江戸前の厳選ネタをリーズナブルに味わえる/江戸湾直送 回転 東京すし街道 by ITAMAE SUSHI アクアシティお台場店

  • ▲店名「東京すし街道」には、“東京に来たら東京の寿司を思う存分に味わっていただきたい”という想いが込められている

    ▲店名「東京すし街道」には、“東京に来たら東京の寿司を思う存分に味わっていただきたい”という想いが込められている

  • ▲寿司ネタなどに使用する素材は江戸前(東京湾)のもの

    ▲寿司ネタなどに使用する素材は江戸前(東京湾)のもの

12月3日(土)、「 アクアシティお台場」6階に「江戸湾直送 回転 東京すし街道 by ITAMAE SUSHI アクアシティお台場店」がオープンしました。東京湾各地の港から有名店にも卸される魚を厳選し、リーズナブルな価格で提供してくれる回転寿司です。


千葉県からは富津産のアサリ、江戸前カキ、コチ、竹岡のヒラメ、木更津のスズキなど。神奈川県からは三浦半島佐島の生シラス、真ダコ、三崎のクロムツ、小柴の太刀魚といったネタが並びます。

  • ▲「金目鯛湯霜仕立て」(470円)

    ▲「金目鯛湯霜仕立て」(470円)

  • ▲「活〆煮穴子(塩わさび)」(490円)

    ▲「活〆煮穴子(塩わさび)」(490円)

店のオススメは、千葉県の富浦や館山、東京都神津島から獲れたてを直送している「金目鯛」。脂がのった鮮度抜群の一貫です。


神奈川県の本牧~小柴で獲れる「江戸前穴子」も江戸前寿司の定番ネタとして人気があるそう。ほかにも、「湘南しらす」のブランドとしても知られる佐島産の生シラス軍艦など、一度は口にしておきたいネタばかり。

  • ▲「本まぐろ3貫セット(赤身、中とろ、大とろ)」(1,100円)

    ▲「本まぐろ3貫セット(赤身、中とろ、大とろ)」(1,100円)

  • ▲「金目鯛あら汁」(580円)

    ▲「金目鯛あら汁」(580円)

マグロは、豊洲市場の仲卸で目利きのプロ集団という呼び声の高い「やま幸」から仕入れたもの。高級店の料理人がこぞって使用するマグロをリーズナブルな価格で味わえます。


お台場に行ったら、新鮮な江戸前寿司をぜひ味わってみて。


※写真はイメージです。

江戸湾直送 回転 東京すし街道 by ITAMAE SUSHI アクアシティお台場店

所在地:東京都港区お台場1-7-1 アクアシティお台場6F

電話番号:03-6457-1151

最寄駅:台場

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年12月10日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。