2020/3/8 15:35

“開店から15分”で完売する日も!銀座で争奪戦必至の「大人のジャムパン専門店」へ

 

2019年12月にオープンするや否や、瞬く間に大人気店となったジャムパン専門店「銀座 月と花」。実はこちら、あの人気メロンパン専門店「浅草 花月堂」の新業態なんです。“大人のジャムパン”をコンセプトに作られるジャムパンとは?

果実感がすごい!大人にこそ食べてもらいたいジャムパン/銀座 月と花



紅子さん

紅子

都内を中心に美味しいパンやパン料理を求めて食べ歩く、グルメブロガー。パンが美味しいお店やスイーツ、話題のお店、新店など、さまざまなジャンルのお店を食べ歩いています。

■ブログ: 紅子のセレブなグルメ日記


都内を中心に美味しいパンを求めて食べ歩く、グルメブロガーの紅子です。

今回ご紹介するのは「銀座 月と花」。メロンパン専門店として有名な「浅草 花月堂」の新業態です。“大人のジャムパン専門店”をコンセプトにしていて、毎日数量限定の、非常に競争率の高いジャムパンを販売しています。


銀座 月と花

東京メトロ・東銀座駅から徒歩1分ほどの昭和通りに面したところにあり、銀座デートで訪れるのにもピッタリ。ジャムパンをモチーフにした装飾や、ドアに描かれたかわいらしいフルーツのイラストが目を引きます♪


銀座 月と花

お店に入ってみると、焼き立てパンの良い香りが!小さな販売スペースと工房が一緒になっているので、いつも美味しいパンの香りが充満しているんです。この香りに包まれれば、パン好きでなくても即ノックアウトされてしまうはず!


銀座 月と花

ジャムパンは常時11種類がそろいます。ラインナップは季節によって異なり、取材時点(2月)には以下の11種類が用意されていました。いずれも国産フルーツのみを使用し、すべて手作業で作るこだわりようです。

「究極のいちご」
「究極のリンゴ」
「究極のシナモン林檎」
「究極のラズベリー」
「西洋梨」
「ブルーベリーとカシス」
「温州みかんと柚子」
「庄内柿」
「秋姫すもも」
「林檎と赤ワイン」
「無花果」

価格は1個300~380円。販売は対面式で、購入希望のパンを伝えると、お店の方がトレーに載せてくれます。現在のところ個数制限は設けられておらず、冷凍保存もできるので、気になるものはどんどん買ってしまいましょう!「どれがいいかな?」「これ気になる!」と恋人と一緒に選ぶ時間も楽しいですよ♪



ポイントは「酸味」と「後入れ」。絶品ジャムパンを実食♪


銀座 月と花

こちらは今回筆者がゲットしてきたジャムパン3種類です。左上から時計回りに「究極のいちご」「庄内柿」「究極のリンゴ」。色とりどりのジャムが顔を出すキュートなルックスにテンションが上がります♪


銀座 月と花

最初にいただくのは「究極のいちご」(350円)。数あるジャムパンの中でも一番人気だという商品です。


銀座 月と花

一口食べてみると・・・美味しい!フランスパン生地で作られたパンは、外はパリッ、中はもっちり。シンプルな味わいがジャムを引き立たせます。

主役のジャムは果肉感がしっかりしていて、とっても風味豊か。一般的なもののようなベッタリとした甘さがなく、どちらかというと酸味を感じます。


銀座 月と花

実際にジャムのこだわりについて聞いてみると、なるほど、「甘味よりも酸味に重点を置いている」のだそう。糖度を一般的なジャムの半分ほどに抑え、さらにこの「究極のいちご」には少量の酸味も加えているといいます。

そしてもう一つ。ジャムパンといえばパン生地でジャムを包んで焼くのが主流ですが、「月と花」はパンを焼いてからジャムを入れる“後入れ”方式。ジャムは加熱すると風味が飛んでしまうので、それを防ぐために、あえて“後入れ”を採用しているのだそうです。

ジャムなのに生のイチゴ以上にイチゴらしい味わいは、こうした工夫によるものだったんですね。


銀座 月と花

さて、二つめは店主さんオススメの「庄内柿」(300円)。渋柿を使った商品です。


銀座 月と花

「・・・ジャムに渋柿ってどうなの?」と思った方も少なくないでしょう。

けれど、実際に食べてみると、渋柿なのに渋さはまったく感じません!こちらも隠し味的にレモンを加えることで酸味を補っているそうですが、酸味により甘さが引き立っていて、生の柿以上に柿らしい味わいです。

また、パン生地とジャムの間に少量のバターが塗られているのもポイントで、ジャムにコクを加えるだけでなく、ジャムとパンの良いつなぎにもなっていて◎。ジャムパン専門店ならではのユニークな一品です。


銀座 月と花

三つめは、季節もののオススメ「究極のリンゴ」(350円)。シナモンがお好きな方はシナモンが入った「究極のシナモン林檎」(350円)をどうぞ。


銀座 月と花

ジャムは果肉が残った状態に仕上がっていて、リンゴの食感が楽しめます。また、こちらも酸味が加えられていて、甘さもしっかりありつつ、後味はスッキリ。アップルパイが好きな方にぜひオススメしたい一品です♪




まとめ

銀座 月と花

大人のために作られた絶品ジャムパンを楽しめる「銀座 月と花」。早い日には開店から15分で完売してしまうというから、まさに争奪戦。銀座デートで立ち寄るなら、まずはここからスタートしてみてくださいね。




銀座 月と花
住所:東京都中央区銀座4-10-6 G4ビル1F
電話番号:03-6264-1300
営業時間:10:00~売り切れ次第閉店
定休日:なし
最寄駅:東銀座


取材・文/紅子

※2020年3月7日時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 掲載している情報に変更が生じる場合がございます。最新情報は直接お問い合わせください。
※価格はすべて税込です。



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

銀座 の関連記事