リラクゼーション

体の悩み

女性の大敵、「冷え性」。放置しないで徹底的に対策を!

冷え性ボディもあきらめないで!
原因を徹底追跡!

現代女性に多いつらい冷え。「体質だから仕方ない……」とあきらめていませんか? しかし、冷えの原因は生まれつきの体質だけではなく、生活習慣とも深い関わりがあります。また、治るものではないと思い込んで放置してしまうと、思わぬ悪影響があることも。冷え性に悩む方は、まずは冷えの原因とその悪影響をチェックしましょう!

冷えの原因は、思わぬところに潜伏している!

衣類にも冷え性対策のポイントが

気温の低下で体が冷えるのは誰にでもあることですが、他の人より寒さを感じやすかったり、真冬だけでなく秋口や春先まで手足が冷たかったりという人は、いわゆる「冷え性」かもしれません。

冷え性は、もともとの体質もありますが、生活習慣にも多くの原因があると言われています。

・食生活
食事は、体をつくる大切なもの。ダイエットによる食事制限が行きすぎると、体内でじゅうぶんな熱をつくれなくなり、冷えやすい体になります。また現代は、いつでも冷たい食べ物や飲み物が手に入るため、口当たりの良い冷たいものを食べすぎることも体を冷やす原因。夏野菜など、その食物の性質によっては体を冷やす場合もあるので、色々なものをバランスよく食べるように心がけましょう。そのほか、添加物やジャンクフードなども体を冷やすと言われています。

・衣類の影響
体を守る洋服も、もちろん冷えと関係があります。オシャレのためだからといってお腹や腰、足を出していると体が冷えやすくなります。体の中心であるお腹、そして、首・手首・足首といった「首」と名前の付く部位も冷えないようにするといいでしょう。また、インナー選びも大切です。体を締めつけるようなもの、サイズが合わないものは血行が悪くなってしまうので避けましょう。肌着を着ない人や夏も冬も薄いキャミソールだという人は、冬用の肌着を一枚着たり、ウエストウォーマーを着けると温かさが違います。

・その他生活習慣
筋力が弱い人も要注意です。筋肉は、ポンプのような役割を果たして、血液やリンパの循環を補助しています。寒いなと思ったら、軽く体を動かしてみてください。普段から運動不足の人は、ウォーキングやヨガ、自転車など何でもいいので、自分が楽しんで続けられそうなものや手軽にできそうな運動をしてみるといいでしょう。

ほかにも、不規則な生活で睡眠リズムが乱れたり、強いストレスを感じると、自律神経が不調をきたすことによって、冷えにつながることがあります。

思った以上に深刻! 冷えの悪影響はこんなところにも

冷えの一番の悪影響は、やはり血行が悪くなること。特に手足などの抹消は、一度冷えてしまうとずっと冷たいまま、という人も多いでしょう。また血液は、細胞に栄養を運ぶという大切な役割があるので、血行不良になると、肌荒れやくすみなどお肌のトラブルになることも。そのほか、血行不良によって疲労物質がたまることで、肩コリ、腰痛の悪化の原因にもなります。

血液だけではなく、リンパも冷えると循環が悪くなってしまいます。リンパは、体内の不要な水分や老廃物を運ぶ役割と異物から体を守る免疫の役割があるので、これが滞ると、むくみやだるさを感じたり、免疫力が低下して風邪を引きやすくなったりしてしまいます。

また冷え性の女性は、生理痛や生理不順などに悩んでいることも多いもの。こうした婦人科系の悩みも、冷えが原因になっていることが少なくありません。冷えによってホルモンの分泌が悪くなったり、骨盤内の血液の循環が滞ることで、婦人科系のトラブルが起こりやすくなってしまいます。思い当たることがある人は、体を温めるようにすると症状が和らぐこともあります。

一つひとつ冷えの原因を取り除いていけば、あなたの冷え性も改善できるかも! 今すぐ全部はできなくても、気がついたところから変えていきましょう。

掲載内容は2011/12/15時点の情報です。

冷え性改善のおすすめ情報

キノ子プロフィール

キノ子

とあるローカル新聞社にて美容記事を担当する記者キノ子。美の真相を追い求め東奔西走する熱血記者です。