2018/7/5 15:37

今年も開催!大人のデートを格上げする「アートアクアリウム2018」で涼やかな夏を満喫

 

毎年大人気の水族アート展覧会「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム」が、2018年7月6日(金)より開催されます。今年は “真の日本”がコンセプト。金魚に加えて、錦鯉を中心とした魚が優雅に泳ぐ姿を観賞できます。恋人と二人で、幻想的な和の水族世界を体験して、涼感たっぷりのデートを楽しんでみて。

和の風情を堪能!涼やかな日本の夏が楽しめる人気イベントが今年も開催!

日本橋ナイトアクアリウム1

2017年には、800万人以上の人が訪れた水族アート展覧会「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム」。2018年は7月6日(金)~9月24日(月・休)に、「日本橋のコレド室町1」5階の日本橋三井ホールにて開催されます。



日本橋ナイトアクアリウム2

※過去作品「超・花魁」と「テマリリウム」


日本橋ナイトアクアリウム3

※過去作品「プリズリウム」

江戸時代より夏の風物詩として親しまれてきた「金魚」をテーマに、アートアクアリウム アーティストの木村英智氏が手掛けるこちらの展覧会。



日本橋ナイトアクアリウム4

※過去作品「プリズリウム」

日本橋ナイトアクアリウム5

※過去作品「ビョウブリズム」

2018年で12年目を迎える、東京の夏の代表的イベントです。



日本橋ナイトアクアリウム6

※東京会場 展示予定作品「アースアクアリウム・ジャポニズム」

2018年の日本橋会場コンセプトは“真の日本”。金魚や錦鯉を中心とした合計約8,000匹の観賞魚が、二人をおもてなししてくれますよ。

特に注目したいのが、地球をイメージした直径1.5mの球体の水槽を錦鯉が乱舞する「アースアクアリウム・ジャポニズム」。日本で昔からその美しさで親しまれてきた錦鯉が織り成す、煌びやかな光景に、きっとうっとり♪



日本橋ナイトアクアリウム7

※東京会場 展示予定作品「超・花魁」

また例年、大好評の「超・花魁」も展示予定。約3,000匹の金魚が舞い泳ぐ「アートアクアリウム」史上最大の作品は、そのスケールに圧倒されるはず!



日本橋ナイトアクアリウム8

※2018年新作「天井金魚(仮称)」(CGイメージ)

本邦初公開の作品もラインナップ。「天井金魚(仮称)」は、かつて江戸の豪商がガラスの水槽を天井に作り、金魚を見上げて観賞していたという逸話を現代に再現した作品。

他にも屏風をモチーフにしたアクアリウムに、日本美術史の移り変わりを表した映像を投影した幅約5.4m「巨大屏風絵図(仮称)」など、日本の夏の風情をたっぷり堪能することができます。

また、19時からスタートするナイトアクアリウムでは、国内外で話題のDJプレイやジャズバンドのライブ、祇園の舞妓・芸妓による京舞、大衆演劇の花魁ショーを日によって開催予定。普段なかなか見ることができないスペシャルなステージは一見の価値あり!



日本橋ナイトアクアリウム9

※2017年 東京会場の展示風景

同イベントは室内開催のため、猛暑や雨の日でも快適に過ごせることも魅力のひとつ。

日本の伝統的な美を感じる幻想的な水族世界を、恋人とゆったり&快適に堪能してみてはいかが?




ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2017 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム

開催場所:東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 5F(入口4F) 日本橋三井ホール
開催期間:2018年7月6日(金)~2018年9月24日(月・休)
開催時間:11:00~23:30(最終入場 23:00) アートアクアリウム:11:00~19:00、ナイトアクアリウム:19:00~23:30
電話番号:03-3270-2590(2018年7月6日(木)~2018年9月24日 (月・祝)10:30~20:00)
料金:一般(中学生以上)1,000円 、子ども(4歳~小学生)600円、3歳以下 無料※小学生以下保護者要同伴
最寄駅:新日本橋/三越前



※2018年7月6日時点の情報です。価格や料金など、内容は変更になる場合がございます。



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事

定番 + 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事