“おいしいごはんが、ここにある”がコンセプト!お米が主役の和食ダイニング/象印食堂 東京店

  • ▲「象印食堂 東京店」の外観イメージ ※変更になる場合あり

    ▲「象印食堂 東京店」の外観イメージ ※変更になる場合あり

  • ▲「象印食堂 東京店」の外観イメージ ※変更になる場合あり

    ▲「象印食堂 東京店」の外観イメージ ※変更になる場合あり

2023年2月7日(火)、東京駅からすぐの場所にある「KITTE丸の内」5階に「象印食堂 東京店」がオープンします。


同店は、「おいしいごはんが、ここにある。」をコンセプトに長年にわたって炊飯ジャーの開発をしてきた「象印マホービン」が、ごはんの魅力を伝えるためにオープンした和食ダイニングです。


大阪の「なんばスカイオ」にある「象印食堂 大阪本店」に続く全国2店番目の店舗として、東京に初出店します。

▲圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」NW-FA型

▲圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」NW-FA型

メニューの主役となるごはんを炊き上げるのは、「象印マホービン」がこれまで培ってきた知識と技術を結集して開発した圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」(NW-FA型)。


通常1つしかない底IHヒーターを6つに増強し、それぞれ独立制御する「3DローテーションIH構造」を採用。釜内に激しい対流を生み出し、高温の熱をお米一粒一粒に伝えることで、お米の芯からふっくらとしたごはんを炊き上げるとのこと。

  • ▲料理イメージ ※「象印食堂 大阪本店」メニュー

    ▲料理イメージ ※「象印食堂 大阪本店」メニュー

  • ▲料理イメージ ※「象印食堂 大阪本店」メニュー

    ▲料理イメージ ※「象印食堂 大阪本店」メニュー

「炎舞炊き」で炊き上げたごはんは、和をテーマにした家庭料理と一緒に味わえます。旬の食材を使用したシンプルな料理が、主役の味を引き立てます。


“お米を美味しく炊き上げる”ことに心血を注いできたメーカーが手掛ける「象印食堂 東京店」。大切な方との会食はもちろん、自分へのご褒美として利用するのもオススメです。

象印食堂 東京店
  • 所在地

    東京都千代田区丸の内 2-7-2 JPタワー

  • 最寄駅

    東京

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年12月13日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。