2019/2/23 10:00

「温かいもの食べに行かない?」寒い日に彼とハフハフしたい都内のロシア料理店3選

 

冷え込む日は、身体の芯から温まる料理が恋しくなりますよね。厳しい寒さで知られるロシアの伝統的な料理は、煮込み料理などアツアツで食べたいものばかり。そこで、都内のロシア料理店を3店舗ご紹介。寒い日こそ出かけて、普段はあまり馴染みないロシアグルメを彼と二人でハフハフすれば、新しい発見があるかもしれませんよ!

【高田馬場】身も心も温まる空間で、日本人好みの味を満喫/チャイカ

チャイカ 店内

高田馬場の駅前にある「チャイカ」の扉を開けると、居るだけでホッとするような温かみのある木目調とレンガのアンティークな空間が広がっています。アットホームな雰囲気なので、まったり気分のデートにぴったりですね。

店名はロシア語で「カモメ」。ロシアを代表する劇作家チェーホフの作品の影響でしょうか。ロシアで最も親しまれている言葉の一つなんだとか。


チャイカ トロイカ・セット

ランチの一番人気は、ボルシチ、ピロシキ、つぼ焼きを一度に味わえる「トロイカ・セット」(1,200円)。通常はコースのように一品ずつ提供されます。

日本でポピュラーな揚げパンタイプのピロシキには、ひき肉と春雨が入っています。ミニサラダとドリンク付き。ランチのロシアンティーは、苺ジャムを少量のウォッカで伸ばしてあるんだそう。美味しそう♡


チャイカ ボルシチ

世界三大スープに数えられるボルシチは、ビーツと野菜を煮込んだ素朴でやさしい味わいが魅力です♪同店では日本人の口に合うようにと、トマトを多めに入れているとのこと。ゴロゴロ入った牛肉やビーツに、トマトの酸味がよく合います。


チャイカ つぼ焼き

パン生地でフタをしたつぼ焼きの中には、鶏肉やマッシュルームが入ったホワイトシチューがたっぷり♪パンをつけて召し上がれ。もったり濃厚なシチューは熱いのでフーフーしながら食べましょう。


チャイカ ヤズィク(牛タンシチュー)スメタナ添え

ディナーのオススメは「チャイカコース」(5,000円)。

前菜、ペリメニ(シベリア風餃子)、ボルシチ、ピロシキ、ミニつぼ焼き、メイン、デザートという内容で、多彩なロシア料理を楽しめます。

メインの定番「ヤズィク(牛タンシチュー)スメタナ添え」(写真)は、肉の香りとホロホロ崩れる感じがヤミツキの美味しさです♡

日本人の口に合わせている同店なら、ロシア料理が初めての彼も一緒に堪能できるはず。



チャイカ
住所:東京都新宿区高田馬場1-26-5 FIビル2F
電話番号:03-3208-9551
営業時間:ランチ11:30~15:30(L.O.15:00)、ディナー平日17:30~22:00(L.O.21:00)、日祝17:30~21:30(L.O.20:30)※ランチは予約不可
定休日:不定休
最寄駅:高田馬場




【吉祥寺】本格ロシア料理をリーズナブルに楽しめる/カフェ ロシア

カフェロシア 店内

味も空間もロシアらしさにこだわっているのは、吉祥寺の「カフェ ロシア」。雑居ビルの地下にある隠れ家レストランです。落ち着いたピンクと白を基調とした店内は、上品で華やかです♪おしゃれなデートのランチにいかがでしょうか。


カフェロシア サーシャさん

スタッフの多くがロシア出身で、キッチンとフロアのやりとりはすべてロシア語。まるで本場のレストランにいるような気分になりますが、接客は日本語なので、ロシア語が話せなくても大丈夫。

食事系のクレープ「サーモンのブリニ包み」(600円)を手に微笑むのは、サーシャさん。笑顔が素敵ですね♪


カフェロシア 毛皮のコートを着たニシン

ロシアの方にも好評だという「毛皮のコートを着たニシン」(600円)は、塩漬けのニシンとビーツの入ったポテトサラダ。ウォッカとの相性もバツグンです♪

大切にしているのは、ロシア人が誇りに思っている伝統の味を守り、多くの人に伝えること。「ピロシキ」(1個300円)も、ロシアで一般的な焼いたタイプ。肉入りと野菜入りの2種類があります。


カフェロシア ボルシチ

同店の「ボルシチ」(700円)は、サワークリームがたっぷり。そして具だくさん!どこをすくっても、とろとろになるまで煮込まれた野菜と牛肉を楽しめます。


カフェロシア ボルシチ

単品ではなくコースで頼むなら、前菜5品、ボルシチ、ピロシキ、ビーフストロガノフ、ロシアンティーをいただけるお試しセット「ロシア」(3,000円)が断然お得。良心的な価格がうれしいですね♪

ロシア観光案内所を自負している同店では、毎月無料でロシア語レッスンを実施しています。定期的に開いているライブもノーチャージです。ロシアらしさを満喫したいカップルはここで決まりでしょう。



カフェ ロシア
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-10 B1
電話番号:0422-23-3200
営業時間:11:30~22:00 ※ランチセットは17:00まで
定休日:年中無休
最寄駅:吉祥寺




【神保町】クラシカルな店内で正統派のロシア料理に舌鼓/サラファン

サラファン 店内

神保町駅のA5出口から徒歩3分。細い階段を下りて行くと、1966年創業の「サラファン」があります。現在の店主は二代目。初代オーナーのロシア人女性から引き継いだレシピを守り、変わらぬ味を提供し続けています。歴史を感じさせるクラシカルな空間が素敵です♡オトナ気分のデートでオススメです。


サラファン お米入りロールキャベツ

ロシア人直伝の正統派料理が楽しめる同店で、オープン以来不動の人気を誇るのは「お米入りロールキャベツ」(1,600円)。お米を入れたロールキャベツは、ロシア料理の隠れた名物ともいうべき存在なんです。


サラファン お米入りロールキャベツ

挽肉の合間に、肉汁とキャベツの旨みをたっぷり吸いこんだお米がぎっしり。適度な酸味のあるソースとも調和して絶品!ガツンと食べごたえのある一品だから、彼も大満足するはず♪


サラファン 白いビーフストロガノフ

「白いビーフストロガノフ」(1,800円)も定番。こちらもベシャメルソースで牛肉をからめたロシア伝統の一品。舌にからみつくような濃厚なクリーミーさは、他では味わえません♡

他にも、澄んだスープが特徴の「ボルシチ」(900円)、クレープで挽肉を包んで揚げたロシア風春巻き「ブリンチピロシキ」(500円)など、魅惑的なメニューがラインナップ。ワインも600~700種類そろっているので、ワイン好きのカップルにオススメです。



サラファン
住所:東京都千代田区神田小川町3-10-3 振天堂ビル B1F
電話番号:03-3292-0480
営業時間:月~金 ランチ11:30~13:30、ディナー18:00~20:30、土 ランチ11:30~13:30、ディナー18:00~19:30
定休日:日曜、祝日
最寄駅:神保町/新御茶ノ水/御茶ノ水




まとめ


冬こそ食べたいロシア料理。多様性に富んでいて、具も味もスタイルも店によって驚くほど違うので、食べ比べもオススメです。寒い日は手軽に「ロシア旅行気分を味わおう」と彼を誘ってみてはいかがでしょうか。

取材・文/佐々木 志野

※2019年2月23日時点の情報です。料金や内容など、情報は変更になる場合があります。
※料金はすべて税込です。

東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 吉祥寺 の関連記事

吉祥寺 の関連記事