2016/7/15 10:00

初デートに!食通メディア編集長が選ぶグルメ4選

 

デートの食事に迷ったら、相手の好みにハマる名店を選ぶと良し。体にうれしいオーガニックデートに、焼肉やハンバーガーでスタミナデート。さらに昭和レトロなオトナデートまで。ぐるなびが手掛ける食通のためのグルメメディア「dressing」編集長・松尾大が厳選した、4つの名店をご紹介!

彩り野菜で目にもお腹にも嬉しい農園カフェレストラン

▲旬の野菜を6~8種類前後、ふんだんに盛り込んだ「HATAKEの可愛いリヨン風サラダ」。

農園レストランとして名高い「HATAKE AOYAMA」が伊勢丹新宿店にオープンさせたのは、ヘルシーメニューが人気の農園カフェレストラン「HATAKE CAFE伊勢丹新宿店」。店内は、木漏れ日のような光が降り注ぐぬくもりの空間だ。

「新鮮な野菜がたっぷり食べられるし、たとえばナポリタンなどの懐かしい洋食メニューも洗練されたスタイルでいただけます。健康に意識が高い人が集まる伊勢丹新宿店の地下2階にぴったりのお店です」(松尾編集長)


▲「メロンラッシー」950円は、メロンのシャーベットとヨーグルトとフロマージュブランのアイスを使った爽やかなドリンク。

デートにオススメのメニューは「HATAKEの可愛いリヨン風サラダ」1,800円。旬のとうもろこしやスナップインゲン、色とりどりの野菜を使った見た目にも鮮やかなサラダは、はちみつの甘みを加えたさっぱりしたフレンチドレッシングで、滋味があふれる優しい味わい。


▲開放感のある店内にある広々としたオープンキッチンには新鮮な野菜が並ぶ。

どのメニューも工夫が凝らされ、美容を気づかう彼女にも喜んでもらえそう。新宿のショッピングデートや映画デートの帰りに立ち寄ってみては。

HATAKE CAFE 伊勢丹新宿店
住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館B2
TEL:03-5925-8220
営業時間:10:30~20:00(LO 19:30)、ランチ11:00~15:00(LO 14:30)
定休日:不定休(伊勢丹新宿本店に準ずる)




溶岩グリルで焼き上げる、NY仕込みのハンバーガー&ステーキ

▲自家製のサルサソースにアボカド、サワークリームをたっぷりトッピングした「サルサバーガー」は女性に人気。

「CaSTLe ROCK」は肉マニアの聖地として人気が高いレストランだ。この店の看板メニューは、ニューヨークで修業したオーナーが、溶岩グリルで焼き方にこだわって仕上げる、本場仕込みのハンバーガーとステーキ。ソースも厳選素材を使用し、一から手作りしているという。

「もともとは千葉の行徳にあった名店ですが、2014年に現在の新宿へ移転しました。道を渡ると新宿2丁目という場所柄、客層はバラエティ豊かですが、ステーキとハンバーガーの旨さはホンモノ!」(松尾編集長)


▲ブルーチーズと自家製ベーコンが乗った濃厚ガッツリ味の「ブルーチーズベーコンバーガー」180g 1,782円は人気上昇中だ。

この夏のオススメは「サルサバーガー」120g 1,620円。自家製サルサソースにアボカドとサワークリームトッピングした爽やかな味わいだ。

店内はロックやポップスミュージックが流れ、自然光があふれるランチタイムはカジュアルデート。ブルースやカントリーミュージックが流れるディナータイムは、照明を落とし落ち着いた店内で大人のデートを楽しめる。

CaSTLe ROCK (キャッスルロック)
住所:東京都新宿区新宿3-8-9 新宿Qビル2F
TEL:03-3356-6615
営業時間:
火~土11:30~LO 22:00、日・祝11:30~LO 21:00 ※現在、15:00~18:00は準備中。
定休日:月(祝日の場合は営業、翌日休)




秘伝の「もみだれ」に包まれた極上肉に、舌も心もとろける焼肉

▲ゴマの風味がアクセントになっている秘伝の「もみだれ」を纏った霜降り肉は、見ているだけでお腹がすいてくる。

東京に進出を果たした浜松の名店の「焼肉大貫」は、おいしいご飯と極上の焼肉をがっつり食べたい、肉食カップルにイチオシだ。本店の秘伝の「もみだれ」を引き継いだ焼肉は、しっかりとした濃い目の味付け。
さらに、お供のご飯は、新潟のかやもり農園の最上級のコシヒカリだ。お肉と一緒に頬張ればそのウマさに感動すること間違いなし。

「浜松で長らく親しまれてきた知る人ぞ知る名店。オーナーは幼少期から本店に通いつめ、ついには暖簾分けをしてもらったという。焼肉の命といえる秘伝のタレももちろん継承。新宿駅からほど近くという立地も便利」(松尾編集長)


▲厚さ1.2~1.4cmもあるタン塩は、特注の鉄板でじっくりと焼いて提供される。

メニューはコースのみで、1万円~の3つから選べる。ナムル、厚切りタン塩、特大シイタケから始まり、本日のホルモン、赤身肉、霜降り肉と、店厳選の最高級の肉が7~10種類も供される。肉は、お店のスタッフが各部位のウマさを最大限引き出す絶妙な加減で焼いてくれるので、話に夢中になっていても、焼き過ぎなんて心配もいらない。
テーブル席のため、グループデートなどでの利用がとくにおすすめ。次々と出てくる極上の肉の味に、盛り上がること間違いナシだ。

焼肉 大貫
住所:東京都新宿区新宿2-18-1 TWO FRONTビル 1F
TEL:03-6380-1329
営業時間:17:30~19:30、20:30~22:00の2部制(時間は相談可)
定休日:不定休




手作り本格料理の味わいと、昭和レトロな空間で異次元トリップ!

▲歴代のバーテンダーが創作したフレッシュフルーツを使ったカクテル。

「サントリーラウンジ昴」は昭和レトロな雰囲気が漂う老舗レストランバー。江戸友禅を敷き詰めた豪華なカウンターと特注のインテリア、気配りの行き届いたサービスにすぐにリラックスできるはずだ。昭和の奥深さが残る空間は、オトナのデートにぴったり。

「にぎやかな新宿は落ち着いたオトナのための店が少ない印象が強いですが、こちらは新宿駅の目の前なのに、完全に隠れ家状態という不思議なお店。お酒も料理も美味しく、オトナの初デートで行きたい、とっておきの店です」(松尾編集長)


▲「特製ステーキサンド」1,950円もこの店が発祥。食べやすいサイズ感が絶妙。

ピザやスパゲティといった軽食から、ビーフストロガノフやステーキなど手作りの本格メニューまで、和洋中と幅広く揃っているので、食の好みがわからない相手とも安心して行ける。


▲30年近く前に創作された「ビーフストロガノフ」1,960円はソースから手作りした本格料理。

さらにうれしいのが、アルコールの価格。スコッチウイスキーのシングルはなんと250円というリーズナブルな価格だ。また、カクテルメニューはアルコールの強さと味わいがマトリックスで表示されているため、カクテル初心者の二人でも安心して注文できる。

サントリーラウンジ昴
住所:東京都新宿区新宿3-25-9 新宿モアビル7F
TEL:03-3350-8800
営業時間:平日・土 17:30~24:30、日・祝 17:30~24:00
定休日:無休(12/31~1/3を除く)




まとめ

料理がおいしいと会話が弾むし、初デート成功は間違いなし。新宿は夜景スポットなどロマンチックな場所も多いので、食事を終えたら解散ではなく、街並みを少し歩くだけでも二人の雰囲気はさらに盛り上がりそう。どこも人気店なので、事前の予約を忘れずに!


ライター:中村桂+都恋堂

※2016年7月15日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。



松尾 大(まつお だい)
松尾 大(まつお だい)

松尾 大(まつお だい)

「Meets Regional」副編集長「ENGINE」編集などを経て2015年9月より、ぐるなびが手掛ける食通のためのグルメメディア「dressing」編集長。グルメ、クルマなど趣味性の高い分野を主戦場とする。特に自然派ワインにおいてはイベント開催や講師も。

dressing
http://www.gnavi.co.jp/dressing/



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

特別 + 新宿 の関連記事

まったり + 新宿 の関連記事