Let's BEAUTY

サロン検索:

監修紹介

澤田彰史(東京警察病院医師)

【澤田彰史プロフィール】

日本形成外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。
1999年群馬大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院形成外科学教室に入局。東京警察病院形成外科にて形成外科医としての研鑽を積む。
同院で勤務しながら、他の医療施設でも形成外科・美容外科皮膚科・レーザー治療・ニキビ治療から、寝たきり老人の訪問診療に至るまで幅広く医療に従事。

“美肌マスター”あるいはアンチエイジングの専門医として、日テレ『世界一受けたい授業!』『ヒルナンデス!』『有吉ゼミ』『スポーツジャングル』、NHK『ひるまえほっと』、NHK-BSプレミアム『女神☆ヴィジュアル』、TBS『駆け込みドクター』『白熱ライブ ビビット』『サタデープラス』『ゴゴスマ』、フジテレビ『バイキング』『ニッポンのぞきみ太郎』『その原因“X”にあり』、テレビ朝日『林修の今でしょ!講座』『羽鳥慎一のモーニングバード』、テレビ東京『なないろ日和』『ソレダメ!』などのテレビ出演のほか、『美ST』『日経ウーマン』『日経ヘルス』『サライ』『週刊女性』『女性セブン』『夕刊フジ』『日刊ゲンダイ』『からだにいいこと』『夢21』『わかさ』『レタスクラブ』『ホットペッパー』などの雑誌のアンチエイジングの記事でも活躍。また、講談社『GLAMOROUS』誌では“グラ男2010”に選出されている。

フジテレビ『ネプリーグ』や、テレビ朝日『Qさま!』ではクイズの回答者としても出演している。

自身もアンチエイジングに取り組んでおり、肌年齢測定装置『ロボスキンアナライザー』では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。また、以前は体重が82kgのメタボ状態であったが、独自のダイエット法により68kg(‐14㎏)に減らした経験ももつ。

主な著書に『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)、『ぐ~たらな私の はじめてのアンチエイジング』(総合法令出版)、『30歳からのメンズ・アンチエイジング』(クリーク・アンド・リバー社 電子書籍)、監修書籍として『脳が人を犯罪者に変える~犯罪脳を作る食と生活』(日本文芸社)、『できる!乳がん自己検診ブック』(タイムクリエイティブ)がある。

劉勇(医学博士)

【劉勇プロフィール】

医学博士/鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師/瀬田クリニック新横浜がんケア・リハビリセンター 鍼灸・疼痛緩和ケア外来監修/東北楽天ゴールデンイーグルス コンディショニングGP顧問/総合格闘技PANCRASE専属トレーナー/沖縄統合医療学院学術顧問/外科麻酔医(中国)/国立中国北京中医薬大学 顧問(中国)/中国認証外国専門家(中国)

1958年中国東北生まれ。
中国で外科麻酔医として活躍した後、活動の拠点を日本に移す。
杏林大学医学博士課程修了。

1985年、東京・銀座に鍼灸治療院を開院。西洋医学、東洋医学の双方の医学観点から理論と臨床技術を適用した鍼灸治療は評判となる。
政財界・スポーツ界からの信頼も厚く、ビートたけし氏の顔面神経麻痺を奇跡的に回復させたことでも有名。
鍼灸マッサージの一般普及を提唱し、1994年にコリとれーる1号院を開院。
クイックマッサージ業態の先駆けをつくる。
2009年には日常使いの鍼灸をコンセプトにした鍼灸治療Dr. Liu Methodハリアップを開院。

2010年、劉臨床塾を開塾し、基礎疾患をはじめ、難病治療、美容鍼など幅広い分野で臨床教育を行い後継者の育成にも力を注ぐ。
臨床教育では「医」の考え方を‘医食動楽同源’と位置付ける。
医も食も動も「楽」でつなげる生活こそ真の意味での健康であり、患者が深刻な顔で治療院に通うことだけが医療ではなく、治療を通して健康を楽しく伝える能力も求められる、と教える。

劉勇先生の鍼灸治療院・サロン
痛くない鍼治療。少数の鍼で最大限の効果を引き出す鍼治療。

『10秒押すだけで美肌&美顔 速効・綿棒美容』(マガジンハウスムック)
東洋医学の見地から、美肌・美顔になるにはどうすればいいか。顔のツボや筋肉、神経の微妙な構造を熟知したドクターが、簡単で誰でもできる美容法を教えます。

山本祐歌(名駅東クリニック院長)

【山本祐歌プロフィール】

日本糖尿病学会専門医/日本抗加齢医学会専門医/日本内科学会認定医・認定産業医/ジュニア野菜ソムリエ/NOSSインストラクター

2000年愛知医科大学医学部卒業後、カナダ留学を経て、2001年愛知医科大学附属病院臨床研修医となる。その後、厚生連海南病院、名古屋大学医学部、名古屋セントラル病院にて、糖尿病内分泌内科医として研鑽を積む。2014年には糖尿病・内分泌内科 名駅東クリニックを開院。

医師として医療に携わる一方で、食・運動の専門家、ダイエットの専門家として、多くのヘルスケア系の協会の講座監修、有名ホテルでの医×食セミナーのプロデュースや飲食店でのレシピ提供、某大手菓子メーカーのプロモーションにも参加している。
またNOSSのインストラクターであることから、インナーマッスルを意識した運動指導にも定評がある。自身のクリニックでは、メディカルダイエットプログラムを監修し、多数のダイエット成功例を出している。
某大手エステ会社の監修医でもあり、社員教育やサービスの開発まで様々な形でヘルスケアを提案している。
この他、メディアでの活動としては、日本テレビ「有吉ゼミ」への出演も果たし、芸能人にも食生活のアドバイスも実施した。

このページの先頭へ