2018/5/30 17:01

東京都内の紫陽花(あじさい)の名所&まつり11選【2018】

 

雨の日が多くなるこの時期は、「あじさい」が見ごろを迎えています。今回は大人カップルのデートにピッタリな日本庭園に咲き誇るあじさいや、ライトアップされた幻想的なあじさいなど、東京都内のあじさい名所を紹介。しとしと降る雨と美しいあじさい…この季節ならではの風情のあるデートを楽しんで。

【1】上野恩賜公園/あじさいに縁取られた不忍池で、のんびり散策デート

上野恩賜公園

美術館や博物館も多く、大人デートにぴったりの上野。知的好奇心を満たした後は、上野恩賜公園内の不忍池の方に足をのばしてみて。

あじさいを見ながらゆっくり散策できるので、普段忙しい二人も散策しながらゆっくりおしゃべりできます、また、蓮池のほとりにもあじさいが咲くので、水面を覆う蓮の葉と色とりどりの花を咲かせるあじさいの対比を楽しむのもおすすめ。

2018年6月9日(土)・10日(日)には「サルサストリートフェスティバル」、2018年6月21日(木)~2018年6月24日(日)には「台湾フェスティバル®TOKYO 2018」などのイベントも開催しています。ふらりと立ち寄れば、異文化との素敵な出会いがあるかも?



上野恩賜公園(上野公園)
住所:東京都台東区上野公園・池之端三丁目
電話番号:03-3828-5644(上野恩賜公園管理所)
最寄り駅:上野
例年の見ごろ:6月中旬~7月上旬
種類:アジサイ、ガクアジサイなど約700株




【2】旧芝離宮恩賜庭園/歴史好きカップルのおすすめ!大名庭園で日本古来の「青」を堪能

旧芝離宮恩賜庭園

画像提供:公益財団法人東京都公園協会


ゆったりと庭園散策を楽しむなら、現存する中で最も古い大名庭園のひとつ、「旧芝離宮恩賜庭園」がおすすめ。典型的な回遊式泉水庭園として作られており、池を中心とした地割りや勇壮な石組みが見どころです。

池のほとりに咲くあじさいは、日本固有の品種である「ガクアジサイ」。日本の土壌が酸性のため、昔のあじさいは青色だけだったそう。濃い藍色から淡い水色まで繊細な青色がそろうあじさいを堪能し、二人で江戸の暮らしに思いを馳せてみては。

花が手まりのように集まった可憐なホンアジサイのほか、あじさい以外にも色鮮やかなハナショウブ、ユリに似たインドハマユウなども開花の季節を迎えます。浜松町駅から徒歩1分とアクセスも良く、ふらりと立ち寄りやすいのも魅力です。



旧芝離宮恩賜庭園
住所:東京都港区海岸1-4-1
電話番号:03-3434-4029
営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
定休日:なし(年末年始12月29日~1月1日)
入園料:一般 150円、65歳以上 70円 ※小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料
最寄り駅:浜松町/大門
例年の見ごろ:5月下旬~6月中旬
種類:ガクアジサイ、ホンアジサイ




【3】浜離宮恩賜庭園/伝統的な日本庭園でお抹茶とアジサイを愛でるほっこり和デート

浜離宮恩賜庭園

画像提供:公益財団法人東京都公園協会


海水の池“潮入の池”を、江戸時代から続く庭園では都内で唯一有する「浜離宮恩賜庭園」。その池のほとりを彩るガクアジサイ、水上バス発着場のヤマアジサイなど、さまざまな品種のあじさいを園内各所で見ることができます。


浜離宮恩賜庭園

画像提供:公益財団法人東京都公園協会


例えば、花木園にはピラミッド型の花が特徴の「カシワバアジサイ」、水上バス発着場には花火のような星型の花が可愛らしい「スミダノハナビ」などのあじさいが咲いています。開花時期が異なるため、比較的長く楽しめますよ。

池の中島にある「中島の御茶屋」で期間限定のお抹茶セットをいただきながら、水辺の緑や花々を堪能するのもオススメです。



浜離宮恩賜庭園
住所:東京都中央区浜離宮庭園1-1
電話番号:03-3541-0200 (浜離宮恩賜庭園サービスセンター)
開園時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
定休日:なし(年末年始12月29日~1月1日)
入園料:一般 300円、65歳以上 150円 ※小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料
最寄り駅:築地市場/新橋/汐留
例年の見ごろ:5月中旬~6月中旬
種類:ヤマアジサイ、カシワバアジサイ、タマアジサイ、ホンアジサイ、スミダノハナビ、ガクアジサイなど約7品種175株




【4】白山神社/「文京あじさいまつり」で、貴重な“富士塚”を限定公開

白山神社

画像提供:文京区


約20品種・3,000株のあじさいが白山神社の境内から白山公園にかけての一帯を美しく彩る「文京あじさいまつり」は、文京花の五大まつりのひとつ。会期中のみ公開される「白山神社古墳」、通称・富士塚の登り階段の両脇に咲く鮮やかなあじさいは必見です。

期間中の土日には「紫陽花コンサート」や「あじさいの写生会」、歯痛止め信仰で有名な白山神社ならではの「歯ブラシ供養」などのイベントも。模擬店も並び、和の情緒あふれるデートが満喫できます。


白山神社

画像提供:文京区


縁結びや恋愛成就のご利益があることでも知られる白山神社。あじさい観賞をして、お参りすれば、気になる男子との仲も発展するかも!?


白山神社
住所:東京都文京区白山5-31-26
電話番号:03-3811-6568
最寄り駅:白山/本駒込

第34回文京あじさいまつり(白山神社・白山公園)
開催期間:2018年6月9日(土)~6月17日(日)
時間:イベント内容により異なる ※詳細は文京区のホームページをご確認ください
お問合せ:03-5803-1941(文京区観光インフォメーション)
料金:入場無料
例年の見ごろ:6月上旬~6月中旬
種類:アジサイ、ガクアジサイ、ウズアジサイなど、約20種約3,000株




【5】飛鳥山公園/二人の距離が急接近!あじさいが彩る「飛鳥の小径」

飛鳥山公園

江戸時代から花見の名所として親しまれてきた「飛鳥山公園」。春は桜とツツジ、そして梅雨時期にはあじさいの名所としてにぎわいます。

あじさいスポットは公園の北側、線路沿いに約350メートルほど続く「飛鳥の小径(あすかのこみち)」。ずらりと並ぶあじさいはまさに壮観!約1,300株のあじさいに彩られた細い道を寄り添って歩けば、二人の距離もぐっと縮まりそうです♡

公園内には、ユニークな「紙の博物館」をはじめ、3つの博物館があります。季節の風情を味わいながら、知的好奇心も満たすことができそうです。


飛鳥山公園
住所:東京都北区王子1-1-3
電話番号:03-3908-9275(北区道路公園課公園河川係)
最寄り駅:王子/王子駅前/飛鳥山
例年の見ごろ:6月上旬~6月下旬
種類:タマアジサイ、ガクアジサイ、セイヨウアジサイなど1,300株




【6】台東区立隅田公園/東京スカイツリー®とあじさいを背景にパシャリ

台東区立隅田公園

画像提供:台東区


隅田川沿いの台東区立隅田公園は、浅草や蔵前などのエリアで下町デートをするならぜひ立ち寄りたいあじさいスポット。吾妻橋から桜橋まで続く約2kmの遊歩道は「あじさいロード」と呼ばれ、ホンアジサイ、ウズアジサイなど、さまざまな種類のあじさい約6,000株を見ることができます。

また、隅田川花火大会の本会場でガクアジサイの品種である「スミダノハナビ」を愛でるのも、趣深い楽しみ方と言えそう♪


台東区立隅田公園

画像提供:台東区


言問橋(ことといばし)付近では、東京スカイツリー®をバックにあじさいの写真が撮れますよ。ちょっとした東京観光気分で、二人の梅雨デートの記念をSNSにポストするのも楽しそう。


台東区立隅田公園
住所:東京都台東区花川戸1-1、花川戸2-1、浅草7-1
電話番号:03-5246-1321(台東区公園課)
最寄り駅:浅草
例年の見ごろ:6月中旬~6月下旬
種類:ホンアジサイ・ガクアジサイ(隅田の花火)・アナベルなど約10種約6,000株




【7】としまえん/あじさい祭りも開催中!遊園地デートでアクティブに

としまえん

遊園地デートを楽しみながら、あじさいも観賞できる「としまえん」。園内の北側のあじさい園には、約150品種・10,000株ほどのあじさいが咲き誇ります。アメリカ原産の白いあじさい「アナベル」、八丈島原産で可憐な花を咲かせる「八丈千鳥」など、さまざまな品種が楽しめますよ。

2018年6月25日(月)までは「としまえん あじさい祭り」を開催中。開催期間の前半は山あじさい、後半は園芸あじさいが咲き、時期によって異なる表情を見せてくれるのも魅力です。あじさい園に沿って走る模型列車「あじさい号」に、彼と一緒に乗車するのも楽しそう♪


としまえん

2018年6月2日(土)~24日(日)の土曜・日耀には「あじさいナイト」を開催。17:00以降の入園料が300円になるほか、日没後のライトアップも。しっとりロマンチックなひとときに浸ってください。


としまえん
住所:東京都練馬区向山3-25-1
電話番号:03-3990-8800
営業時間:10:00~17:00 ※あじさいナイト開催日は~19:30(雨天中止)
定休日:火曜・水曜 ※あじさい園は会期中無休
料金:入園料 大人(中学生以上)1,000円、子供(3才~小学生)500円 ※あじさいナイト開催日(17:00~)は、大人・子供ともに入園料300円
最寄り駅:豊島園

としまえん あじさい祭り2018
開催期間:2018年5月26日(土)~2018年6月25日(月) ※あじさいナイトは6月2日(土)~24日(日)の土日に開催
例年の見ごろ:6月上旬~6月下旬
種類:エンドレスサマー、ジャパーニュミカコ、十二単など150品種10,000株




【8】わんダフルネイチャーヴィレッジ・あじさい園(東京サマーランド)/純白の絶景を二人で

わんダフルネイチャーヴィレッジ・あじさい園(東京サマーランド)

二人で広々とした大自然と触れ合うことができるのが、東京サマーランドに隣接する「わんダフルネイチャーヴィレッジ」の「あじさい園」。約3万平方メートルのゆるやかな丘陵に咲く約60品種・15,000株のあじさいは、迫力の美しさ!

ここだけの絶景として名高いのは、純白の貴重種・アナベルが山の傾斜一面を埋め尽くす「アナベルの雪山」と呼ばれるエリア。雪山のように真っ白に咲き広がるあじさいは、展望台から眺めることができます。

純白のアナベルとピンクアナベルが両脇に咲くフォトジェニックな散策路では、素敵なツーショットが撮影できそう♪


わんダフルネイチャーヴィレッジ・あじさい園(東京サマーランド)

2018年6月16日(土)・17日(日)、23日(土)・24日(日)の4日間は、先着300名に苗木の無料配布や、大多摩地域の特産市なども開催。足湯も設置されるので、散策後にほっと一息付きに立ち寄ってみて。


わんダフルネイチャーヴィレッジ・あじさい園(東京サマーランド)
住所:東京都あきる野市上代継600
電話番号:042-558-5861
営業時間:平日 10:00~17:00、土日 9:00~17:00
定休日:木曜 ※あじさい観賞期間中は無休
料金:入園料 おとな(中学生以上)600円、こども(小学生)300円
※犬連れの場合は別料金になります。入園は「わんダフルネイチャーヴィレッジの入園口」となります
※犬の入園には1年以内の狂犬病予防接種注射済の証明と三種以上の混合ワクチン予防接種証明書が必要です
最寄り駅:秋川/八王子

第44回「あじさい観賞」
開催期間:2018年6月9日(土)~2018年7月8日(日)
例年の見ごろ:6月中旬~7月中旬
あじさいの種類:アナベル、ピンクアナベル、テマリアジサイ、ガクアジサイなど60品種15,000株




【9】京王百草園/見晴台から望む東京のランドマークと多彩なあじさいで大人のデート

京王百草園

多摩丘陵の一角にある「京王百草園」は、梅の名所としても名高い日本庭園。豊かな自然に囲まれ、季節ごとに美しい花々が咲き乱れます。天気が良い日なら筑波山や富士山、園内の見晴台からは新宿副都心や東京スカイツリー®を望むこともできます。


京王百草園

あじさいの見頃は例年6月中旬からですが、今年は少し早まりそう。5月中旬から、約500株のあじさいが次々に開花を始めています。ピンクの八重咲き「スターマイン」、萼片が内側に丸まって渦を巻いているように見える「ウズアジサイ」、純白の「アナベル」など、色も形もバリエーション豊か。

茅葺屋根の古民家や秋田杉で作られた茶室など、和の風情が味わえる庭園で、落ち着いた雰囲気のデートが楽しめそうです♡


京王百草園(けいおうもぐさえん)
住所:東京都日野市百草560
電話番号:042-591-3478
営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜
入園料:大人 300円、子人 100円
最寄り駅:百草園
例年の見ごろ:6月中旬~6月下旬
種類:西洋アジサイ、アナベル、カシワバ、コアマチャ、シチヘンゲなど500株
※園内の詳しい開花状況は京王百草園HPをご覧ください




【10】南沢あじさい山/1万本のあじさいに彩られた山でハイキングデート

南沢あじさい山

日頃の運動不足が気になるカップルは、ちょっと遠出をして初夏のハイキングを楽しんでみませんか?

あきる野市の深沢地区には、あじさいの開花時期に期間限定でオープンする「南沢あじさい山」があります。今年は2018年6月9日(金)から開園、2018年7月16日(月・祝)まで園内の散策が楽しめますよ。


南沢あじさい山

武蔵五日市駅からは徒歩40分程度と、二人でのんびりハイキングするのにちょうど良い距離。山深い林道を彩り、木々を覆うようにしてあじさいが咲く景色は幻想的!清々しい雰囲気を彼と一緒に堪能できそうです。

自治体管理の公園ではなく、土地の所有者である南沢さんが約50年にわたって作り上げた場所だというのも驚きです。

知る人ぞ知るあじさいスポットで、心も体も癒されてみませんか?


南沢あじさい山
住所:東京都あきる野市深沢368
電話番号:090-5540-9100 (担当:高水)
最寄り駅:武蔵五日市

南沢あじさい山の開園情報
開催期間:2018年6月9日(金)〜2018年7月16日(月・祝)
時間:8:00~18:00
料金:入山拝観料 大人(中学生以上)500円、小人(小学生以下)300円、駐車場 普通車 500円・二輪車 300円
例年の見ごろ:6月上旬~6月下旬
種類:ヤマアジサイなど約10,000株




【11】高幡不動尊金剛寺/東京でプチトリップ♪お遍路さん気分で楽しむ、山間のあじさい巡り

高幡不動尊金剛寺

約2万点に及ぶ貴重な文化財を保有し、また新選組・土方歳三の菩提寺としても有名な「高幡不動尊金剛寺」。

毎年6月にはあじさいまつりが開催される、都内有数のあじさいスポットです。すでに開花を迎えているヤマアジサイに続き、約250品種・7,500株のあじさいが境内全域で咲き始めます。


高幡不動尊金剛寺

「高幡不動尊あじさいまつり」は今年で35回目。期間中は「奥殿特別寺宝展」および「鳴り龍拝観」、「茶庭拝観」など、さまざまなが催しが開催されます。2018年6月10日(日)にはリサイクルフリーマーケットなどのイベントも。

四国八十八ケ所巡拝を模した「高幡不動尊 山内八十八ケ所巡拝路」は、山間に咲くあじさいを楽しむのにも最適なコース。彼と一緒にお遍路さん気分が味わえますよ♪


高幡不動尊金剛寺
住所:東京都日野市高幡733
電話番号:042-591-0032
最寄り駅:高幡不動

第35回高幡不動尊あじさいまつり
開催期間:2018年6月1日(金)~2018年7月7日(土)
時間:7:30~17:00(護摩受付)/9:00~16:00(奥殿・大日堂・拝観)
料金:拝観料 奥殿 300円、大日堂 200円
例年の見ごろ:6月上旬~7月上旬
種類:全国の山アジサイ、自生の山アジサイ、アジサイ、ガクアジサイなど約250種約7,500本



●花の名所情報がもっと欲しい方はこちら!


取材・文/根本暖子

※2018年5月30日時点の情報です。価格や内容など、情報は変更になる場合がございます。

東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 汐留・新橋 の関連記事