはずだ。


【おすすめデートスポット6】黄金に輝くイチョウの下で一休み

提供:井の頭自然文化園


ヤギやシカなどの動物を見ながら園内を気ままに歩いていると、芝生広場の前で、陽を受けて黄金色に輝くイチョウの木に遭遇。
はらはら舞い落ちる様子や、地面に降り積もった落ち葉も含め、見事の一言に尽きる。

木の下にはベンチやテーブルもある、穴場の観賞スポットなので、お見逃しなく!


提供:井の頭自然文化園


こちらの写真、木の枝に猿が座っているのだが、わかるだろうか?
猿と比べると、イチョウがどれだけ大きいかわかる。


【おすすめデートスポット7】自由気ままなリスを眺めて、ほっこり


動物園の締めくくりは、「リスの小径」。
ここの展示は、リスが放し飼いにされている大きなゲージの中に人が入るという方式。

中には木や小川、巣箱などがあって、リスが自由に駆けまわっている。枝の上でクルミをかじるところや、地面に降りて水を飲む様子など、思い思いに過ごすリスたちが見られて楽しい。


【おすすめデートスポット8】弁財天付近の水生物園の紅葉を見ながらカフェへ


動物園を堪能した後は、来た道を戻って再び雑木林の散策路へ。
今度は弁天橋を渡らず、右手に曲がって弁財天の方へ。

弁財天付近からは、水質浄化のために池に浮かべられたイカダと水生物園の紅葉が楽しめる。


【おすすめデートスポット9】園内のオープンカフェで紅葉を間近に感じよう


ボート場前の狛江橋のたもとまでやって来ると、園内のカフェ「ペパカフェフォレスト」に行列が。
予約しておいて良かった! ここは平日でも行列ができる人気店。

休日に並ばず確実に入るためには、予約しておくのが賢明だ。

お店はナチュラルな雰囲気のオープンカフェ。せっかくだから窓際の席を予約して、特等席での紅葉観賞会を満喫しよう。



一番人気のランチセット(1,134円)は、辛さ控えめのマイルドなガパオ。
辛いのが苦手な人でも食べられそう。生春巻きも、パクチーが浮かべられたスープもおいしい。



食後には季節のフルーツとクリームが載ったシフォンケーキのドリンクセット(950円)を注文。
果物の甘酸っぱさが、歩き疲れた体にしみわたる。ココナッツミルクをふんだんに使ったふわふわの生地もおいしい!

こちらのカフェ、店内にいても外の気配を感じられるところが魅力。
冬場は冷気を防ぐためにビニールカーテンが張られ、ストーブが登場。それも雰囲気があっていい感じだ。

きれいな紅葉とおしゃれなカフェ。「井の頭公園は池の周辺しか知らない」というカップルは、ぜひ紅葉デートで自然文化園に行ってみて。
ほっこりした気持ちは一緒にいるパートナーにも伝わって、心の距離をいっそう近づけてくれるに違いない。

ちなみに、狛江橋を渡ったところには水生物園があり、動物園に入ったときのチケットで入れる。帰る前に立ち寄って、世界最小のアヒルなどを見るのもおすすめだ。


今回紹介したお店の情報

大きな地図を見る

東京都井の頭自然文化園詳細を見る
TEL. 0422-46-1100
住所 東京都武蔵野市御殿山1-17-6
営業時間9:30~17:00(ただし入園券の発売及び入園は16:00まで)
定休日毎週月曜日(ただし、月曜日が祝休日、都民の日にあたる場合は、その翌日に休園) 年末年始(12月29日~翌年1月1日)
最寄駅 井の頭公園 / 吉祥寺

今回紹介したお店の情報

大きな地図を見る

ペパカフェフォレスト詳細を見る
TEL. 0422-42-7081
住所 東京都三鷹市井の頭4-1-5
営業時間月~金 ランチ・ディナー:12:00~22:00(L.O.21:00) 土・日・祝日 ランチ・ディナー:11:30~22:00(L.O.21:00)
定休日
最寄駅 吉祥寺

ライター:佐々木志野
※2015年10月時点の情報です。

2015年11月中吊り・ポスター掲載記事

●吉祥寺でデートするなら
>>>定番から穴場まで!吉祥寺のおすすめデートスポット



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 吉祥寺 の関連記事

定番 + 吉祥寺 の関連記事