2020/8/26 17:05

「あったか白玉」が絶品の話題カフェ!とろ~り黒蜜×きなこで…いただきます♪

 

下町風情が残る東京・向島に、女子がこぞって通う“たい焼きカフェ”があるのをご存じ?モチモチの白玉や、丸いフォルムのかわいらしいたい焼きが、最近話題になっているんです。人気のあまり、夕方には売り切れてしまう日もあるのだとか。「東京スカイツリー(R)」からも歩いて行けるので、デートの合間に彼と一緒に味わってみてはいかが?

【おでかけ時のポイント】

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう


心も体もほっこり温まる!話題のカフェでスイーツデート

まんまる

こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。今回ご紹介するのは、2019年9月にオープンした、たい焼きカフェ「まんまる」。餡子を使ったさまざまなスイーツを味わえるお店です。

注文後にゆでるモチモチの白玉と丸いたい焼きが名物で、そのフォトジェニックな見た目と美味しさから、今SNSで話題を呼んでいます。


 
まんまる

お店は、東京スカイツリー駅から歩いて5分ほどの場所にあります。下町のイメージとは一線を画す、スタイリッシュな外観が目印です。


 
まんまる

シンプルで明るい店内は、テーブル席がメインの全20席。間接照明のやさしい光がリラックスムードを演出しています。


 
まんまる

彼とのんびりおしゃべりを楽しむなら、奥にある小上がりの座敷がオススメ。足を伸ばしてゆっくりとくつろげるので、ついつい長居してしまいそうですね。



   

トッピングの変化が楽しい!ウワサの白玉を堪能!

まんまる

同店のメニューでとくに人気なのが「あったか白玉」(500円)。注文後にゆでられるモチモチの白玉に、餡子や自家製の蜜をかけていただく至福の一品なんです。手頃な価格と美味しさから、女性を中心に話題になっています。


 
まんまる

こちらがウワサの「あったか白玉」。木のトレーには、細長い陶器のケースのほか、餡子と自家製の蜜が添えられています。実はこれ、陶器の蓋を開けると、湯気と共に白玉が登場するという、なんともユニークな一品なんです。


 
まんまる

期待に胸を膨らませつつ、さっそく蓋を開けてみると・・・湯気と共に、真っ白な白玉が現れました!白玉がお行儀よく並んでいる姿は、つるんと美しく、つい写真に収めたくなります。


 
まんまる

白玉が陶器に蓋をした状態で提供されるのは、そのことで温かさをキープし、ゆで立てならではのモチモチ食感を存分に楽しめるようにするため。うれしい心遣いですよね。



 
まんまる

白玉に餡子を絡めて・・・さっそく一口!餡子は北海道産の小豆から作られた、こしあんと粒あんの中間にあたる“つぶしあん”が使用されています。小豆の風味がしっかりと感じられ、シンプルで上品な甘さが口いっぱいに広がります。


 
まんまる

今回いただいた自家製の蜜は、写真の「自家製黒蜜」。沖縄県波照間島の黒糖にキビ糖を加えたもので、黒蜜の深いコクと甘みが印象的です。

白玉の下には香ばしいきな粉がたっぷりと敷き詰められているので、黒蜜ときなこを合わせて味わいの幅を広げるのも◎。トッピングによる味わいの変化を、彼と一緒にぜひ楽しんでみて。


 

かわいらしい丸形のたい焼きもオススメ!

まんまる

もう一つオススメしたいのが、同店の名物「たい焼き」(150円)です。一日に平均100個、多い日には250個も売れるという大人気な一品。丸いフォルムが珍しく、かわいらしいですよね。


 
まんまる

たい焼きの皮は、小麦粉に、水、塩、重曹、キビ砂糖を加えたオリジナルの生地を使用。それをしっかりと焼き上げることで、外はパリッと、中はふんわりとした食感に仕上がるのだそう。

おなか部分には、甘めのつぶしあんがたっぷりと入っていて、生地の香ばしさとつぶしあんが美味しいハーモニーを奏でます。焼き立てが一番美味しいので、写真を撮るのはほどほどにして、ぜひベストな状態でいただいてくださいね。


 

まとめ

まんまる

「東京スカイツリー(R)」からほど近い「まんまる」は、ゆったり休憩するだけでなくテイクアウトも可能なので、サクッと立ち寄るのもOK(現在、たい焼き、アイス最中、ドリンク類がテイクアウトできます)。白玉とたい焼きは、曜日に関係なく夕方ごろには完売することが多いそうなので、時間に余裕をもって行くのがオススメですよ。彼との下町デートがてら、話題のスイーツをぜひ食べに行ってみてくださいね♪


 

まんまる
所在地:東京都墨田区向島3-31-14 1F
電話番号:03-6658-5756
最寄駅:とうきょうスカイツリー




 
はなともさん

◆取材・執筆/はなとも

スイーツコンシェルジュ・スイーツライター。
スイーツをこよなく愛するスイーツ男子。食べ歩きが趣味で、1日に5~6軒を食べ歩ける鉄の胃袋を持ち、何時間でも並べる気力と根性が最大の武器!

[Twitter] http://twitter.com/hanatomo84
[Instagram]http://www.instagram.com/HANATOMO84/



※2020年8月26日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示はすべて税込です。

東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

流行 + 浅草 の関連記事

浅草 の関連記事