2015/8/11 20:16

【お台場】東京湾でSUP(スタンドアップパドル)体験

 

ハワイなどで人気のマリンスポーツ「スタントアップ・パドル・サーフィン(SUP)」を楽しめる場所が、実は東京都内にあるって知ってる? サーフボードに乗り、水面の上をオールで漕ぎ進む新感覚のアクティビティが今、お台場で手軽に体験できるのだ。都心でありながら、海で思いっきり遊べるこのスポーツなら、恋人と一緒に二人で楽しむしかない!

サーフボードの上でオールを使い、水面を漕ぎ進む「スタントアップ・パドル・サーフィン(SUP)」。海外から上陸し、日本でも最近人気を集めている新感覚のマリンスポーツだ。

そのSUPを今、東京湾で気軽に体験できるのをご存じ? 都心の新橋からゆりかもめでわずか13分の場所にあるお台場で、ショッピングや映画デートついでにこの本格的なマリンスポーツが楽しめてしまうのだ。

今回は、そんなSUPにライターが初挑戦&体験レポートでご紹介!

まずは、お台場海浜公園内にあるマリンショップ「エフカイ・ビーチ」で、ボードのレンタルや体験レッスンを申し込み。

ちなみに、お台場でSUPをするには登録が必要。登録といっても、お店から歩いてすぐの場所にある海上バス乗り場2階の管理事務所で、身分証を提示して必要事項を記入するだけの手軽さなのでご安心を。

これがSUPで使うボードとパドル。サーフボードのロングボードとほぼ同じ長さ(9フィート=270センチ強)でかなり厚みがあり、サーフボードよりは幅も広い。真ん中に取っ手が付いているものの結構重いので、彼女のボードを代わりに運んであげれば、オトコの株も上がること間違いなし。

右側についているコードはリーシュコードと呼ばれるもので、ボードが体から離れないように足首につないでおくものだ。

今回教えていただいたSUPインストラクターのナルオ先生。


まずは準備体操。先生と同じことをしているのに、体の柔らかさが違うような…。

一見、手軽そうに見えるSUPだけど、実際はかなり体全体を使うスポーツなので、特にふだん運動不足気味なカップルはケガをしないよう、ここでじっくりとストレッチしておこう。

パドルの長さは、手をゆるく伸ばした高さに調節。調節可能なパドルが多いので、自分の長さに変えてしまおう。持ち方は手で柄を被せるように持つようレクチャーを受ける。


パドルを正しい持ち方で持ってみた後は、ボードに乗って雰囲気をつかむ。真ん中よりは少し後ろに乗るのがポイント。パドルの向きは、凸側が後ろに向くように持つ。これは思っていた方向と逆で、意外だった!


実際に漕ぐ練習。重心も移動するみたいだけど、これがなかなか難しい。膝をうまく使うといいらしい。


先生の目線を真似してパドルするイメージをふくらませる。前にパドルがある時はその先を見ていて、途中から体をひねるようにしている。


ヒザ立ちでも練習。初心者はいきなり立つのではなく、最初はヒザ立ちで練習する。


ビーチでの練習が終わったら、ライフジャケットを着用していざ海の上へ! 泳げない人でもライフジャケットがあれば、ボードから落ちても安心だ。服装は水着だけでもいいし、上にTシャツなど濡れてもいい服装を着てもOK。


足首にはリーシュコードを着用。海に落ちてボードが体から離れた場合、これがあれば恋人はもちろん、まわりの人にもボードをぶつけてしまう危険が少なくなる。泳げる人でもこれは着けてください、と先生。マナーを守って遊ぶのが大人だ。


いよいよ海の中へ。先生のボードよりもこちらのボードの方が大きい。これは大きい方が浮力が大きく、海の上でバランスが取りやすいため。男子は彼女よりも先に「スタンドアップ」して、かっこいいところを見せたい。


まずはボードにヒザ立ちして、パドルの練習。


少し不安定ながらも、先生についていく。先生の安定性はさすが。


なんとか漕ぐことはできるけど、ターンできるかな?


Uターンして、立ってみた! 腰は落ちているけど、どうにか進んでいる! 実は、初心者でもわりと簡単にボードに立てるのがSUPの魅力の一つなのだ。

立てたところで、先生にヒザを上手く使って重心を移動するように言われるけど、そう簡単にできない。前から後ろに体をひねりつつ、バランスを取るので精一杯だ。

やっぱり先生のようにカッコよく漕ぐのは難しい。とはいえ、あまりへっぴり腰すぎると彼女に幻滅されかねないので注意すべし。


先生のアドバイスを受けながら、練習すること数十分。ちょっとずつ安定感が出てきた。


さっきよりはサマになっているし、ちゃんと進んでいる!


徐々に安定感も出てきて、スムーズに漕げるようになってきた! これぐらいできれば、彼女の前でもどうにか面目は保てるはず!

それにしても、レインボーブリッジをバックに、風が吹き抜ける海上をSUPで進むのは想像以上に気持ちがいい。これで隣に本物の彼女がいれば言うことなしなのだが。

「待て~」などと水上で無邪気に追いかけっこをしているようにも見えるが、実際は必死に漕いでいるだけ。でも、カップルなら2人でこんなシチュエーションも楽しめるはず。


ちなみに、この日はワンちゃんを乗せてSUPを楽しむツワモノも! もちろんワンちゃんにもリーシュコードは必須だ。それにしても凛々しい乗り方をしている。ペット連れのカップルなら、ワンちゃんと一緒にSUPデートを楽しめるかも!?


このSUP体験コースは、先生によるレッスン付で1名5,000円(2時間)。レッスンなしでも体験できるが、いろいろなことを教えてもらえるし、最初は先生を付けた方が絶対安心なのでおすすめ。


お台場の内湾は比較的波も穏やかなので、初心者カップルでもチャレンジしやすいはず。都心でこんなにも海を身近に感じられるお台場海浜公園でのSUP体験。二人で一緒に楽しんでみれば、意外とヤミツキになっちゃうかも!


今回紹介したお店の情報

大きな地図を見る

お台場海浜公園詳細を見る
TEL. 03-5531-0852
住所 東京都港区台場1-4
営業時間入園自由/通年
最寄駅 お台場海浜公園 / 台場 / 東京テレポート
※2015年8月11日時点の情報です。料金やサービスの内容は変わることがあります。

●夏のデートはこちらもチェック!
>>>夏に行きたい!HOTなデートスポットが満載!


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

流行 + お台場 の関連記事

お台場 の関連記事