2017/10/5 17:30

【オトナの夜の二軒目は】暗証番号を知らないと入れない!?一軒家バーへ!夜デートを格上げする隠れ家に潜入

 

都心の閑静な住宅街の一角にある「サイタブリアバー」。一見すると入口もなく、暗証番号を知らなければ、入店することも出来ない、知る人ぞ知る大人の隠れ家です。そんなお忍び感たっぷりなバーは、大人の夜デートにピッタリ!隠れ家の中はどうなっているのか、めくるめく超ラグジュアリーな世界に潜入してみました。

あらかじめ知らないと、絶対に(!?)たどり着かない秘密の入口

サイタブリアバー

「サイタブリアバー」があるのは、大通りから1本奥へ入った西麻布の閑静な住宅街。最寄り駅の表参道駅からも、六本木駅からも、徒歩10分以上と、ひっそりとした場所に佇んでいます。お店は緑に囲まれた一軒家。

入口を探してみると、「ここだろうか…」という灯りがついた玄関風の場所がありますが、違います。ここは裏口。


入口

本物の入口はコチラ。建物を彩る緑に囲まれた隙間にあります。なんと分かりづらく、素晴らしい怪しさに包まれているのでしょう!

小さな階段を下りると、右手にセンサーが。そこを通ると、左手に細い隠し扉がピシャッと開き、電子キーが姿を現します。


電子キー

こちらが近未来的な色の壁に備えられた電子キー。この徹底した秘密基地らしさに、入店前から、女子のテンションは上がりっぱなしになるはず。

訪れる時は、電話予約をお忘れなく。店内に入るための暗証番号は、予約時に教えてもらえます。毎日変わる暗証番号を入力してスマートに入店すれば、彼女もうっとりするはず♡




まるで別世界!非日常の超ラグジュアリーな空間とサービス

店内

中へ入って、秘密めいた細い階段を上ると、そこは薄暗く、大人カップルの夜にピッタリで、ムード抜群。調度品はニューヨークで買い付けたもので、ただならぬ高級感が漂っています。

入った瞬間は、ちょっと緊張してしまうかもしれませんが、スタッフがさり気なくエスコートしてくれますので、ご安心を。


バーカウンター

2階へ上がると、漆黒の艶やかなバーカウンターが現れます。ドリンクはワインやウィスキーなど常時600種類以上のラインナップ。初めて訪れるなら、バーテンダーの腕が光るカクテルを。

カクテルの多くはメニューに書かれておらず、「甘め」「フルーツ系」など、好みを伝えると、その時の雰囲気や会話を参考にして、ピッタリの1杯を作ってもらえます。




シャンデリアの輝きに見惚れながら、おしゃれな本格カクテルで乾杯

モヒート

この日はお店定番のカクテル2杯を作ってもらいました。


モヒート

一つはバーテンダーによって大きく個性が出る「モヒート」(1,650円)で、特に女性にオススメなのだとか。

本場キューバ産「ハバナクラブ3年」のホワイト・ラム酒をベースに、炭酸水、ライム、そして、味の決め手となるミントがたっぷり。砂糖は控えめで、アルコールの強さをほどよく感じるフレーバーです。


キューカンバーマティーニ

二つ目は、カクテルの王様マティーニの進化系「キューカンバーマティーニ」(1,650円)。スライスしたきゅうりを二晩ほどつけ込んだウォッカをべースに、マスカットのようなフレッシュさが感じられるハーブドリンク「エルダーフラワー」をプラスしています。

きゅうりが、こんなにおしゃれに…という驚きとともに、ひと口飲んでみると、独特の爽やかな香りに驚き!瑞々しく、すっきりとした味わいです。

こんな素敵なカクテルでほろ酔いになったら、二人の距離もより近づきそう。


ソファ席

カウンター席もいいけど、二人でゆっくりするなら、1階のソファ席や2階のテーブル席がイチオシ。建物内は吹き抜けになっており、これ以上ないほどの特別感を演出してくれます。


テーブル席

シャンデリアのキレイな光の横で、カクテル越しにいつまでも二人で見つめ合っていたくなるかも♡

この他にも、3階には天井裏のような貸切り部屋(室料2万円)、1日1組限定で六本木の夜景が一望できるプール付きの屋上席(予約不可で運が良ければ利用できる)も用意されています。




料理は『ミシュランガイド東京 2017』で二つ星に輝いた「レフェルヴェソンス」のシェフが監修

進化し続けるフライドポテト

また、バーなので軽いおつまみが中心ですが、パスタや肉料理など、フードメニューも用意されています。料理は『ミシュラン東京 2017』で二つ星に輝いた名店「L’Effervescence(レフェルヴェソンス)」のシェフ・生江史伸さんが監修。

人気の「進化し続けるフライドポテト」(1,200円)は、どんなお酒にもマッチ。季節ごとに変わるじゃがいもを3種類ほど揚げ、シンプルにお塩や自家製マヨネーズと合わせます。これを求めてやってくるお客さんも多いのだとか。


ブルーチーズとルッコラのクリームペンネ

小腹が減っている時には、「ブルーチーズとルッコラのクリームペンネ」(1,800円)をぜひ。フランス中部の山岳地帯オーヴェルニュでつくられる濃厚なブルーチーズ「フルム・ダンベール」をたっぷり使った逸品で、ついついワインが進んじゃうかも。

空間、おもてなし、お酒、料理と、すべて最上級の贅沢が詰まった隠れ家バー。これほど徹底して上質で秘密めいた場所を知っているだけで、恋人からの評価もぐっと上がりそう。

記念日はもちろん、ディナーの後、さらりと二軒目に訪れれば、付き合いたてのカップルは急接近、ちょっとマンネリ気味のカップルは、きっと再び燃え上がること間違いありません!



サイタブリアバー
住所:東京都港区西麻布2-26-4
電話番号:03-5469-5777
営業時間:20:00~深夜
定休日:日曜・祝日
最寄り駅:表参道/六本木


取材・文/上浦未来
※2017年10月5日時点の情報です。価格、内容等は変更になる場合があります。



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

おしゃれ + 表参道 の関連記事

特別 + 表参道 の関連記事