多国籍な料理も!“いま”の英国料理とパブ文化が味わえる/THE R.C. ARMS 有楽町店

  • ▲「サーロインステーキ」(200g/2,600円)は、ミディアムレアに焼き上げたサーロインステーキと自家製グレービーソースを合わせた一品

    ▲「サーロインステーキ」(200g/2,600円)は、ミディアムレアに焼き上げたサーロインステーキと自家製グレービーソースを合わせた一品

  • ▲骨付きポークスペアリブをホロホロになるまで煮込んだ「ポークスペアリブ」(アップルソイソース/1,900円)

    ▲骨付きポークスペアリブをホロホロになるまで煮込んだ「ポークスペアリブ」(アップルソイソース/1,900円)

10月26日(水)、有楽町駅日比谷口にある「有楽町電気ビルヂング北館」に「THE R.C. ARMS(ジ・アールシーアームズ)有楽町店」がオープンしました。


同店は、英国の最新の食文化やカルチャーを発信するブリティッシュパブ&レストランブランド「THE R.C. 」のフラッグシップ店舗です。

  • ▲ワンプレートの中にイギリスの名物料理を詰め込んだ「イングリッシュブレックファースト」(1,800円)

    ▲ワンプレートの中にイギリスの名物料理を詰め込んだ「イングリッシュブレックファースト」(1,800円)

  • ▲注文を受けてから焼き上げる「キャラメルバター アップルパイ」(1,000円)。上にのせるりんごは店内で丁寧にカラメリゼしている

    ▲注文を受けてから焼き上げる「キャラメルバター アップルパイ」(1,000円)。上にのせるりんごは店内で丁寧にカラメリゼしている

“いま”と“むかし”の英国体験をコンセプトに、最新のモダンな英国料理も取り入れている同店。英国料理といえばフィッシュ&チップスや、ローストビーフが有名ですが、現在のイギリスのレストランの特徴でもあるスパイスを多用した中東やインド、東南アジアや中国などを想起させる多国籍料理もメニューに並びます。


英国の食習慣の一つで日曜のランチに食べるロースト料理「サンデーロースト」をはじめ、「ひよこ豆のフムス」やインドのスナック「マサラパパド」など、スパイスを使った多様なメニュー構成となっています。


もちろん、英国の伝統的な朝食「フル・ブレックファースト」 を一日中食べられるほか、午後のティータイムにはこだわりの「アップルパイ」が提供されるなど、トラディショナルなブリティッシュフードも楽しめます。

  • ▲「THE R.C. ARMS」オリジナルのブレンドティーやオリジナルアールグレイティー、シーズナルフレーバーティーなど、本格的な紅茶がラインナップ

    ▲「THE R.C. ARMS」オリジナルのブレンドティーやオリジナルアールグレイティー、シーズナルフレーバーティーなど、本格的な紅茶がラインナップ

  • ▲ジンの本場、ロンドン・ドライ・ジンを使用したさまざまなジントニックがオーダーできる

    ▲ジンの本場、ロンドン・ドライ・ジンを使用したさまざまなジントニックがオーダーできる

アフタヌーンティーを起源とするカフェ文化が盛んな英国らしく、オリジナルのブレンドティーなど、本格的な紅茶やコーヒーも用意。


アルコールには、国内外で数々の実績を残したバーテンダーが監修する12種類のオリジナルカクテルや、武蔵野のブリュワリーで限定醸造されたオリジナルビールなどがラインナップ。


夫婦の記念日やデート、友人や同僚とのパーティー、食後のバー、オフィスワーカーのランチ、買い物後のカフェとしてなど、さまざまななシーンで活用してみては。

THE R.C. ARMS 有楽町店
  • 所在地

    東京都千代田区有楽町 1-7-1 有楽町電気ビルヂング北館 1F

  • 最寄駅

    有楽町

  • 電話番号

    03-3214-7920

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年10月27日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。