プライベートサウナで心と体をリセット!好きなだけマンガの世界に没入できる/MANGA ART ROOM, JIMBOCHO

▲株式会社集英社「少年ジャンプ+」編集部協力のもとに実現した施設

▲株式会社集英社「少年ジャンプ+」編集部協力のもとに実現した施設

9月1日(木)、神保町にある「BOOK HOTEL神保町」の12階に「MANGA ART ROOM, JIMBOCHO(マンガ アート ルーム ジンボウチョウ)」がオープンしました。五感を“ととのえて”作品に没入し、マンガのことしか考えられない至福の“マンガ脳体験”をテーマに掲げた、プライベートサウナ付の個室型ホテルです。


各客室は本棚のランドスケープによってつくられる、”マンガの洞窟” をイメージして設計。作品の世界の奥へ奥へと入っていく没入体験のイメージを、物理的な建築のかたちで表現しています。

▲ルームサウナ「KUHAKU(クウハク)」にはレインシャワーやととのいスペースも完備。ロウリュも利用できる

▲ルームサウナ「KUHAKU(クウハク)」にはレインシャワーやととのいスペースも完備。ロウリュも利用できる

宿泊体験の始まりはサウナから。客室にはプライベートルームサウナ「KUHAKU(クウハク)」を完備しており、まずはこちらで自分自身を“空白”の状態にします。

  • ▲“白の洞窟/MANGA CAVE WHITE”

    ▲“白の洞窟/MANGA CAVE WHITE”

  • ▲“黒の洞窟/MANGA CAVE BLACK”

    ▲“黒の洞窟/MANGA CAVE BLACK”

客室は、マンガの画を構成する白と黒をモチーフとした、真っ白の部屋(“白の洞窟/MANGA CAVE WHITE”)と、真っ黒の部屋(“黒の洞窟/MANGA CAVE BLACK”)の2部屋を用意。


寝室があるのは、洞窟内(客室)の最深部。ダブルベッドが配置され、マンガに囲まれながら一晩中作品が楽しめるつくりになっています。

▲期間限定でコラボレーションするマンガ作品の原画や複製原画、オリジナルコンテンツなどを展示。第一弾は「少年ジャンプ+」(集英社)で連載中のオカルティック青春物語『ダンダダン』(龍幸伸)。

▲期間限定でコラボレーションするマンガ作品の原画や複製原画、オリジナルコンテンツなどを展示。第一弾は「少年ジャンプ+」(集英社)で連載中のオカルティック青春物語『ダンダダン』(龍幸伸)。

各客室はマンガ作品とコラボレーションし、期間限定で特別展示を実施予定。マンガのこと以外は一切考える必要がない空間に身を置くことができそうです。


訪れるたびにさまざまな作品の世界観を楽しめそうな「MANGA ART ROOM, JIMBOCHO」。マンガの世界に没入したくなったら予約してみては?

MANGA ART ROOM, JIMBOCHO

所在地:東京都千代田区神田神保町2-5-13 BOOKHOTEL神保町12F

最寄駅:神保町

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年09月09日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。