オリジナル海鮮ひつまぶしと新鮮な海鮮料理が目白押し/SEAFOOD PARK27

  • ▲「鯵のなめろうひつまぶし」。「なめろう」は、千葉県房総半島沿岸部に古くから伝わる郷土料理

    ▲「鯵のなめろうひつまぶし」。「なめろう」は、千葉県房総半島沿岸部に古くから伝わる郷土料理

7月16日(土)、木更津市の海のそばに海鮮ひつまぶし専門店「SEAFOOD PARK27(シーフードパーク27)」がオープンしました。“泊まれる鮨屋”というコンセプトで話題になっている宿泊施設「鳥居崎倶楽部 HOTEL&SEAFOOD」に併設するレストランです。


「鯛漬けひつまぶし」や「穴子ひつまぶし」など、数あるメニューの中でとくにオススメなのが、千葉名物「鯵のなめろうひつまぶし」。


1杯目はそのままで。お次は木更津のりで手巻きに。最後は薬味と特製のオリジナル出汁でお茶漬けのようにしていただけば、3種類もの食べ方で楽しめます。

  • ▲海鮮串各種。ネタはその日の仕入れ状況によって変わる

    ▲海鮮串各種。ネタはその日の仕入れ状況によって変わる

  • ▲晴れた日にテラス席で飲むビールも格別

    ▲晴れた日にテラス席で飲むビールも格別

海鮮をアテにお酒も飲みたい!という方には、木更津の魚市場で買い付けた新鮮な魚介類を串に刺し、表面を強火で炙った海鮮串がオススメ。ホタルイカやホタテ、青柳、平貝、つぶ貝など日替わりで楽しめます。


中でも、一本買のマグロを使った特製の「ねぎま」は「SEAFOOD PARK27」の名物。ぜひテラス席で海鮮串を片手にビールやワインを堪能してください。

▲「レア地アジフライ」

▲「レア地アジフライ」

ほかにも、外はサックリ中はしっとりと仕上げた料理人の技が光る「レア地アジフライ」など、海鮮好きにはたまらない一品料理が多数ラインナップ。


海鮮ひつまぶしのみならず、新鮮な魚介類を使った料理が味わえる「SEAFOOD PARK27」。家族のおでかけやデートなどにもってこいのレストランです。

SEAFOOD PARK 27 KISARAZU BAY DINING
  • 所在地

    千葉県木更津市富士見3-5-11 鳥居崎倶楽部

  • 最寄駅

    木更津

本記事内のおでかけ情報に関して

※本記事内の情報は2022年07月25日時点のものです。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。