商業施設初出店や新業態のお店が続々オープン/バル&キッチン ハマチカ

「CIAL(シァル)横浜」の地下3階にある「バル&キッチン ハマチカ」が、7月28日(木)にリニューアルしました。


同店は、全14店舗のバラエティに富んだ専門店が軒を連ねるフードコートです。


リニューアルに伴い新規4店舗がオープンしたほか、客席が全271席に拡充され、モバイルオーダーが導入されるなど、より多くの人がこれまで以上に快適に過ごせる空間へ生まれ変わりました。

  • ▲「磯丸水産食堂」では、居酒屋「磯丸水産」でおなじみのメニューもあり、食事処としても酒場としても気軽に利用可能 ※料理イメージ

    ▲「磯丸水産食堂」では、居酒屋「磯丸水産」でおなじみのメニューもあり、食事処としても酒場としても気軽に利用可能 ※料理イメージ

  • ▲「燒賣豚洲」の焼売は、ジューシーな肉汁と「はまぽーく」の甘み、うま味が魅力 ※料理イメージ

    ▲「燒賣豚洲」の焼売は、ジューシーな肉汁と「はまぽーく」の甘み、うま味が魅力 ※料理イメージ

商業施設初出店となる「磯丸水産食堂」では、新鮮な刺身定食や海鮮丼をはじめ、大判アジフライ定食や「うなぎの岡島」の肉厚うなぎなど、多種多様な食事メニューが提供されます。


新業態の「燒賣豚洲(シュウマイトンシュウ)」は、上質な脂が特徴的な横浜育ちの豚「はまぽーく」を使用した焼売専門店。店内で一つ一つ手包みする焼売は、粗挽きの肉肉しさが特長です。


スタンダードな「豚洲焼売」(3個495円)のほか、プリッとした海老が楽しめる「海老入り焼売」や、濃厚な蟹みそを堪能できる「上海蟹みそ入り焼売」などが味わえます。

  • ▲「ハマチカ酒場」では、鶏出汁のおでんと日本各地から厳選した日本酒を楽しめる ※料理イメージ

    ▲「ハマチカ酒場」では、鶏出汁のおでんと日本各地から厳選した日本酒を楽しめる ※料理イメージ

  • ▲「島料理 ちゃんぷら~」は、沖縄料理の代表であるチャンプルの専門店 ※料理イメージ

    ▲「島料理 ちゃんぷら~」は、沖縄料理の代表であるチャンプルの専門店 ※料理イメージ

「ハマチカ酒場」は、店内で手作りする「自家製はんぺん」(275円)や「つくね」、おでんには欠かせない「大根」や「玉子」などの具材に「もつ煮込み」や「炙り〆鯖」など、日本酒が進む料理をラインナップ。


また、「島料理 ちゃんぷら~」では、「ゴーヤチャンプル」(814円)や「島豆腐とパパイヤのチャンプル」、「フーチャンプル」と、さまざまな食材で仕上げたチャンプルが提供されます。


これらの店舗以外にも、つけめんブームの火付け役「つけめんTETSU(ツケメンテツ)」や、シンガポールの国民食“海南鶏飯(シンガポールチキンライス)”の専門店「#海南鶏飯食堂(ハイナンジーファンショクドウ)」などのほか、肉そば専門店からスパニッシュバルまで、個性豊かな店舗が並んでいます。

さらに、モバイルオーダーが導入されたことにより、店舗ブースの前に並ぶことなく、テーブルに設置されたQRコードを読み取ることで、好きな店舗の好きなメニューを注文できるようになりました。


新しくなって、より快適に食事やお酒が楽しめる「バル&キッチン ハマチカ」に、足を運んでみては。


※モバイルオーダー対象店舗:磯丸水産食堂、燒賣豚洲、ハマチカ酒場、ちゃんぷら~、#海南鶏飯食堂、右衛門、RIO GRANDE GRILL、Bar&Tapas Celona、ごっつええ本舗、TAP9、CYCLO Banh Mi

※オーダーのみ利用可能。会計は商品提供時に各店舗のレジにて対応

※テイクアウトの注文は各店舗のレジにて対応

バル&キッチン ハマチカ

所在地:神奈川県横浜市西区南幸1-1-1 JR横浜タワーB3F

最寄駅:横浜

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年08月18日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。