2019/4/28 10:00

夜は「フォアグラ」まで食べ放題だって!?平日は時間無制限の"スーパーブッフェ"がお得すぎた!

 

京王プラザホテル内の「スーパーブッフェ <グラスコート>」が2019年1月にリニューアルオープン!和・洋・中の料理から、洋菓子はもちろん和スイーツまで、約70種類が食べ放題です。平日はランチもディナーも時間無制限で利用できるから、食いしん坊なカップルにはもってこい♪ホテルメイドの料理の数々をはじめ、臨場感あふれるライブキッチンなど、グラスコートの“スーパー”ぶりをレポートします。

ホテルクオリティの料理約70種類がおかわり自由!/スーパーブッフェ <グラスコート>

グラスコート ブッフェコーナー

「スーパーブッフェ <グラスコート>」は、都庁前駅から徒歩約1分、新宿駅西口から徒歩約5分の京王プラザホテル内にあるビュッフェ方式のレストランです。

ランチタイムは平日・大人4,300円。ディナータイムは月~木・大人6,000円(金曜は7,000円)で、なんと時間無制限・食べ放題!(土日祝の場合、ランチタイムは4,800円の一部・二部入れ替え制。ディナータイムは7,000円・2時間制、すべて税・サ込)。

もともとビュッフェファンから高い評価を得ている同店ですが、2019年1月にリニューアルオープンし、料理のレパートリーがさらにパワーアップ!洋食(冷菜・温菜)を中心に、和食、中国料理、デザートなど、なんと約70種類がラインナップ。これだけの種類を一度に食べられるホテルビュッフェは、都内でもなかなかありません。

それではさっそく、どんな料理を楽しめるのか、順にご紹介していきましょう♪



グラスコート サラダ

前菜やサラダが並ぶ「コールドアイランド」のコーナーには、色とりどりの新鮮野菜が!ドレッシングも充実していて、ごまやフレンチなど定番4種のほか、バルサミコ酢と赤白のワインビネガー、エキストラヴァージンオイル、さらにクルトンや粉チーズなどのトッピングも用意されています。

シェフのオススメは、ワインビネガーとオリーブオイルを1:3の割合でミックスしたドレッシングなのだそう。お好みのトッピングを加えてお試しあれ!



グラスコート 前菜コーナー

前菜コーナーには、目を引くタワー型のショーケースを設置。中には、一口サイズの前菜が並んでいます。



グラスコート 前菜

カルパッチョやマリネ、ジェノベーゼといった前菜は、自分好みの量をとることができますよ。



グラスコート 和洋中料理

「ライブキッチン」左側は、和・洋・中メニューが並ぶコーナーになっており、ホテルの総合力を生かした多彩なラインナップになっています。「牛肉とピーマンの細切り炒め」や「豚肉入り高菜チャーハン」など、どれもホテルメイドのクオリティーです。

保温器に入っているので、いつでも温かい状態で食べられるのがうれしいですね♪



グラスコート ストウブ鍋

ライブキッチン右側には、「仔牛のトマト煮込み」「牛肉のポトフ」といった手の込んだオーブン料理がスタンバイ。それぞれの料理がストックされた「ストウブ鍋」のかわいらしさにも注目です。



グラスコート ライブキッチン

店内中央のライブキッチンでは、お客さんの目の前でシェフが調理にあたり、熱気にあふれています。「もう、お腹いっぱい…」という時でも、調理の過程を間近で見ていると、満腹感もリセットされてしまいそうです。



グラスコート ローストビーフ

ライブキッチンでは、名物の「ローストビーフ」を求め、お客さんが長蛇の列をつくることも。ローストビーフは、注文を受けてからシェフがカット。噛むほどに旨みがあふれだす逸品です。



グラスコート フォアグラ

ディナー限定の「フォアグラ」も大人気の一品。こちらもシェフが目の前で鉄板焼きにしてくれます。やわらかな口どけと上品なコクは、ヤミツキになること間違いなし!

そのほか、天ぷら(ディナー限定)やアジア麺も注文を受けてから目の前で調理してくれますよ。

同店では、料理をより楽しんでもらおうと、お店の入り口で「How to Glass Court」という案内用のリーフレットを配布。店内の地図やいろいろな料理をかけ合わせたアレンジレシピを掲載しています。



グラスコート フォアグラ丼

たとえば、丼に盛ったライスにフォアグラや旬の野菜をトッピングした「フォアグラ丼」は、代表的なアレンジレシピ。

ほかにも、カレーライスにローストビーフをトッピングした「ローストビーフカレー」、カンパーニュの上にサラダやスモークサーモンをのせた「オリジナルオープンサンドイッチ」といった具合に、アレンジのレパートリーは無限大!

彼と一緒に、二人だけのアレンジレシピを考えてみてくださいね♡



「伝統のショートケーキ」はじめ、必食デザートが目白押し!

グラスコート スイーツコーナー

食事を堪能したら、〆はやっぱりデザート!こちらもコールドアイランド同様に、グラススイーツやケーキなど一部のデザートがショーケースに並んでます。繊細な仕上がりのデザートは、まるで宝石のよう。スイーツ好きの人が見たら卒倒するような絶景です。



グラスコート スイーツ

洋菓子コーナーの一角には、「ガトーショコラ」や「ジャーマンチーズケーキ」、「フルーツムース」などのケーキが。開業時から変わらぬレシピで作られる「京王プラザホテル伝統のいちごのショートケーキ」(写真中央)は絶対に食べ逃さないようご注意を!いくらでも食べてしまいそうな、上品で食べ飽きない美味しさです。



グラスコート 和スイーツ

洋菓子だけではなく、和スイーツもラインナップ。わらび餅、ぜんざい、抹茶羊羹などレパートリーも豊富です。そのほか、クッキーやマカロンといった焼き菓子、自家製アイスクリーム、フルーツ各種もあるので、デザートコーナーだけでもエンドレスで楽しめそう♪

ディナータイムは、コーナー周辺にパティシエが待機しているので、相談しながらオリジナルデザートを考えてみてはいかが?



程よくフォーマルな座席は記念日利用にも最適♡

グラスコート テーブル席

グラスコートの座席数は188席。いまやカジュアルに楽しめるビュッフェのお店も珍しくありませんが、グラスコートでは、テーブルすべてにランチョンマットやフォーク、ナイフがセットされています。程よくフォーマルな雰囲気だから、二人の記念日にも重宝しそう。

スタッフが空いたお皿を下げてくれたり、ホテルビュッフェならではの行き届いたサービスも◎



グラスコート 窓際席

とくに人気なのは窓際の席。外には木々が青々と茂り、雑踏も気になりません。



グラスコート ソファー席

ゆったりくつろげるソファー席は、基本的に3名以上の利用から。ダブルデートや女子会に最適です。

残念ながら席の指定はできませんが、どこに座っても、落ち着いた雰囲気で食事を楽しめるので心配無用。ただ、オープンしてすぐに席が埋まりはじめるので、確実に利用したいなら予約は必須です!



まとめ

グラスコート ココット料理

今回ご紹介した料理はほんの一部。約70種類の料理に加え、アレンジレシピもあるから、何度利用しても楽しめますね。

これだけ料理の数が豊富なので、楽しみ方も多種多様。前菜・メイン・デザートといったコース料理風に攻めるもよし、食事はそこそこに時間いっぱいデザートを堪能するもよし、料理をおつまみにアルコールメニュー(有料)をメインに楽しむもよし。好みのスタイルでビュッフェデートを楽しみつくしてくださいね!



スーパーブッフェ <グラスコート>
住所:東京都新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル本館2F
電話番号:03-3344-0111(代表)
営業時間:【朝食】6:00~10:15(L.O.10:00) 【ランチ】平日11:30~15:00(L.O.14:30)、土日祝一部11:30~13:20(L.O.12:50)、土日祝二部13:40~15:30(L.O.15:00)※土日祝は一部・二部入れ替え制 【ディナー】月~木17:30~21:30(L.O.21:00)、金17:30~22:00(L.O.21:30)、土日祝17:00~22:00(L.O.21:30)※土日祝は2時間制
定休日:なし
最寄駅:都庁前、新宿



取材・文/ねもと かなこ
撮影/内田麻美

※2019年4月28日時点の情報です。メニューや料金など、内容は変更になる場合があります。
※料金はすべて税・サービス料込です。




◆そのほかの食べ放題情報はこちらをチェック!

>>>食べ放題特集


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

新宿 の関連記事