エステ

スキンケア

毛穴が目立つのは汚れの詰まり!? 正しい洗顔、してますか?

毛穴の汚れは正しい洗顔で! コツはたっぷり泡洗顔!

毛穴対策の基本は「正しい洗顔」。「正しい洗顔」とは、その日の汚れはその日に落とすこと。でも、落としすぎてはいけないのが「皮脂」なんです。

アイメイクなどのしっかりメイクは専用リムーバーでとらなきゃいけませんが、それ以外のメイクや汚れは「洗顔石けん」で十分落とせます。皮膚科専門医のドクターの中には、「ダブル洗顔は皮脂を取りすぎるから、おすすめできない」という人も。そこで、正しい洗顔のポイントをドクターたちに教えてもらいました。

皮膚科専門医がすすめる洗顔法

皮脂を落としすぎない、泡たっぷり洗顔法

STEP1
熱いお湯は皮脂を取りすぎるから禁物!ひなた水くらいの温度で洗顔しましょう。温かいお湯より水のほうが肌への負担は少ない。

STEP2
自分の肌に合った洗顔石けんを、泡立てネットなどを使って、十分に泡立てましょう。

STEP3
きめ細かく泡立てたら、それを軽く顔にのせましょう。

STEP4
肌に触れなくても大丈夫。泡のクッションを動かす感じで汚れをとりましょう。汚れを吸着するのは石けんの泡の表面。ごしごしこすると肌老化を進めます。

STEP5
ひなた水くらいの温度の水で、最低20回はすすぎましょう。これくらいすすぐと、皮膚表面に残っている石けんかすを完全に落とすことができます。

STEP6
清潔なタオルで顔を押さえるようにして水分をとりましょう。タオルで顔をこするのはNG。摩擦と高温の湯が肌の老化を進めます。

STEP7
洗顔後はすばやく保湿。肌の保水力を高める化粧水、美容液、ゲルがおすすめ。ここで肌に水分が十分浸透する前に油分の多いクリームを塗ると、かえって肌を乾燥させます。

その他のおすすめ毛穴対策

美容液をたっぷり毛穴にたたき込む
 毛穴までしっかり保湿すると、毛穴内部のふっくら感が復活。コエンザイムQ10やαリポ酸、アスタキサンチンは体の酸化を防ぎ、肌の新陳代謝を活性化させます。肌の奥からハリが生まれると、毛穴の開きが目立たなくなります。また、メイク前に行うのも効果的。ファンデーションのノリがよくなるので、毛穴が目立ちにくくなるなんて、さっそくて試してみたいワザですね。

定期的なピーリングで肌を活性化
 不要な角質が溜まっていたり、角質の表面が乱れたりしていると、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が衰えてきます。AHA(フルーツ酸)などが入ったピーリング石けんや拭き取り化粧水を使って、1週間に1回を目安にピーリングをしてみましょう。 ただし、やりすぎは禁物。角質を過度に溶かしすぎると肌を傷めるので、使用するピーリング化粧品の説明書をよく読んでからトライしましょう。

掲載内容は2011/11/1時点の情報です。

毛穴ケアのおすすめ情報

キノ子プロフィール

キノ子

とあるローカル新聞社にて美容記事を担当する記者キノ子。美の真相を追い求め東奔西走する熱血記者です。