2018/3/1 17:30

梅の花が連れてくるものは?【ゆるむおでかけ】

 

冷たい風を避けて俯いていた顔を上げてみれば、春はすぐそこにやってきていた。柔らかにほころぶ梅の花は、その優雅な色付きと穏やかな香りで目も心も満たし、そっと気持ちを解きほぐしてくれる。忙しない毎日だからこそ、あっという間に移り行く、この繊細な季節を感じに出かけよう。

湯島天神2018 梅まつりデート


3月、風はまだまだ冷たい。

ここ数年、夏がとにかく長く感じる。早く涼しくなってくれと願っていたら、急に冷え込んであっという間に冬を迎え、雨がまた夏を連れてくる。

二人の休みが久しぶりにそろった日。見落としがちな季節を探しに、少し足を伸ばしてみようか。



春を見つけに

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

湯島天神梅まつり2018

雨が次の季節を連れてくるように、梅の花が春の日差しを誘い出す

趣きある空間にゆったりと満ちる春の予感。これからさらに陽が伸びて、春本番がやってくる。

きょうは「まだ少し寒いね」と近づいて、大切な人の温もりを感じてみる。これも春先ならではの楽しさだ。



上品に咲き誇る梅を愛で、ゆるやかに流れる時を楽しむ/湯島天満宮(湯島天神)

湯島天神梅まつり2018

学業の神様として名高い「湯島天満宮(湯島天神)」は、約300本もの梅の花が咲き誇る“梅の名所”としても親しまれている。

2018年の「梅まつり」は3月8日(木)までの開催。

期間中は伝統ある湯島天神白梅太鼓や、おはやしなどの演芸が奉納されるほか、夕暮れどきからライトアップも行われる。

春を感じながら二人で梅見に巡れば、ゆったりとした心地良い時間を楽しめるだろう。


湯島天神梅まつり 2018
開催期間:開催中~ 2018年3月8日(木)
入園料:無料


湯島天満宮(湯島天神)
住所:東京都文京区湯島3-30-1
電話番号:03-3836-0753
参拝時間 8:00~19:00
定休日:なし
最寄駅:御徒町/上野御徒町/上野広小路/湯島/京成上野



山口賢人さん 向井明美さん

■Model
(左)山口 賢人/Yamaguchi Kento

10月12日生まれ 東京都出身。2009年から舞台を中心に活動。
Twitter: @kentyamaguchi11


(右)向井 明美/Mukai Akemi

大学のミスキャンパス・ファイナリストらで構成される女子大生ユニット「キャンパスクイーン」メンバー。モデルなどで活躍中。
Instagram: @cq_akemi_m



取材/酒井明子

※2018年3月1日時点の情報です。内容等は変更になる場合があります。



同じテーマの記事をもっと見る

「ゆるむ」おでかけ



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 上野 の関連記事

まったり + 上野 の関連記事