和の素材と洋菓子の技術を融合させた“縁起の良い”スイーツがお出迎え/Patisserie De bonne augure

  • ▲名物「もなかマシュマロ」。キウイやベリー、パッションフルーツ、ブラッドオレンジ、カシス、塩レモンなどがラインナップ

    ▲名物「もなかマシュマロ」。キウイやベリー、パッションフルーツ、ブラッドオレンジ、カシス、塩レモンなどがラインナップ

  • ▲店名の「パティスリー ドゥ ボンヌ オーギュル」は、フランス語で“縁起の良いパティスリー”という意味。来店したお客に“良いご縁があるように”という願いが込められている

    ▲店名の「パティスリー ドゥ ボンヌ オーギュル」は、フランス語で“縁起の良いパティスリー”という意味。来店したお客に“良いご縁があるように”という願いが込められている

10月22日(土)、湯島エリアにテイクアウト専門の洋菓子店「Patisserie De bonne augure(パティスリー ドゥ ボンヌ オーギュル)」がオープンします。


神社が多く集まる地域に店を構えるだけあって、“梅”や“だるま”など、縁起物から着想を得た華やかなスイーツを販売します。


名物は、縁起の良い“梅”をモチーフにしたもなかの中に、キウイやカシスなどのフルーツジャムとマシュマロが入った「もなかマシュマロ」。進学や合格などのお祝いにピッタリなお菓子です。

▲「DARUMA ダルマ」

▲「DARUMA ダルマ」

同店のスペシャリテは、縁起物のだるまを想起させる鮮やかな赤をまとったスイーツ「DARUMA ダルマ」。


梅酒のムースをベースに、梅酒とラズベリーのジュレ、アプリコットの果肉、アプリコットジュレなど、さまざまな味わいを詰め込んだシグネチャースイーツです。

  • ▲「プルミエ -チョコとバナナのムース-」

    ▲「プルミエ -チョコとバナナのムース-」

  • ▲「ラフィネ -ブロンズチョコレートケーキ-」

    ▲「ラフィネ -ブロンズチョコレートケーキ-」

香ばしくソテーしたバナナとクリーム、アーモンドフィアンティーヌ、ブラウニーをチョコレートのムースで包んだ「プルミエ -チョコとバナナのムース-」や、フランス・ヴァローナ社のブロンズチョコレートを堪能できる「ラフィネ -ブロンズチョコレートケーキ-」など、高級感漂うスペシャリテもラインナップ。


“縁起の良いパティスリー”という意味の店名ならではのスイーツが並ぶ「Patisserie De bonne augure」。ハレの日はもちろん、お祝い事があった家に訪問する際の手土産にもオススメです。

Patisserie De bonne augure
  • 所在地

    東京都東京都文京区湯島 2-23-13 グレースカトレア1F

  • 最寄駅

    湯島

  • 電話番号

    03-6826-9168

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年10月20日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。