あのエッグタルトが東京で味わえる/JOY LUCK TEA HOUSE

香港発の大人気メニューをグローバルに展開する「JOY LUCK TEA HOUSE(ジョイラックティーハウス)」の日本1号店が、原宿・表参道エリアに9月5日(月)にオープンします。


同店は、ブルース・リーなどの多くの香港スターをプロデュースしたRobert Chua氏が手掛ける香港カフェ。香港スイーツを通して、JOY=喜び、LUCK=幸運を提供したいという思いがあるのだとか。

▲「香港エッグタルト」

▲「香港エッグタルト」

香港エッグタルトの代表店「豪華餅店(Hoover Cake Shop)」の「香港エッグタルト」、1967年創業以来ずっと人気の「金記冰室(Kam Kee Cafe)」の「パイナップルパン」などのほか、同店オリジナルの「香港ミルクティー」などと合わせて、フード5種類とドリンク13種類のメニューが提供されます。


商品は店内で一つ一つ焼き上げており、「香港エッグタルト」はサクサクとしたクッキー生地の食感にふんわりとした甘さが特徴だそう。温かいうちに食べるのもオススメだとか。


また今回のオープンに合わせて、日本店舗限定となる抹茶のエッグタルトも販売されます。

香港カフェの定番「パイナップルパン」は、香港のオリジナルの味を楽しめるメニュー。そのまま食べても美味しく、香港スタイルでバターやスパムハムを挟んでいただくのもオススメ。


香港ミルクティーは、厳選された茶葉を使用した濃厚で甘さ控えめ、後味もスッキリしているそう。


現地の店舗で人気のメニューをはじめ、日本オリジナルメニューや季節限定メニューも展開予定。オープンが待ち切れないですね。

JOY LUCK TEA HOUSE

所在地:東京都渋谷区神宮前6-6-6

最寄駅:明治神宮前〈原宿〉/原宿

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年08月22日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。