美容室

ヘアメイク

乾燥の季節に気になる髪のダメージ。サボらず早めのケアが大事!

髪の乾燥を徹底防衛せよ!
髪は自覚がなくても乾いている!?

髪のパサつき、まずは原因を探ること

乾燥する冬はもちろん、年中気になる髪の乾燥。「パサついてるな…」と思っていても、スキンケアほどには気を配っていなかったり、なぜ乾燥してしまうのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
髪が乾燥してしまうと、ツヤがなくなったり枝毛が増えて見た目に美しくないばかりでなく、静電気が起こりやすくなったり、広がってまとまらなくなったりしてしまいます。「冬だから静電気が起きるのはしょうがない」「私は広がりやすい髪質」なんて思っている人も、髪の保湿ケアで改善する可能性もあります。

髪が乾燥する原因には、さまざまな要因があります。ぜひ、お手入れの参考にしてください。

空気の乾燥

髪が乾燥する最大の理由はこれ。空気が乾燥する冬はもちろん、エアコンなどによっていつも乾燥している場所にいる人も注意が必要。加湿器を置くなどして工夫をしたいものです。髪の乾燥は自分では実感しにくく、知らない間に進んでいることも多いもの。目安としては、肌が乾燥していると感じたら、髪もダメージを受けていると考えましょう。

紫外線

肌と同様に、紫外線は髪にも大きなダメージを与えます。夏はもちろんですが、意外と紫外線量の多い春先、秋冬でも長時間外にいるときなども油断できません。帽子や日傘を使って紫外線を遮断してしまうのがもっとも簡単な方法ですが、UVカット効果のあるヘアケア剤などもあるので、上手に利用しましょう。

ドライヤーのあてすぎ

髪をしっかり乾かすのはヘアケアの基本中の基本ですが、ドライヤーのあてすぎは禁物。ドライヤーをあてる手順は、軽くブラッシングをしてからまりをとることと、ドライヤーの風は根元を中心にあてることを心がけて。また、面倒がらずにきちんとブローをすることで、キューティクルが整って乾燥しにくい髪になります。

摩擦による刺激

タオルドライの時にゴシゴシしてしまう人などは、摩擦によってキューティクルが傷つき、乾燥している可能性があります。乾かす時は、タオルで髪をはさみ、水分を吸わせるようにしてやさしくドライします。

栄養バランスの乱れ

髪も体の一部。もし栄養バランスが崩れたら、当然髪も栄養不足になってしまいます。ダイエットで食事量が減っている人や、外食が多い人などは注意してください。色々なものをバランスよくとることが基本ですが、特に意識してとりたい栄養素は、髪の元となるたんぱく質、血行を良くするビタミン類、髪のツヤを出すコラーゲンなどです。

パーマやカラーを繰り返している

パーマやカラーなどは、どうしても髪に影響を与えてしまうもの。両方行いたい場合は少し時期をずらしたり、髪にダメージの少ない施術をサロンに相談したりしてみましょう。

加齢

肌と同様、髪も加齢によって衰えていきます。ホルモンバランスの変化など、加齢によって避けて通れないものもありますが、生活習慣などによっても廊下のスピードは変わります。規則正しい生活を心がける、アンチエイジング用のヘアケア剤を使うなどしてみましょう。

ストレス

ストレスは、自律神経の働きを狂わせることで血行が悪くなったりと、髪にも悪影響を与えます。しっかり休養をとる、気分転換をするなどして、ストレスをコントロールできるように心がけましょう。

髪そのものに対するケアだけでなく、健康的な生活を送ることも髪の乾燥対策。いつでもツヤツヤな髪をキープするために、ぜひ気をつけてみてください。

掲載内容は2011/12/15時点の情報です。

ヘアケアのおすすめ情報

キノ子プロフィール

キノ子

とあるローカル新聞社にて美容記事を担当する記者キノ子。美の真相を追い求め東奔西走する熱血記者です。