2018/11/1 10:00

(PR)【吉祥寺限定】生フローズンヨーグルトに絶品ハムカツサンドも!地域最大の“ごちそうフェスタ”で食べ歩きデート

 

緑豊かな公園に活気ある商店街、静かで洗練された街並み…。知れば知るほど魅力を増す吉祥寺は、休日をのんびり過ごすのにぴったりな街。そんな吉祥寺の魅力を再発見できる、武蔵野市最大の食の祭典「Musashinoごちそうフェスタ」が2018年も開催。参加店約500店の中から、テイクアウトグルメを中心に大人カップルが立ち寄りたいスポットを厳選。新たな吉祥寺の「美味しい」を見つけに、おでかけしちゃいましょう!

ビギナーも常連も! 新たな「美味しい」に出会える「Musashinoごちそうフェスタ」

第14回目を迎える「Musashinoごちそうフェスタ」が、2018年も11月1日(木)~30日(金)に開催されます。吉祥寺・三鷹・武蔵境の3駅にまたがる武蔵野市内で、食事やショッピングを満喫できる武蔵野市最大の食の祭典で、今年はなんと約500店が参加し過去最大規模に!


Musashinoごちそうフェスタイメージ

まずは、参加店全店が掲載される無料のガイドブックか公式サイトをチェック!吉祥寺ビギナーはもちろん通い慣れた人だって、きっと新たな発見に出会えるはず。

期間中には、ワンコインで楽しめる食べ歩き企画や、「物産・逸品市」などのイベントも開催♪

今回はそんな「Musashinoごちそうフェスタ」の参加店から、吉祥寺でしか味わえないテイクアウトグルメ店をピックアップ! 今度のデートは吉祥寺で、美味しい大人の休日を過ごしちゃいましょう♡




吉祥寺で21年愛される生フローズンヨーグルト/ウッドベリーズ

ウッドベリーズ 外観

吉祥寺デートでハズせない井の頭公園散策。そのお供にイチオシなのが、吉祥寺が誇る名店のひとつ「ウッドベリーズ」の「生フローズンヨーグルト」。本店は吉祥寺駅公園口から徒歩約2分。井の頭公園へ向かう途中で立ち寄るのに便利な場所にあります。

「生フローズンヨーグルト」とは、新鮮な八ヶ岳産牛乳を自家発酵させた手作りヨーグルトをベースにしたフローズンヨーグルトのこと。これに全国各地の農家さんから直接仕入れるフルーツやチーズなどを合わせ様々なフレーバーに仕上げた、新感覚のデザートです。


ウッドベリーズ「ダブル」(200g 580円)

デートなら、二つのフレーバーが楽しめる「ダブル」(200g 580円 ※選ぶフレーバーにより+50円)はいかが? 「シングル S」(100g 350円)よりもお得で、カップルで食べれば親密度もぐんとアップしちゃうかも♡

初めての人がまずオーダーしたいのが、すべてのフレーバーのベースとなる「ヨーグルト」を。爽やかな酸味で甘さ控えめながらコクもあり、後味もスッキリ。

定番一番人気の「いちご」(+50円)は、季節ごとにいちごの品種を変えるお店こだわりのメニューのひとつ。11月は信州駒ヶ根いちご園の「紅ほっぺ」が登場予定。


ウッドベリーズ メニュー

「生フローズンヨーグルト」のフレーバーは常時15種以上。北海道の「ハスカップ」から沖縄県の「沖縄マンゴー」まで、その季節だけの旬のフルーツのほか、「クリームチーズ」や「リコッタチーズ」(+50円)などのフレーバーもそろえています。

どのメニューもオーダーしてから目の前で、素材と合わせて生フローズンヨーグルトに仕上げてくれますよ。

毎年、秋に人気なのが「柿」や「洋梨」。旬の数週間しか販売されないフレーバーもあるので、その時だけの味わいを楽しんで。


ウッドベリーズ「フルーツパフェ」

本店には座って食べられるベンチがありますが、ゆったり座って楽しみたいという方は、同じく吉祥寺にあり、イートインスペースを併設する支店「ウッドベリーズマルシェ」を訪れてみて。

マルシェ店限定で人気メニューのひとつが「フルーツパフェ」。S・M・Lと3サイズあり、写真のMサイズは1,000円。オーダーしてからカットされるフルーツは、その日の旬を盛り合わせた日替わり、という贅沢さ。パフェのベースとなる「生フローズンヨーグルト」は好きなフレーバーが選べます。

マルシェ店は、吉祥寺駅北口から徒歩4分の場所にあります。



ウッドベリーズ 本店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1 井の頭ビル1F
電話番号:0422-48-3315
営業時間:12:00~22:00
定休日:年末年始
最寄り駅:吉祥寺駅




クッキー1枚から購入OK!大人が喜ぶ素朴な焼き菓子専門店/SREAMY

SREAMY 外観

吉祥寺の北側にある女子大通りはここ数年、話題を集める注目スポットのひとつ。四軒寺交差点から東京女子大までを結ぶ通り沿いには、小さなスイーツ店やカフェなどが点在し、駅からは少し離れた通りながらも、足を運ぶ人が増えています。

その中でもひときわ注目を集めているのが、2015年4月にオープンした「SREAMY(スリーミー)」。2009年から受注販売やケータリングなどを行ってきた店主のイイダクリコさんによる、焼き菓子専門店です。


SREAMY ショーケース

余計なものをそぎ落とした、素材が持つ力強さを生かしたお菓子がコンセプトの同店。特別な日を祝うキラキラしたスイーツではなく、日常に寄り添うシンプルな焼き菓子が並びます。

クッキーなどもすべて、1枚から買えるのもうれしいポイント。お散歩デートの途中で小腹を満たしたいとき、ダイエット中だけど本当に美味しいお菓子をちょっと食べたい、なんてときにも重宝します。


SREAMY 「Sreamy」(前列中央 105円)「どんぐり」(後列奥 110円)「カフェ」(後列中央 90円)「チョコサブレ」(後列手前 80円)「パルメザンチーズのサブレ」(前列奥80円)「エジプト塩サブレ」(前列手前1枚 80円)「クランブルトルテ」(右 240円)

お店の名前を冠した「Sreamy」(前列中央 105円)は、通称「コック帽」と呼ばれている名物のひとつ。ブラジルのオーガニックきび砂糖を使用するクッキーは、実はマフィンを横から見た形がモチーフなのだとか。

ほかにもスイートチョコをくるみのクッキーでサンドした「どんぐり」(後列奥 110円)、コーヒーのビターな風味を楽しむ「カフェ」(後列中央 90円)、アーモンドサブレにカカオのほろ苦さをプラスした「チョコサブレ」(後列手前 80円)など、大人が楽しい焼き菓子がそろいます。

「パルメザンチーズのサブレ」(前列奥80円)や、クミンが香る「エジプト塩サブレ」(前列手前1枚 80円)など、ビールのおつまみにも合う塩味系のクッキーは男性ファンも多いのだとか。

歯ごたえとホロホロ食感が楽しい「クランブルトルテ」(右 240円)は、ヘーゼルナッツとブルーベリージャムが相性抜群な一品です。


SREAMY 「シンプルバナナ」(手前 240円)「焼き込みフルーツタルト」(奥 420円)

また、ベイクドケーキにも定評がある同店。一番人気を誇る「シンプルバナナ」(手前 240円)はその名の通り、バナナときび砂糖の甘みをしっかり味わえる、力強くシンプルなパウンドケーキです。

今年に入り人気急上昇なのが「焼き込みフルーツタルト」(奥 420円)。二日間かけてつくられる手間暇かかった逸品で、フルーツは日によって異なるとのことなので出会いを楽しんで。



SREAMY(スリーミー)
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町2-31-12
電話番号:0422-27-5715
営業時間:12:00〜20:00
定休日:火・水・第三日曜
最寄り駅:吉祥寺駅




武蔵野と全国のうまいものが一堂に会す「武蔵野マルシェ」/東急百貨店吉祥寺店

武蔵野マルシェ 外観

2018年4月に、東急百貨店吉祥寺店3階がリニューアルし、オープンした「武蔵野マルシェ」。武蔵野エリアのお店を筆頭に、全国各地の逸品を扱うグルメ店や雑貨ショップが集うニュースポットです。

その一角には、一定期間でお店が入れ替わる限定ショップゾーンもあり。11月は西荻窪にある生活日用雑貨店「tsugumi」(11/1〜11/7)や、和歌山で明治44年創業の国産フルーツ店「観音山フルーツガーデン」(11/8〜11/14)など、話題のお店が続々と登場予定。こまめにチェックしてみて。


クリスベーカリー

武蔵野マルシェの常設店でチェックしたいお店のひとつが、府中市生まれの「クリスベーカリー」。北海道産小麦のみを使用する天然酵母の食パン専門店で、材料から健康にとことんこだわり、ショートニングやマーガリン、白砂糖を一切使いません。

オリジナル製法で焼かれたパンは独特のもちもちの食感。数日経っても固くならずにやわらかいまま美味しさが続くのも特徴です。

食パンのお店とある通り、4種類ある「食パン」(410円〜)が看板メニューですが、今回は吉祥寺散策のお供に最適なメニューをピックアップ!


クリスベーカリー 「ふすまカフェラテ」(各320円)

こちらは「ふすまカフェラテ」(各320円)。ふすまパンにカフェラテクリームを挟み、オレンジ、チョコレート、クランベリーの3種類のフレーバーをそれぞれトッピングしたスイーツパン。

“ふすま”とは、小麦外皮のこと。通常のパンに比べて大幅にカロリーが低いだけでなく、低糖質なので食後の血糖値上昇を緩和し、食物繊維とミネラルもたっぷりという、体にうれしいパンです。ボソボソしがちなふすまパンも、同店ではもっちり食感が楽しめます。


クリスベーカリー 「ハムカツサンド」(左 464円)「自家製フレンチトースト プレーン」(中央 291円)「塩バターパン」(右手前 140円)

せっかくなので食パンを使ったメニューが食べたいという方は、サンドイッチとフレンチトーストをチェックしてみて。

腹ペコな彼も大満足の、分厚いハムカツを挟んだボリューム満点な「ハムカツサンド」(左 464円)や、しっとりなめらかな食感が楽しめる「自家製フレンチトースト プレーン」(中央 291円)は、名物の角食パンを使用した大人気アイテム。

もっと手軽に同店の醍醐味を味わいたい方には、もっちりした生地にジュワッとバターが広がる「塩バターパン」(右手前 140円)もオススメ。リピーター率の高い人気メニューで、ふすまバージョンの「ふすま塩バターパン」(右奥151円)と食べ比べしても楽しいですよ♪



クリスベーカリー
場所:東急百貨店 吉祥寺店 3階 武蔵野マルシェ
電話番号:0422-21-5512
営業時間:10:00~20:00




シグナコレクション by ニキティキ 外観

雑貨の名店も軒を連ねる「武蔵野マルシェ」。Simple、Good、Naturalをテーマにヨーロッパからセレクトした「シグナコレクション by ニキティキ」は、大人カップルの日々の暮らしを豊かにしてくれる、上質で長く愛用できるアイテムが見つかるお店です。


「カフェソロ」(左 14,040円)「カフェラテタンブラー」(2客セット 5,400円)

ヨーロッパのデザイン賞を多数受賞しているデンマークのホームアクセサリーメーカーEVA SOLO(エバ ソロ)社のアイテムは、結婚や同棲を考えているカップルに大人気。

スタイリッシュなだけでなく、環境にもやさしい「カフェソロ」(左 13,697円)は、ペーパーフィルターが不要なコーヒーメーカー。同じくEVA SOLO社の「カフェラテタンブラー」(2客セット 5,400円)を合わせれば、おうちでオシャレなコーヒータイムを楽しめます♡


Ackermann(アッカーマン)「鹿革」(右側3点)「牛革」(左側4点)

ドイツの職人技が息づく「Ackermann(アッカーマン)」もまた、大人カップルにふさわしい上質な革製品ブランド。 丸みを帯びたやさしいデザインとしなやかな手触りの「PAGO(パゴ)シリーズ」は男女ともに支持されるアイテムです。

ビロードのような手触りの「鹿革」(右側3点)と、使うほどに味わいを増す「牛革」(左側4点)の2種があり、どちらも内側は外と異なる配色。

ペアルックは恥ずかしいという大人カップルも、「牛革のキーケース」(下部中央 7,992円)と「鹿革の長財布」(左上 20,520円)などを組み合わせれば、こっそりペアが楽しめちゃいますよ♡



シグナコレクション by ニキティキ
場所:東急百貨店 吉祥寺店 3階 武蔵野マルシェ
電話番号:0422-21-5400
営業時間:10:00~20:00




「Musashinoごちそうフェスタ」のイベントで武蔵野グルメをもっと堪能♪

Musashinoごちそうフェスタ

「Musashinoごちそうフェスタ」の期間中、11月23日(金・祝)には東急百貨店 吉祥寺店の北側広場で「物産・逸品市」を開催!

行列店として知られる吉祥寺の和菓子店「小ざさ」や、人気パティスリー「エスプリ・ドゥ・パリ」など、武蔵野市内の飲食・食品店や組合など16店舗が参加し、武蔵野を代表する物産や逸品の数々が並びます。

会場では、武蔵野市内の農家が作付・収穫・脱穀を行った小麦から作られた貴重な「武蔵野市産地粉」を使用した「武蔵野地粉うどん」(500円 ※販売は10:30〜限定500食)も販売。ほかにも、地産地消について考え、野菜栽培の楽しさを体験できるイベントなども実施されます。



物産・逸品市
開催日時: 11月23日(金・祝) 10:00~16:00
場所:東急百貨店 吉祥寺店 北側広場
備考:荒天中止、小雨決行




ぐるめにはしご酒

また、「Musashinoごちそうフェスタ」参加店の一部で 11月8日(木)〜23日(金・祝)に開催される、超お得な食べ歩きスタンプラリー「ぐるめにはしご酒」にも注目!

「ぐるめにはしご酒」参加店では「自慢逸品+1ドリンク」がワンコイン(500円)で提供されます。「ぐるめにはしご酒」の参加店で3つのスタンプを集めると、とても貴重な「むさしの地粉うどん」を先着300名にプレゼント!(※武蔵境・三鷹・吉祥寺エリアの参加店の内、2エリア2店舗以上のスタンプが必要。同じ店で3つのスタンプは不可)


ぐるめにはしご酒
開催日: 11月8日(木)〜23日(金・祝)
お問い合わせ:0422-22-3631(武蔵野商工会議所・Musashino ごちそうフェスタ実行委員会)




まとめ

まだまだ知られざる魅力を秘めた武蔵野市内。過去最大の約500店が参加する「第14回 Musashinoごちそうフェスタ」なら、おでかけするたびに新たな魅力に出会えちゃいます。

グルメ以外も見どころが満載の街・吉祥寺。秋の休日は、二人で美味しい武蔵野散歩にでかけてみませんか?



第14回 Musashinoごちそうフェスタ
開催期間:11月1日(木)〜11月30日(金)
問い合わせ: 0422-22-3631(武蔵野商工会議所・Musashinoごちそうフェスタ実行委員会)
最寄り駅:吉祥寺/三鷹/武蔵境
>>>詳細はこちら(外部サイト)




取材・文/君島有紀
情報提供/武蔵野商工会議所

※2018年11月1日時点の情報です。内容、メニュー、価格等は変更になる場合があります。
※価格はすべて消費税込です。





東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

吉祥寺 の関連記事