2016/9/5 10:00

赤坂氷川祭からトレンドスポットまで!日本の新旧が楽しめる街「赤坂」で大人デート

 

2016年夏にオープンした「ガーデンテラス紀尾井町」をはじめ、注目の最新スポットが集まる「赤坂」。一方で、由緒あるお祭りや長い歴史を持つ名店が多いエリアでもあり、日本の“伝統”と“革新”の両方が楽しめる。そんな赤坂から大人のデートにおすすめのスポット、新旧あわせて6選をご紹介。

<Part1>伝統と歴史を感じるデート

今年は戦後最大級!「赤坂氷川祭」で楽しむ、日本の風物詩

赤坂氷川祭

厄除・縁結びの神様として知られる赤坂氷川神社では、9月16日(金)から「赤坂氷川祭」が開催。今年は文化財である現社殿を造営した徳川将軍吉宗公の将軍就任300年を祝い、宮神輿を新調。また、申年に合わせて江戸型山車「猿」も巡行する。9月18日(日)9時~17時30分に行われるこの連合巡行は、実に明治以来100年ぶりの復活なのだそう。


赤坂氷川祭

氷川祭に合わせて、デートで立ち寄りたいグルメイベントも同時開催。9月11日(日)12時~17時、赤坂金龍駐車場で開催される「赤坂おもてなしビアガーデン」では、赤坂芸妓衆がおもてなし。9月5日(月)~19日(月)の15日間は、和歌山市とのコラボイベント「赤坂×和歌山食いしん坊将軍祭」が赤坂の飲食店81店舗で同時開催。期間限定の特別メニューと記念ビールが楽しめる。


赤坂氷川祭

9月17日(土)・18日(日)、境内で行われる恒例の盆踊りには、赤坂の名店による露店も登場! 日本の風情あるお祭りと、夏の終わりを楽しむ週末デートに出かけてみては。


赤坂氷川祭
開催日時:2016年9月16日(金)~2016年9月18日(日) 6:00~21:00
開催場所:赤坂氷川神社(東京都港区赤坂6-10-12)境内ほか



日没後のライトアップも美しい、ホテルニューオータニの「日本庭園」

ホテル ニューオータニ

歴史好きの二人なら、400年余りの歴史を持つホテルニューオータニの日本庭園へ出かけよう。ここは江戸時代初期には加藤清正公の下屋敷として、加藤家の改易後は井伊家が中屋敷として使用していた都内有数の広大な庭園。ちなみに「紀尾井町」とは、江戸時代この地に屋敷を構えていた紀伊徳川家、尾張徳川家、井伊家の頭文字をとって名付けられたものなのだとか。


ホテル ニューオータニ
ホテル ニューオータニ

四季折々の緑があふれる池泉廻遊式の庭園には、高さ6メートルの大滝や約350匹の鯉たちが泳ぐ清泉池、朱色が映える太鼓橋など見所もたくさん。また、由緒ある茶室「和楽庵」や鉄板焼の「石心亭」などのレストランも。


ホテル ニューオータニ

日が落ちる頃になると、庭園は美しくライトアップされる。華やかで風情あるライティングは、ホテル内のレストランから望むことも可能。ガーデンタワーのロビィ階にある「ガーデンラウンジ」でジャズのライブ演奏を聴きながら、光に彩られた庭園を眺めるロマンチックなデートはいかが?
※「ガーデンラウンジ」のライブ演奏は毎週金・土曜のみ開催


ホテルニューオータニ
住所:東京都千代田区紀尾井町4-1



ジョブスも愛した和菓子たち。創業110年余の老舗「赤坂青野」

赤坂青野

赤坂小学校近くの「赤坂青野」は江戸時代にはじまり、明治後期に赤坂に移転して今年で117年目という老舗の和菓子店。ショーケースには看板商品の「赤坂もち」をはじめ、スティーブ・ジョブスがカリフォルニアに取り寄せるほどお気に入りだったというお饅頭などが並ぶ。


赤坂青野

▲赤坂もち 3個袋 648円~

赤坂青野

▲(左)草だんご (右)ごま名月 各216円


自然本来の味を最大限に活かすため、素材選びには徹底したこだわりが。一粒一粒が手作業で厳選された最高級の北海道産小豆、沖縄・波照間産の黒糖、小笠原のきれいな海水からつくられた自然海塩などを使用。安心して食べられるお菓子づくりを続けている。


赤坂青野

店内にはできたての和菓子がいただける休憩スペースがあるので、赤坂散策デートの途中に立ち寄りたい。彼の実家へのご挨拶やお土産にも、気取りすぎない品の良いセレクトで好感を持ってもらえそう!


赤坂青野
住所:東京都港区赤坂7-11-9
営業時間:月~金9:00~19:00 土曜9:00~18:00
定休日:日祝日(春分の日・こどもの日・秋分の日は9:00~17:00営業)



<Part2>大人の好奇心をくすぐるイマドキデート

コンセプトは“眠らないホテル”。「HOTEL the M INNSOMNIA akasaka」

HOTEL the M INNSOMNIA

赤坂駅から徒歩2分、2016年3月にオープンした「HOTEL the M INNSOMNIA akasaka」は、“眠らない街”を楽しみたいカップルにおすすめ。「INNSOMNIA」という名前は、小さなホテルを意味する「INN」と「INSOMNIA(不眠症)」をかけた造語。昼も夜も絶えず動きつづける赤坂にぴったりのネーミングが、大人のユーモアを感じさせる。


HOTEL the M INNSOMNIA

ホテル内のカフェ「Unir」も24時間営業している。京都発のスペシャルティコーヒーを、同じく京都の名店「ル・プチメック」のクロワッサンと一緒に味わいたい。お泊りデートならモーニングコーヒー、お昼すぎのカフェタイム、深夜デートの眠気覚まし… どんなシーンでも利用できる安心感がうれしい。


HOTEL the M INNSOMNIA
HOTEL the M INNSOMNIA

客室の他、理想的なホームパーティ空間を実現したキッチン&ダイニング「キッチンドリンカー」や、特別なシアター体験が楽しめる会議室「ワーカホリック」など、宿泊者でなくても予約できるスペシャルルームも。ここを拠点に、赤坂という街を思う存分楽しんでみては。


HOTEL the M INNSOMNIA akasaka
住所:東京都港区赤坂2-14-14



MADE IN JAPANの“伝統とモダン”を発信する「THE COVER NIPPON」

THE COVER NIPPON

東京ミッドタウン ガレリア3階の「THE COVER NIPPON」は、日本各地の工芸品や雑貨、食品などが並ぶライフスタイルショップ。伝統工芸品の歴史的・文化的な価値にとどまらず、現代的な感性と新しい用途によって生み出された美しいプロダクトを数多く紹介している。


THE COVER NIPPON

▲iPhone6漆塗カバーケース(矢絣) 5,400円

THE COVER NIPPON

▲九谷焼 鏑木製赤白ワイングラス 仲田錦玉・画 56,160円


例えば、伝統文様を大胆にアレンジした越前漆器のiPhoneカバーや、ステムに壮麗な九谷焼があしらわれたワイングラス。熟練の職人による“匠の技”を存分に発揮しながら現代の生活スタイルに寄り添う商品は、海外でも高い評価を得ている。上質なものを選びたい二人のお気に入りがきっと見つかるはず。

歴史あるものと新しく生み出されるものが共存し、国内外から集まった人々が交流する赤坂で、“MADE IN JAPAN”のモノづくりを発信する「THE COVER NIPPON」。伝統とモダンの融合を発見しに、でかけてみては。


THE COVER NIPPON
住所:東京都港区赤坂9丁目7-3 東京ミッドタウン ガレリア3階
営業時間:11:00〜21:00
定休日:無休



駅近の隠れ家「赤坂バル alma alma」で、季節のジビエとスペインワインを

赤坂バル alma alma

2016年5月にオープンした「赤坂バル alma alma」は豊富な種類のタパスやパエリアなど、スペイン料理がメインの食事とお酒が楽しめるスペインバル。国産とヨーロッパから仕入れる「本日のジビエ料理」や「牛・豚・羊 3種肉盛合せ」は、ガッツリ系の肉料理が食べたい2人におすすめ。


赤坂バル alma alma

スペインワインを中心に、肉料理にぴったりの厳選ワインも魅力のひとつ。甘いワインを使ったワインカクテルは女性に大人気なのだそう。シックな内装の落ち着いた空間は、つい長居したくなる雰囲気。待ち合わせに、カウンター席でタパスをつまみながらワインをたしなむのも◎。


赤坂バル alma alma

記念日や誕生日などのお祝いに利用するなら、1日1組限定の屋根裏のプライベートルームを予約して。お忍びデート気分のソファ席で、雰囲気は抜群。二人の親密度も急上昇しそう!


赤坂バル alma alma
住所:東京都港区赤坂2-13-6 巴屋ビル2F
営業時間:ランチ11:30~14:30 ディナー18:00~23:00
定休日:日曜



伝統の美しさと革新のエネルギーを併せ持つ赤坂には、大人だからこそ楽しめる奥深い魅力がたっぷり。秋の散策デートに、ぜひ出かけてみて。

取材・文:根本 暖子



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

定番 + 赤坂 の関連記事

流行 + 赤坂 の関連記事