2016/7/15 10:00

【池袋】おしゃれでデート向きのディナーレストラン5選

 

若者で賑わう街、池袋。プラネタリウムや水族館など、デートスポットには事欠かないが、初デートにふさわしいレストラン探しは難しい。ぐるなびが手掛ける食通のためのグルメメディア「dressing」編集長・松尾大におすすめを聞いてみた!

中国伝統の火鍋と世界レベルのホスピタリティが魅力!

▲2フロア吹き抜けの開放感ある店内は、ソファ席もあるのでデート利用もOK。

昨年9月池袋にオープンした火鍋チェーン「海底撈火鍋」。中国本国やアジア各国でも大人気で、連日お客さんが絶えないそう。味はもちろん、このお店の良さは「日本レベルを超える接客」にあると松尾編集長。

「あらゆるダシやタレ、そして食材が選べるのが楽しく美味しい店だが、驚くのはそのサービス。一般的に日本国内でもここまで丁寧なサービスはなかなか受けられないと思うほどの丁寧な接客に好感がもてる」(松尾編集長)


▲火鍋は6種類以上から好きなスープをチョイス(マックスで4種類)。調味料も20種類ほどありテンションがあがる♪

中国の本店では、順番待ちの間のサービスとして、靴磨きやネイルケア、パソコンゲームの無料提供などが話題となった。池袋店では、待合室にお菓子などのスナック、暑い日にはアイスが用意され、順番待ちでも飽きさせない心遣いが嬉しい。

座席では椅子を引いてくれたり、カバンが汚れないように布をかけてくれたりと細やかな気遣いで、気持ちの良いひとときを過ごせそう。「カンフー麺」と呼ばれる麺の職人による麺打ちパフォーマンスなど、エンターテイメントな要素もあり、初デートの緊張感もほぐれて楽しめるはず。

海底撈火鍋
住所:東京都豊島区南池袋1-21-2 ヒューマックスパビリオン南池袋5・6F
TEL:050-5784-5668
営業時間:11:00~翌5:00(L.O.3:00、ドリンクL.O.3:00)
※ カンフー麺と餃子以外の主食のL.O.は22:30となります。
定休日:無休




有名ビストロ「ラシーヌ」が手がける緑溢れる公園内の新店!

▲1階入り口でフードとドリンクを注文。書店もかねている2階はブックカフェとしても使える。

南池袋公園の敷地内にある「RACINES FARM TO PARK(ラシーヌ ファーム トゥー パーク)」は、散歩がてらひと息つくのに最適。広々として開放的な空間で、初デートを爽やかに満喫できそう。

「池袋界隈でおしゃれで美味しい店といえば必ず名前が上がる『ラシーヌ』の新店。料理の美味しさがそのままに、公園の緑が目にやさしい穏やかな気分で過ごせるビストロ」(松尾編集長)


▲メニューによっては、テイクアウトもできる。

ホットケーキやサンドイッチ、ホットドック、国産の無農薬野菜のサラダなどなど、モーニング、ランチ、ディナーなど時間帯によってメニューが変わるのでどの時間帯に訪れても楽しめる。ドリンクメニューも充実しているので、1階のテラス席で公園を眺めながら、ゆっくり過ごすランチデートもおすすめ!

RACINES FARM TO PARK(ラシーヌ ファーム トゥー パーク)
東京都豊島区南池袋2-21-1 豊島区南池袋公園
TEL:050-5784-8710
営業時間:
平日:モーニング 8:00~11:00、ランチ 11:00~14:00、カフェ 14:00~17:00、ディナー 17:00~22:00
土日祝:モーニング 8:00~11:00、ブランチ 11:00~17:00、ディナー 17:00~22:00
定休日:無休




知る人ぞ知る、隠れ家的な老舗のレストランバー

▲カウンターは10席ほど、あたたかな木のインテリアが落ち着いた雰囲気。

店名は「ヘルメスワインコーナー」だがワインバーではなく、お料理とカクテルが楽しめるレストランバー。昭和29年創業当時、ワインコーナーとは、「洋酒が飲める店」という意味で使われていて、店名はその名残だそう。「古くから池袋に通い詰めるオトナだけが知る渋いレストランバー」と松尾編集長。内緒にしておきたい、とっておきの名店だ。

「雑居ビルの立ち並ぶ猥雑な空気の中、店のある地下に入ると、別世界が広がる。手練のバーテンダーによる演出も見事です」(松尾編集長)


▲定番カクテルのラインアップ(左1,260円~)。「牛肉と野菜の四川風」は餡かけをパリパリの皮と一緒にいただく人気メニュー(右1,350円)。

「ヘルメスワインコーナー」は、新宿「昴」「イーグル」などサントリーラウンジの系列店。レトロ感あふれ、どこか懐かしい店内の雰囲気は静かで落ち着けるので大人なカップルにぴったり。

オープンキッチンで創るシェフの本格的なお料理は、中華からグラタンなどの洋食までバリエーションも豊富。しっかりお腹を満たせるのがうれしい。季節の果実をふんだんに使ったオリジナルカクテルは、見た目もおしゃれで女性受け間違いなし。

ヘルメスワインコーナー
住所:東京都豊島区西池袋1-34-3 矢島ビルB1
TEL:050-5784-8770
営業時間:17:30~24:00
定休日:日曜日




ワイン好きが集まる店! お洒落でムード満点のスペインバル

▲肉料理やパン・タパスなどワインに合う料理も充実。

池袋の喧騒から少し離れた立地にある、穴場的スペインバル「ワインバーespelt」。お店の名前の由来にもなっているセラー・エスペルト社のワインを中心に、200種類ほどのボトルワインが店内のセラーにストック。泡、白、ロゼ、赤などグラスワインも10種類ほど味わえる。

「経営母体は、スペインワインを中心にワイン業界では知らない人がいないと言われる酒屋。自慢のスペインワインと現地仕込みのリアルなスペイン料理が気軽に楽しめるのが魅力」(松尾編集長)


▲モダンな印象の店内にエスペルトの愛らしいキャラクターが描かれる。

スペインワインを専門に取り扱うからこそ、他にはない珍しいワインが飲める。もちろん、お店のスタッフもワインに詳しいので、料理に合わせてぴったりの一杯を提案してもらおう。

赤や黒をベースにした内装はスタイリッシュで、星のような間接照明や店内を流れるラウンジミュージックが、デートをロマンチックに盛り上げる。ワイン好きのカップルはぜひ一度訪れてほしい。

ワインバーespelt
住所:東京都豊島区南池袋1-13-21
TEL:03-3987-3660
営業時間:18:00~24:00
定休日:日・祝




王道でいて絶品なハンバーグを堪能できる洋食店

▲お昼どきは行列ができることも。

TVで何度か紹介されたほど有名な洋食レストラン「UCHOUTEN」。池袋駅から歩くこと10分、レトロな屋根看板がなつかしい印象だ。

「豊島区役所の裏手で古くから洋食好きに愛される老舗的一軒。『王道』と呼ばれるハンバーグはさすがの旨さだが、ポークジンジャーなど他のメニューの魅力にも抗えない」(松尾編集長)


▲肉厚なハンバーグにナイフを入れるとジューシーな肉汁が溢れる。

A5の黒毛和牛を使って、手間ひまかけて丁寧につくられたハンバーグは、開店当時から継ぎ足しで使う自家製のデミグラスソースと絡んで絶妙と評判だ。ハンバーグ以外でも、メンチカツやコロッケなど定番の洋食が人気。ボリュームたっぷりなので、お腹いっぱい幸せ気分で、会話も弾みそう。

UCHOUTEN(ウチョウテン)
住所:東京都豊島区南池袋2-36-10
TEL:03-3982-0077
営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)、ディナー 18:00~21:30(L.O.20:30)
定休日:日曜日




まとめ

さまざまな人が行き交う池袋で、落ち着いて会話ができるうえ、料理も美味しいお店はかなり貴重。思い出に残る初デートになるように、お店選びはじっくりと慎重に!


ライター:橋村望+都恋堂

※2016年7月15日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。



松尾 大(まつお だい)
松尾 大(まつお だい)

松尾 大(まつお だい)

「Meets Regional」副編集長「ENGINE」編集などを経て2015年9月より、ぐるなびが手掛ける食通のためのグルメメディア「dressing」編集長。グルメ、クルマなど趣味性の高い分野を主戦場とする。特に自然派ワインにおいてはイベント開催や講師も。

dressing
http://www.gnavi.co.jp/dressing/


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

特別 + 池袋 の関連記事

まったり + 池袋 の関連記事