2019/4/22 17:00

5/4「みどりの日」は人気スポットが入場無料!動物園、水族館etc.お得な東京0円デート10選

 

5月4日は「みどりの日」。実はこの日は、上野動物園や葛西臨海水族園など東京の人気施設が入場無料になるんです!今回は人気の動物園から水族館、歴史ある庭園まで、2019年の「みどりの日」に無料で楽しめる10施設をご紹介。お得な無料デーに合わせて、楽しいGWデートに出かけてみては?

01.【恩賜上野動物園@上野】パンダだけじゃない!約350種類の動物たちに癒される

恩賜上野動物園

▲写真提供:(公財)東京動物園協会


動物好きのカップルなら、「恩賜上野動物園」は外せません!こちらで見られる動物は、なんと約350種類。ジャイアントパンダだけでなく、ユーラシアカワウソやオグロプレーリードッグなど小さくてキュートな動物から、ニシゴリラやスマトラトラなどの珍しい動物まで、バラエティー豊かな動物たちに出合えます。

園内には、日本初の常設モノレールやサル山、国重要文化財に指定されている「旧寛永寺五重塔」といった見所も点在。歴史を感じるスポットを二人で探してみるのも、面白そうですね♪


恩賜上野動物園
住所:東京都台東区上野公園9-83
開園時間:9:30~17:00(最終入園は16:00)
※2019年4月29日(月・祝)~5月5日(日・祝)は9:30~18:00(最終入園は17:00)
休園日:月曜(月曜が祝日・振替休日・都民の日にあたる場合はその翌日)、年末年始
入園料:一般 600円、65才以上 300円、中学生 200円 ※都内在住・在学の中学生と小学6年生までは無料
最寄り駅:根津/京成上野/上野



02.【新宿御苑@新宿】新宿のど真ん中で豊かな緑に囲まれるほっこりデート

新宿御苑

▲写真提供:環境省新宿御苑管理事務所


緑に囲まれて癒しのひとときを過ごしたいというカップルには、「新宿御苑」がオススメ。約18万坪(東京ドーム約12個分)の広大な園内には、四季折々の草花が咲いています。5月にはバラやサツキが見頃を迎え、綺麗な花々を観賞することができますよ。

また、芝生が気持ちよい風景式庭園、プラタナスの並木が美しい整形式庭園、池泉回遊式の日本庭園と、異なる様式の庭園が融合しているのも魅力。雰囲気の違う庭園をのんびり巡りながら、二人のお気に入りスポットを見つけてくださいね♪


新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11
開園時間:3月15日~9月30日 9:00~17:30(閉園18:00)※7月1日~8月20日 9:00~18:30(閉園19:00)、10月1日~3月14日 9:00~16 :00(閉園16:30)
休園日:月曜(※月曜が祝祭日の場合は翌平日)、年末年始
入園料:一般 500円、65才以上 250円、学生(高校生以上)250円(※学生証の提示が必要)※中学生以下は無料
※酒類持込禁止、遊具類使用禁止(こども広場除く)
最寄り駅:新宿御苑前/千駄ヶ谷/新宿三丁目



03.【葛西臨海水族園@葛西】ロマンチックな巨大ガラスドームの水族館へ

葛西臨海水族園

地上30.7mもの大きく美しいガラスドームが特徴的な「葛西臨海水族園」。こちらでは、マグロやペンギン、クラゲなど600種類を超える世界の海の生き物が展示されています。

見どころは、クロマグロが泳ぐドーナツ型の大水槽「アクアシアター」。大きな水槽をスイスイ泳ぐマグロの姿は圧巻です!また、フンボルトペンギンやフェアリーペンギンなど150羽を超えるペンギンを観察できる、国内最大級のペンギン展示施設も見もの。ペンギンたちのマイペースな姿に、思わず笑みがこぼれてしまいます♡

動物の生態を解説してもらえる「スポットガイド」や「エサの時間」もあるので、その時間を狙って回るのもオススメですよ。


葛西臨海水族園
住所:東京都江戸川区臨海町6-2-3
開園時間:9:30~17:00(最終入園は16:00)
※2019年4月29日(月・祝)~5月5日(日・祝)は9:30~18:00(最終入園は17:00)
※ゴールデンウィーク中は混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください
休園日:水曜(水曜が祝日・振替休日・都民の日にあたる場合はその翌日)、年末年始 ※2019年5月1日(水・祝)は開園
入園料:一般 700円、65歳以上 350円、中学生 250円 ※都内在住・在学の中学生(※生徒手帳の提示が必要)と小学生以下は無料
最寄り駅:葛西臨海公園



04.【国立科学博物館 附属自然教育園@白金台】お弁当を持って出かけたい緑豊かな都会のオアシス

国立科学博物館 附属自然教育園

白金台にある「国立科学博物館 附属自然教育園」は、天然記念物及び史跡に指定されている、都会のオアシス。約6万坪(東京ドーム4個分)もの広々とした園内には、武蔵野植物園、水生植物園、路傍植物園の3つの植物園が。どこを切り取っても緑豊かな空間のなかに、池や小川もあり、ここが東京であることを思わず忘れてしまいそう。

季節の花も見どころの一つで、GW頃には、水生植物園で鮮やかな紫色のアヤメやカキツバタが見頃を迎えます。ベンチもたくさん用意されているので、お弁当を作ってピクニックをするのも◎。清々しい気持ちでデートができそうです♡


国立科学博物館 附属自然教育園
住所:東京都港区白金台5-21-5
開園時間:9月1日~4月30日 9:00~16:30(最終入園は16:00)、5月1日~8月31日 9:00~17:00(最終入園は16:00)
休園日:月曜(月曜が祝日・振替休日にあたる場合はその翌日)、祝日の翌日(祝日の翌日が土・日曜にあたる場合は開園)、年末年始
※2019年5月の休園日は7日、13日、20日、27日
入園料:一般・大学生 310円 ※65歳以上、18歳未満は無料(年齢が分かる証明書等の提示が必要)
最寄り駅:白金台/目黒



05.【神代植物公園@調布】園内の樹木は約4,800種類!植物公園でボタニカルデート

神代植物公園

花に興味のあるカップルにイチオシなのが、調布にある「神代植物公園」。日本を代表する植物公園として知られ、園内には約4,800種類、10万本・株もの樹木が植えられています。

「ばら園」や「うめ園」など、植物の種類によって30ブロックに分かれており、GWの時期には「つつじ園」が見頃に。110品種12,000株のツツジが、正門付近から池の周辺にまで広がる様子は、思わずうっとりしてしまう美しさ♡

みどりの日には、植物を販売する露天やキッチンカーなどが登場する「グリーンマルシェ」を開催。吹奏楽などのコンサートも予定されているので、そちらもお楽しみに♪また、園内の売店では、「薔薇のソフトアイス」(400円)や「薔薇珈琲」(400円)など、植物園ならではのメニューもラインナップ。五感で花の魅力を体感してみてくださいね。


神代植物公園
住所:東京都調布市深大寺元町5-31-10
開園時間:9:30~17:00(最終入園は16:00)
休園日:月曜(月曜が祝日にあたる場合はその翌日)、年末年始
入園料:一般・大人 500円、65歳以上 250円、中学生200円 ※都内在住・在学の中学生と小学生以下は無料
最寄り駅:調布/三鷹/つつじヶ丘



06.【井の頭自然文化園@吉祥寺】かわいい小動物と触れ合って笑顔溢れるひとときを

井の頭自然文化園

吉祥寺の「井の頭恩賜公園」の一角にある、「井の頭自然文化園」。自然豊かなこちらでは、本園の「動物園」と、分園の「水生物園」の2つのゾーンを楽しめます。

「動物園」には、モルモットと触れ合えるコーナーや、放し飼いのリスを間近に見られる「リスの小径」など、動物好きにたまらないスポットが満載。動物たちを抱っこしたり、写真を撮ったりすれば、付き合いたてのカップルでも自然と盛り上がれるはず♡

「水生物園」では魚類だけでなく、両生類や昆虫、水鳥などを見ることができるので、動物園と合わせて楽しんでみて。


井の頭自然文化園
住所:東京都武蔵野市御殿山1-17-6
開園時間:9:30~17:00(最終入園は16:00)
※2019年4月29日(月・祝)~5月5日(日・祝)は9:30~18:00(最終入園は17:00)
休園日:月曜(月曜が祝日・振替休日・都民の日にあたる場合はその翌日)、年末年始
入園料:一般400円、65歳以上150円、中学生200円 ※都内在住・在学の中学生(※生徒手帳の提示が必要)と小学生以下は無料
最寄り駅:吉祥寺/井の頭公園



07.【六義園@駒込】江戸の二大庭園の一つで、色鮮やかなツツジを愛でる

六義園

「小石川後楽園」と並び、江戸の二大庭園として名高い「六義園」。300年以上の歴史ある庭園には、万葉集や古今和歌集で詠まれた景観や、中国古典にちなんだ風景を再現した「八十八境」が点在し、趣いっぱいです。

桜や紅葉の名所として知られている六義園ですが、GWの時期には満開のツツジが楽しめます。2019年5月6日(月・休)までは「春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~」が開催中。庭園が約30種1,000株のツツジに彩られ、まるで絵画のように美しい景色に出合えます。

心落ち着く静かな庭園で、昔にタイムトリップしたかのような、情緒あるデートを満喫してくださいね。


六義園
住所:東京都文京区本駒込6-16-3
開園時間:9:00~17:00(最終入園は16:30)※2019年4月27日(土)~5月6日(月・祝)は9:00~18:00(最終入園は17:30)
休園日:年末年始
入園料:一般 300円、65歳以上 150円 ※都内在住・在学の中学生(※生徒手帳の提示が必要)と小学生以下は無料
最寄り駅:駒込/千石



08.【浜離宮恩賜庭園@汐留】江戸時代から続く“潮入の池”を持つ庭園で抹茶を楽しむ

浜離宮恩賜庭園

▲写真提供:(公財)東京都公園協会


隅田川に接する「浜離宮恩賜庭園」は、徳川将軍家とゆかりのある、江戸時代を代表する大名庭園。今もなお、国指定の特別名勝・特別史跡として、多くの人に親しまれています。

この庭園の最大の見どころは、江戸時代から現存する海水の池“潮入の池”。東京で海水の池を見られるのはここだけ。潮の満ち引きによって趣が変わる池には、ハゼやウナギなどの海水魚も棲んでいます。

また、園内にある休憩所「中島の御茶屋」では、季節限定の「お抹茶セット」(720円)が味わえます。木造作りの建物も風情たっぷり。のどかな庭園を眺めながら一休みすれば、ほっと心がゆるむはず。二人で手をつないで歩きたくなる、ほっこりデートができそうです♡


浜離宮恩賜庭園
住所:東京都中央区浜離宮庭園1-1
開園時間:9:00~17:00(最終入園は16:30)
※2019年4月27日(土)~5月6日(月・休)は9:00~18:00(最終入園は17:30)
休園日:年末年始
入園料:一般 300円、65歳以上 150円 ※都内在住・在学の中学生(※生徒手帳の提示が必要)と小学生以下は無料
最寄り駅:汐留/新橋/築地市場



09.【旧古河庭園@西ヶ原】絵画的な景観美と香り高いバラを堪能

旧古河庭園

▲写真提供:(公財)東京都公園協会


北区にある「旧古河庭園」は、都内きってのバラの名所。毎年約100種200株のバラが、斜面に造られた洋風庭園を彩ります。

こちらの庭園のシンボルは、大正6年(1917年)に竣工された石造りの重厚な洋館。美しいバラと洋館の組み合わせが、まるで西洋を旅しているような優雅な気分にさせてくれます。

お土産には、売店で購入できる「バラのシューアイス」(180円)や「バラのひとくちようかん」(510円)、「ローズジャム」(1,080円)をどうぞ。目でも舌でも、とことんバラを堪能してくださいね。


旧古河庭園
住所:東京都北区西ヶ原1-27-39
開園時間:9:00~17:00(最終入園は16:30)
休園日:年末年始
入園料:入園料:一般 150円、65歳以上 70円 ※都内在住・在学の中学生(※生徒手帳の提示が必要)と小学生以下は無料
最寄り駅:西ヶ原/上中里



10.【多摩動物公園@多摩】自然の中で動き回る約300種類の動物に大興奮♪

多摩動物公園

▲写真提供:(公財)東京動物園協会


のびのびと過ごす動物たちが見られると好評なのが、日野市にある「多摩動物公園」。「アジア園」「オーストラリア園」「アフリカ園」「昆虫園」の4つのゾーンで、約300種類の動物が飼育されています。

園内では、できるだけ動物の自然な姿を見られるよう、檻を使わずに壕で仕切るなどの工夫がいっぱい。かっこいいライオンに、かわいらしいレッサーパンダやコアラ、珍しいタスマニアデビルなど、多くの動物に出合うことができ、大人もテンションが上がってしまうはず!

毎日13時30分からは、「コアラ館」でコアラのごはんタイムが見学できます。モグモグとごはんのユーカリを食べるキュートな姿に、二人で癒されてくださいね♡


多摩動物公園
住所:東京都日野市程久保7-1-1
開園時間:9:30~17:00(最終入園は16:00)
※2019年4月29日(月・祝)~5月5日(日・祝)は9:30~18:00(最終入園は17:00)
休園日:水曜(水曜が祝日・振替休日・都民の日にあたる場合はその翌日)、年末年始 ※2019年5月1日(水・祝)は臨時開園
入園料:一般 600円、65歳以上 300円、中学生 200円 ※都内在住・在学の中学生(※生徒手帳の提示が必要)と小学生以下は無料
最寄り駅:多摩動物公園



取材・文/石部 千晶

※2019年4月22日時点の情報です。内容等は変更になる場合がございます。
※料金は全て税込みです。



◆そのほかのゴールデンウィーク情報を探すならこちらのページもチェック!

>>>ゴールデンウィーク情報をもっと見る



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 新宿 の関連記事

定番 + 新宿 の関連記事