2016/7/15 12:30

“オトナの渋谷”で初デート!食通メディア編集長おすすめの名店4選

 

日本一の繁華街でありながら、少し歩くと落ち着いた大人向けの名店も隠れ持つ、デートスポットの定番「渋谷区エリア」から、ぐるなびが手掛ける食通のためのグルメメディア「dressing」編集長・松尾大の注目のお店をピックアップ。

静かな路地裏ビストロで、肉料理と自然派ワインに舌鼓!

▲フランス国旗が可愛らしい、パリの雰囲気が漂う外観。すぐそばにあるアメリカンアパレルを目印に。

肉好きな二人の初デートにぴったりなのが、宮下公園近くの裏道に佇むフレンチの「Libertin」。パテ、鴨のコンフィ、ステーキなどの肉料理や、多彩な一品料理がどれも絶品と評判だ。

「渋谷から明治通りを原宿方面に、途中脇道をそれた静かなエリアにポツンと灯る明かり。毎晩大賑わいのビストロです。黒板に描かれたメニューは肉料理と野菜料理が中心で、どれもワインに合うものばかり」(松尾編集長)


▲馬肉のタルタルとサラダには、会津産の馬肉を使う。

ちなみに松尾編集長いわく、「料理はひと皿ごとのポーションが大きいのでご注意を!」。デートでは前菜1~2種とメイン1品くらいがちょうどいい量なのだとか。
人気の前菜、馬肉のタルタルとサラダ(3,456円)もハンバーグ超えを思わせるビッグサイズだが、赤身肉に塩コショウ、レモンという素材を活かしたシンプルな味で、クセがなく赤身らしい奥行きが感じられ、食べやすいのが嬉しい。


▲黒板のおすすめメニューを前に、つい迷ってしまいそう……!

店内にドリンクメニューはなく、ソムリエに好みを伝えるとフランスの自然派ワインの中からおすすめを選んでくれるシステム。落ち着いた雰囲気のカウンター席に座って、互いにお気に入りのワインを飲み比べれば、おのずと二人の距離も縮まりそう!

LIBERTIN(リベルタン)
住所:東京都渋谷区渋谷1-22-6 伊藤ビル1F
TEL:03-6418-4885
営業時間:19:00~翌2:00 (L.O. 22:00)
定休日:日・祝日




行列の絶えない人気ワインバー。自家製パンも大人気

▲出窓からは調理器具とともに自家製パンが並べられている。

初デートでワインを飲みに行くなら、松尾編集長のおすすめがもう一つ。こぢんまりした店内に食いしん坊たちの活気があふれるワインバーの「アヒルストア」だ。

「今話題の“奥渋エリア”にオープンして8年。自然派ワイン界のトップランナーの一人である店主・齊藤輝彦さんの選んだワインとビストロ料理、そして店主の妹・和歌さんが作るパンを求め、連日満席です」(松尾編集長)


▲店主の斎藤さんは自然派ワイン精通者の中で、いま最も支持される人の1人だ。

看板メニューの自家製パンは日替わりで7~8種類(200円台~)。「ワインをぐいぐい飲みながら自家製パンやパテなんかをモリモリ食べてほしい。気取らない、普段着が似合う酒場ですよ」と店主・斎藤さんがおっしゃる通り、パンがあればいくらでもワインが飲めてしまうことに驚くはず。
魚のアラと海老で作る滋味深い「スープドポワソン(864円)」にパンを浸して食べるのも、やみつきに!


▲オープンキッチンを眺めながら料理を待つのも、デートを彩る素敵な時間だ。

デートではカウンター席を予約しておくと確実だが、あえてふらっと訪れてワイン樽の立ち飲みスペースで飲み始めるほうが、気負いがなく、二人の会話も弾むかも!?
グラスであれこれ楽しむのも、さくっとボトルを一本頼んで二人だけの世界に酔いしれるのもよし。「ナチュラルワインは気分が高揚する楽しいお酒です。きっと楽しいデートになると思いますよ」と斎藤さんも太鼓判だ。

アヒルストア
住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-19-4 代々木パークビル1F
TEL:03-5454-2146
営業時間:18:00~24:00、土 15:00~21:00
定休日:日曜




甘党カップル必食。サク、フワッのダッチパンケーキを朝食で

▲入口全面がガラス張りの抜けのある外観。

代々木公園そばに昨年オープンした「PATH(パス)」は、カジュアルながら上質な料理とお酒を楽しめるビストロ・カフェ。

「フランス料理界において、長い期間にわたって圧倒的な支持を得ている『キュイジーヌ・ミッシェル・トロワグロ』出身の二人によるビストロです。初デートで訪れるならランチ、ディナーはもちろんですが、モーニングもぜひ試していただきたい!」(松尾編集長)

朝8時から14時までしっかり食べられるモーニングでは、生ハムとブッラータチーズに表面はサクっと、中はフワッとした生地を合わせた「ダッチパンケーキ」1,620円が絶品! 晴れた休日の朝、ゆっくりとブランチを楽しんでから代々木公園を散歩する……、なんてデートプランにぴったりだ。店頭のカウンターでパンやお菓子テイクアウトしてピクニック気分のデートも楽しそう。


▲サクサクとふわっと、両方の食感が楽しいダッチパンケーキ。

ディナーでは、生ビールでも提供している京都ブリューワリーで煮込んだ「せせらぎポークのクラフトビール煮込み」2,052円などしっかりめのメニューも。ゆっくりくつろぎたいなら、コース料理もおすすめ。一皿一皿、それぞれの料理に合うワインを少量ずつ選んでくれるワインペアリングとセット(+4,860円)で味わってみては。

朝も夜も、デートプランに合わせて自由なスタイルで訪れることができる使い勝手のよいお店だろう。


▲夜は落ち着いた照明でくつろげるムードの店内。

PATH(パス)
住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-44-2 A-FLAT 1F
TEL;03-6407-0011
営業時間:8:00~15:00(L.O14:00)、18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:月曜、月1回日曜
最寄駅:代々木公園駅、代々木八幡駅から徒歩4分




気軽な立ち呑みで急接近!? 人情あふれる、浪速たこ焼き専門店

▲近所の子どもたちがテイクアウトしにやって来たりと、地域に愛される名店でもある。

落ち着いた空間でゆっくり食事と会話を楽しむのもいいけれど、初デートにはまだ早いかも……? そんな微妙な距離感の二人なら、あえて気取らない“立ち呑みデート”はいかが?
渋谷駅南口から代官山方面へ、猿楽町の一角に佇む「たこやき天風」は、知る人ぞ知る超有名店だ。

「東京のたこ焼き店は素材が高級だったり、アレンジが効きすぎている店が多いが、まさに関西人的にジャストで余計なことをしていないたこ焼き店の筆頭といえばここ。飾らないスタイルで、業界関係者なども集まる穴場です」(松尾編集長)


▲定番のソースたこ焼きは、ビールとの相性は言うまでもなし!

たった4坪の店内は、ビールやハイボールを片手にたこやき(500円~)をつまむお客さんで毎晩ぎゅうぎゅう。気さくな店主・さくちゃんとの会話やお客さん同士のコミュニケーションが絶えない空間は、都会のど真ん中と思えないほど懐かしくあたたかい雰囲気に包まれている。
もちろんカップルで訪れる人も多く、二人の距離感がぐっと縮まることは間違いなしだ。


▲店主のさくちゃんは手際よく調理しながらも、お客さんとの会話を愛する人情派。

本場大阪のたこ焼きは、定番のソースをはじめ、大阪出身の漫才師・TKO木本さん考案の「ラー醤油」、常連客でもある松尾編集長考案の「塩オリーブ」など、多彩なトッピングが選べるのも楽しい。関西風のだしがきいたふわっとろの生地に大きなタコが包まれ、出来立てアツアツをほおばれば口福必至!

ちなみにドリンクはセルフサービスで、ビール(500円)も自らサーバーから注ぐのがこの店のスタイル。せまい店内だけに、サーバー近くのお客さんが自主的に手伝う姿も日常風景だ。ディープな立ち呑みで常連客との会話に加われば、彼や彼女の新たな一面が見えてくるかも?

たこやき天風
住所:東京都渋谷区猿楽町1-5
TEL:080-3348-5799
営業時間:19:00~27:00、日祝 19:00~24:00
定休日:不定休




まとめ

美味しいものを食べながら楽しい時間を過ごせば、お互いの印象もアップすることは間違いなし。次回のデートではどこに行こうか? そんな話も自然にできるほど、もう二人の気持ちは近づいているかも。渋谷区での初デートに迷ったら、ぜひご参考に!


ライター:池田香織(verb)+都恋堂

※2016年7月15日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。



松尾 大(まつお だい)
松尾 大(まつお だい)

松尾 大(まつお だい)

「Meets Regional」副編集長「ENGINE」編集などを経て2015年9月より、ぐるなびが手掛ける食通のためのグルメメディア「dressing」編集長。グルメ、クルマなど趣味性の高い分野を主戦場とする。特に自然派ワインにおいてはイベント開催や講師も。

dressing
http://www.gnavi.co.jp/dressing/


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

特別 + 渋谷 の関連記事

まったり + 渋谷 の関連記事