2019/1/16 11:04

「雨の日デートどこに行く?」屋内で楽しめる横浜定番デートスポット15選

 

雨の日のデートは何をする?雨予報でも楽しい1日を計画したいものです。横浜には、雨の日も満喫できるデートスポットがいっぱい。そこで、定番のレジャー施設から、ワクワク気分が高まる穴場まで、雨の日デートにイチオシのスポットをご紹介します。屋内でも過ごせる施設ばかりだから、傘を置いて思いきり楽しめるはずです!

プロジェクションマッピングを融合した幻想的なイルカショーに感動!/横浜・八景島シーパラダイス

横浜・八景島シーパラダイス

水族館、アトラクション、ショッピングエリア、レストラン、ホテルなどが併設する複合型レジャー施設「横浜・八景島シーパラダイス」。

デートにオススメなのは、700種類12万点の生きものたちと出会うことができる水族館エリア。水辺と森に暮らす生きものたちの愛らしい姿に癒される「フォレストリウム」は、動物好きな二人で訪れるのにぴったりな場所。

カワウソと握手をしたり、カピバラにエサをあげる体験で癒されて。


横浜・八景島シーパラダイス

夜は、プロジェクションマッピングなどの視覚演出とイルカ、ショートレーナーがシンクロする幻想的なナイトショー「LIGHTIA」を鑑賞。

夜遅くまで楽しめるうえ、夕方から販売するお得なチケットもあります。



横浜・八景島シーパラダイス
住所:神奈川県横浜市金沢区八景島
電話番号: 045-788-8888
営業時間:9:30〜20:00(土日祝は9:00〜21:00) ※日・施設によって異なる
入館料(アクアリゾーツパス)大人・高校生3,000円、小・中学生1,750円、幼児(4歳以上)850円、 シニア(65才以上)2,450円他
定休日:無休
最寄駅:八景島




ビール好きな恋人と工場見学&ディナーで盛り上がろう/キリンビール横浜工場

キリンビール横浜工場

「キリンビール横浜工場」で人気なのが、「キリン一番搾りおいしさの秘密発見ツアー」と呼ばれる工場見学ツアー。

ホップを手に取って香りを体験したり、ビールを容器に詰めるまでのパッケージングの工程を見学する中で、ビールの奥深さに触れられます。


キリンビール横浜工場

見学後は、お楽しみの試飲タイム。美味しい注ぎ方などのレクチャーを受けて、おつまみと共にできたての生ビールなどをいただきましょう。

工場見学のあとは、併設のレストランでビールに合う食事を味わったり、ショップで工場限定のお土産を買う楽しみも。貴重な体験は、思い出に残るデートになること間違いなし!



キリンビール横浜工場
住所: 神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話番号:045-503-8250
営業時間:(電話受付)10:00~17:00※最終ツアーは16:00スタート
入館料:無料
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始 ※臨時休館あり
最寄駅:生麦




宇宙を体感できる科学館。プラネタリウムでロマンティックなデートを/はまぎん こども宇宙科学館

はまぎん こども宇宙科学館

名称から、子供向けの施設だと思ってしまうけれど、実は大人も十分楽しめる「はまぎん こども宇宙科学館」。

巨大な宇宙船をイメージして建てられた体験型科学館で、全7フロアの中にはテーマの異なる5つの展示室が入っています。月面ジャンプなどを体感できる宇宙トレーニング室や科学実験ショウなど、体験しながら宇宙や科学の不思議に触れることができます。


はまぎん こども宇宙科学館

デートで寄りたいのが、宇宙劇場と呼ばれるプラネタリウム。

直径23mのドーム全体に臨場感あふれる星空が浮かび上がります。大人向けのプログラムも用意されているので、星空に心を奪われるはず。

好きな人と隣り合って宇宙に思いを馳せれば、一緒に旅行をしたようなロマンティックな時間を過ごせそう。



はまぎん こども宇宙科学館
住所:神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
電話番号:045-832-1166
営業時間:9:30〜17:00
入館料:大人400円、小・中学生200円、乳幼児無料、<宇宙劇場入場料>大人600円、小・中学生300円、幼児(4歳以上)300円
※3歳以下のお子様でも座席利用時は有料になります。
定休日:第1・3火曜、年末年始※臨時休館あり
最寄駅:洋光台




ギャグ水槽や実験水槽も!遊び心満点の水族館で笑い合おう/ヨコハマおもしろ水族館

ヨコハマおもしろ水族館

いつもとは違うユニークなデートをしたいなら、横浜中華街の中にある、「ヨコハマおもしろ水族館」はいかが?

中国にある小さな南の島の小学校をモチーフにしたこちらには、151本の水槽に400種10000匹の魚が展示されています。


ヨコハマおもしろ水族館

面白いのはその展示方法。校門を入ると、まず下駄箱水槽が迎えてくれます。体育館倉庫、音楽室など、小学校のような造りの建物の中で、あっと驚く実験水槽や笑えるギャグ水槽を発見できます。

SNS映えする撮影スポットも多いので、恋人と写真を取り合うのもオススメです。事前に申し込めば、水槽の中にメッセージカードを設定してくれるサービスも。バースデーや日ごろの感謝などを書いて、サプライズしてみるのもいいかも!



ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館
住所: 神奈川県横浜市中区山下町144 チャイナスクエアビル3F
電話番号:045-222-3211
営業時間:10:00~18:00(最終入場17:30)、土日祝10:00~20:00(最終入場19:30)
※春休み・GW・夏休み・冬休み期間は~20:00
入館料:大人(中学生以上)1,400円、子ども(4歳以上)700円、シルバー( 65歳以上)1,000円 ※団体割引、障害者割引あり
定休日:無休
最寄駅:石川町




港町・横浜の歴史に触れる博物館でノスタルジックデート/日本郵船歴史博物館

日本郵船歴史博物館

開港160年の歴史を誇る横浜は、異国の文化をいち早く取り入れた歴史が残っています。雨の日に似合うしっとりとした大人のデートを計画するなら、当時の面影を残すクラシックな建物へ足を運んでみるのもいいかもしれません。

海岸通りに面した横浜郵船ビルは、1936年の建築。1階部分は、日本郵船の社史を通して近代海運の歴史を紹介する博物館となっています。


日本郵船歴史博物館

瀟洒な建物は装飾の素晴らしさも見どころの一つ。

重厚なドアを押して中へ入ると、大理石の柱、優雅なアーチなど、豪華な建築様式が姿を現し、うっとりとしてしまうはず。

展示では、1920年代の豪華客船の大型模型や映像など、日本の商船の歴史をわかりやすく紹介しています。



日本郵船歴史博物館
住所:神奈川県横浜市中区海岸通3-9
電話番号:045-211-1923
営業時間:10:00〜17:00(最終入場16:30)
入館料:一般400円、シニア(65歳以上)・中高生250円、小学生以下無料
定休日:月曜(祝日の場合は翌日) ※臨時休館日あり
最寄駅:馬車道




重要文化財指定の戦前の貨客船で、船旅気分に酔いしれて/日本郵船氷川丸

氷川丸

一度は訪れたい憧れのデートスポットへ訪れるなら、いつもより人出が少ない雨の日が狙い目。横浜港のシンボル的存在の「日本郵船氷川丸」もその一つ。

もともと1930年に横浜で建造され、シアトル航路へ就航した貨客船で、2016年に国の重要文化財に指定されました。現在は山下公園前に係留され、船内を見学できます。


氷川丸

船内はアールデコ様式のインテリアが美しい船客エリアや乗組員たちの仕事を紹介する乗組員エリア、氷川丸の歴史を伝える展示エリアに分かれています。

ダンスパーティが開かれていた社交室ではクラシック音楽が流れ、優雅な雰囲気。操舵室で舵を握って動かしたり、窓から港の景色を眺めれば、船客気分を味わえそうです。

夜は桟橋と氷川丸がライトアップされ、ムード満点。開港の街・横浜ならではの素敵な思い出を残せそうですね。



氷川丸
住所:神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
電話番号: 045-641-4362
営業時間:10:00〜17:00(最終入場16:30)
入館料:一般300円、シニア(65歳以上)200円、小中高生100円、幼児無料
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、臨時休館日あり
最寄駅:元町・中華街




乙女心をキュンとさせてくれる、人形専門の博物館/横浜人形の家

横浜人形の家

100カ国以上、1万点以上もの人形を収蔵する国内唯一の人形専門博物館「横浜人形の家」。

見て、触れて、感じて、遊ぶことができる企画展も開催し、訪れた人を楽しませてくれます。大人にとっては、懐かしい子供時代を振り返らせてくれる素敵な時間になりそう。


横浜人形の家

人間国宝の平田郷陽(ひらたごうよう)氏や堀柳女(ほりりゅうじょ)氏などの作品も所蔵していて、アート作品としても見どころがいっぱい。不定期でキャンドル作りや食品サンプルなどのワークショップやコンサートなどが開催されているので、訪れる前にチェックしてみるのもオススメです。

オリジナルグッズなどを扱うミュージアムショップや軽食をいただけるカフェも併設しているので、時間をかけて楽しんで。



横浜人形の家
住所:神奈川県 横浜市中区山下町18
電話番号: 045-671-9361
営業時間:9:30〜17:00(最終入場16:30)
入館料:大人(高校生以上)400円、小人(小中学生)200円 ※企画展観覧の場合は別途料金が必要
定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始
最寄駅:元町・中華街




クラシックな建物とステンドグラスを見学/横浜市開港記念会館

横浜市開港記念会館

雨の日は、そんな空模様も含めて絵になるクラシックな建物へ出向いてみては?

1917年創建の「横浜市開港記念会館」は、イギリスから派生した、辰野金吾式フリークラシック様式の建築物。国の重要文化財にも指定されています。

レンガと花崗岩を使った赤茶色の壁、36mのシャープな時計塔や八角ドームの外観は今も尚、惚れ惚れする美しさ。


横浜市開港記念会館

館内には、横浜の海などをモチーフにしたステンドグラスやガラス窓もあり、見学は自由。

ジャックの塔という愛称を持ち、神奈川県庁(キング)、横浜税関(クイーン)と共に、横浜三塔としての顔も。この三塔を巡ると願いが叶うという伝説もあるので、二人の永遠の愛を誓うために、巡ってみるのもいいかも。



横浜市開港記念会館
住所:神奈川県横浜市中区本町1-6
電話番号:045-201-0708
営業時間:10:00〜16:00
入館料(見学):無料
定休日:第4月曜(祝日、休日の時は翌日)、年末年始(12月29日~ 1月3日)
最寄駅:日本大通り




スケートでリフレッシュ!雨の日でもアクティブに過ごそう/KOSÉ新横浜スケートセンター

新横浜スケートセンター

雨の日でも、スポーツで体を動かしたいアクティブな二人にイチオシなのが「KOSÉ新横浜スケートセンター」。オールシーズン営業していて、屋内なので季節や天候に関係なく利用できるのがうれしいポイント。


新横浜スケートセンター

30m×60mの国際規格リンクでつくられているため、のびのびと滑ることができます。

もちろん靴はレンタルできるので、動きやすい服を着ていけば手ぶらでOK。初心者向けのスケート教室も開催しているので、初めての人は二人で参加してみるのもアリ。一緒に滑るうちに、自然に手をつなぐキュンとする瞬間も期待できるかも。



KOSÉ新横浜スケートセンター
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-11
電話番号: 045-474-1112
営業時間:一般滑走時間は日によって異なります。ご利用の際はWebサイトをご確認ください
大人1,250円、子ども(中学生まで)750円、付添300円 ※貸靴大人650円、子ども(中学生まで)450円
定休日:不定休
最寄駅:新横浜
※事故防止のため、肌の露出が少ない服装と手袋の着用をお願いします。




横浜デートの定番! ショッピングも食事もおしゃれに決めて/横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫

みなとみらいで定番のデートスポットと言えば、「横浜赤レンガ倉庫」ははずせません。

明治末期から大正初期に建てられた倉庫を、複合施設として再建。レンガ造りの趣ある雰囲気はそのままに、建物の中にはショップや飲食店が50軒以上入っています。


横浜赤レンガ倉庫

ウッディな店内のお席でゆったりと楽しめる、手づくりアップルパイの専門店「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE」や、マットレスの上でくつろげるカフェ「chano-ma」、食事をしながら一流の音楽を生演奏で楽しめる「Motion Blue yokohama」など、わざわざ訪れたい人気店もいっぱい。

雨とはいえ、日が沈むころには赤レンガの建物のライトアップや大観覧車「コスモクロック21」などのイルミネーションも美しく、ロマンティックな気分が盛り上がります。1日を通して、恋人たちが充実した時間を過ごせること請け合いです。



横浜赤レンガ倉庫
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
電話番号:045-227-2002(2号館インフォメーション)
営業時間:<1号館> 10:00〜19:00、<2号館>11:00〜20:00※飲食店の営業時間は店舗によって異なる
入館料:無料
定休日:無休 ※年1回施設点検のため休館あり
最寄駅:馬車道、日本大通り




みなとみらい駅直結!かわいい動物と屋内でふれあえる屋内型パーク/オービィ横浜

オービィ横浜

“迫力の映像”と“動物とのふれあい”を一度に体験できる新施設として、2018年にリニューアルして注目を集めている「オービィ横浜」。

リニューアルでは、今までの大自然や動物たちの映像を全身で体感するコンテンツに加え、カピバラやアロマジオなど、本物の動物たちと直接ふれあえるエキシビションを新設されたそう。約50種のリアルな動物たちを間近に観られる体験にもワクワクします。


オービィ横浜

休日のデートで癒されたい人には、キャットパラダイスがオススメ。12種類の猫たちと一緒に遊ぶことができます。リアルな動物のかわいさはもちろん、迫力ある映像も素晴らしく、大自然の神秘を全身で感じられると好評。

自然が好き、動物が好きなカップルはぜひチェックしてみて。



オービィ横浜
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい 5F
電話番号:045-319-6543
営業時間:月~木 9:00~21:00(最終入館20:00)、金~日・祝・祝前 9:00~22:00(最終入館21:00)
入館料:大人(18歳以上)800円、中人(中高生)500円、小人(小学生)300円、シニア(60歳以上) 300円、幼児・3歳以下無料 ※エキシビション一部、別途有料
定休日:MARK IS みなとみらいに準ずる
最寄駅:みなとみらい




オリジナルのカップヌードルを恋人にプレゼント/カップヌードルミュージアム 横浜

カップヌードルミュージアム

日清のカップヌードルの歴史を体感しながら、楽しめる体験型食育ミュージアム「カップヌードルミュージアム 横浜」。

館内には、日清食品の創業者・安藤百福氏の研究小屋を再現した建物や、麺のルーツを探し求めて旅する中で出会った世界各国の麺を味わえるフードアトラクションなど、楽しいコーナーがいっぱいです。


カップヌードルミュージアム

なかでも、特に人気なのがオリジナルのカップヌードルを作ることができる「マイカップヌードルファクトリー」。スープは4種類から1つ、具材は12種類から4つを選ぶことができ、組み合わせはなんと5,460通り!

カップルでお互いにつくったカップヌードルをプレゼントし合うのも楽しそう!



カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4
電話番号:045-345-0918
開館時間:10:00〜18:00(最終入館17:00)
入館料:大人500円、高校生以下無料 ※アトラクション別途有料
休館日:火曜(祝日の場合は翌日が休館)、年末年始
最寄駅:みなとみらい




チョコレートファクトリーからトリックアートまで!横浜中華街随一のエンターテインメント施設/横浜大世界

横浜大世界

横浜中華街らしさ満点の、迫力ある外観が目印。「横浜大世界」は、横浜中華街最大級の広さを誇る、“遊ぶ、買う、食べる、癒される”がそろった、全天候型エンターテインメント施設です。

1階は約3000点ものお土産が並ぶ「横浜大世界マーケット」や、食べ歩き中華「富貴包子楼」が。


横浜大世界

2階は、横浜最大級のファクトリー&カフェ一体型チョコレート専門店。3階には、占いや足裏健康館、フィッシュフットマッサージなどがあり、4~8階には、錯視錯覚の不思議な世界を体験できる「アートリックミュージアム」が入っています。

それぞれのフロアが個性的だから、どこから巡ろうか考えるだけでもワクワクしてきそう!美味しいグルメを頬張ったり、映えな写真を撮り合ったり・・・。笑顔が絶えないデートになること間違いなし。



横浜大世界
住所:神奈川県横浜市中区山下町97
電話番号: 045-681-5588
営業時間:9:30〜21:30(金土祝前日〜22:00) ※フロアにより異なるのでご確認下さい。
入館料:無料、<アートリックミュージアム>大人1,300円、中高生1,000円、子ども(4歳以上)600円、3歳以下無料(団体割引・障害者割引あり)
定休日:無休
最寄駅:元町・中華街




世界最大級のジオラマに感動!魅惑の鉄道ワールドにハマる人続出/原鉄道模型博物館

原鉄道模型博物館

鉄道模型製作・収集家として世界的に有名な原信太郎氏が、自身で製作及び国内外から集めた1,000点に及ぶ鉄道車両模型やアンティーク鉄道玩具などを一般公開走行させている「原鉄道模型博物館」。

世界一とも称されるコレクションは、鉄道ファンならずとも、思わず夢中になってしまうほど見応え十分です。


原鉄道模型博物館

なかでも一番の見どころは、世界最大級の巨大な1番ゲージジオラマ。構造・走行音に至るまで忠実に再現をしたリアルな情景は、まるで本物の街を車両が走る様子を上から眺めているという錯覚に陥るほど。鉄道模型を本物の運転台で運転できる体験プログラムも人気。

横浜駅から徒歩約5分と、アクセスも良いので、気軽に足を運んでみては。



原鉄道模型博物館
住所:神奈川県横浜市西区高島1-1-2 横浜三井ビルディング2F
電話番号:045-640-6699
営業時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
入館料:大人1,000円。中高生700円、子ども(4歳以上)500円※3歳以下無料
定休日:毎週火曜(祝日の場合は翌営業日に振替)、年末年始 、保守点検期間(2月上旬予定)
最寄駅:新高島、横浜




科学技術に触れる貴重な体験をワンコインで楽しめる!/三菱みなとみらい技術館

三菱みなとみらい技術館

理系の恋人にぜひ連れて行ってもらいたいのが、科学技術を紹介する「三菱みなとみらい技術館」。航空宇宙、海洋、交通・輸送、環境・エネルギーのテーマ別ゾーンを中心に、さまざまな展示・体験コーナーを楽しめます。

館内には、ロケットエンジンの実物をはじめ、国産旅客機MRJや有人潜水調査船「しんかい6500」の実物大模型など、迫力満点の展示に心が躍ります。


三菱みなとみらい技術館

なかでも人気は、MRJのコックピットでの操縦体験。ほかにも、自分で作った深海生物メカをスクリーンに泳がしたり、宇宙飛行士適性検査に挑戦したり、デートが盛り上がる展示がたくさんあります。

入館料は大人500円と良心的。日常生活では触れる機会の少ない体験をすれば、雨の日も楽しく過ごせそう。



三菱みなとみらい技術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル
電話番号: 045-200-7351
営業時間:10:00~17:00(最終入館16:30)※2019年2月28日までの平日は10:00~16:30(最終入館16:00)
入館料:大人500円、中高生300円、小学生200円、未就学児・65歳以上の方、障がい者と付添の方1名無料
定休日:火曜(祝日の場合は翌日が休館)、年末年始、特定休館日
最寄駅:みなとみらい、桜木町




文/高橋 瑞穂(六識)
※2019年1月16日時点の情報です。内容、価格等は変更になる場合があります。



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

雨の日 + 横浜 の関連記事

定番 + 横浜 の関連記事